中古住宅のアイデア(2ぺージ)

人が過去に居住したことがあるか、新築して一定の期間を過ぎた住宅のこと。長期固定金利型住宅ローンの「フラット35」では、入居の有無に関係なく、新築してから2年超が経過した住宅は、すべて中古住宅とみなされる。

  1. 絶対おススメ!中古住宅購入し理想の住まいにリフォームするマイホーム取得術

    中古一戸建て住宅の購入を予定されている方は、元の建物が必ずしも自分のライフスタイルに合っているわけではないので、少なからずリフォームを検討すると思います。しかし、土地、住宅を購入したうえでリフォームをするとなると予算の問題もありますし、なかなか全て自分の要望通りにリフォームすることは難しいものです。優先順位が必要になってくると思います。そこでリフォームするにあたって考えるべきポイントをいくつかご紹介します。

    リフォームワーク
    • 839
    • 2
  2. 開かれたシェアハウスのような3世代住宅へのリノベーション(丸ごと耐震改修)・M-HOUSE komae

    1棟丸ごとの耐震補強と共に、分離型の2世帯からシェア型の2世帯+α(3世代)への間取り改修。1棟の家を家族構成の変化に対応できるよう様々な使い方を想定して、1住宅を超えた多機能なハコとなるよう改修を行ったものである。“世帯” を超える、多 “世代” 住宅を目指した。 阪神淡路大震災を経験されたお施主様の不安を解消するための耐震改修。また、両親への介護がしやすく、子世代の友人達とも同居できるオープンで風通しが良い間取り。更には地域に開いてのケアハウス、演劇、ギャラリーなどが開催でき、老若男女が集まり、世代間交流もできる。個人宅でありながら、開かれた ギャラリー + シェアハウス のような様々な使い方ができるよう計画された。 建物としては、吹き抜けの無かったところに吹き抜け・階段・ハシゴ開口をつくり、吹き抜けを中心として皆で空間を共有する。風と人の抜け道となる開口が様々設けられ、風通しの良い、多用なアクセスが可能な動線計画となっている。個室は間仕切りをできるだけフレキシブルに考えてコンパクトにし、多様な用途を見込める共用部を豊かにしている。 ■ BEFORE: 階段が建物の片側に位置し、玄関を共有する上下階で2世帯が分かれた間取り。LDK・トイレ・洗面・浴室もそれぞれの階にある。一般的な住宅がそうであるように、空間は居室ごとに分節されている。 ■ AFTER: より密な介護のため、また、更に次の世代との楽しい同居のため、建物の中心にリビングダイニングと階段を配置し、吹き抜けで上下階が繋がり空間を共有しつつ、メインのLDK・浴室などの機能も敢えて共有する、シェアハウスとしての間取り改修を行った。また、トイレ・洗面・浴室についてもバリアフリーに対応できるよう間取りと設備の改修をおこなっている。 大幅な間取り改修により、1階には柱が所々残り、上階を合理的に支えるために追加した隅柱もある。空間の広さと自由度を上げつつ、構造に無理が来ないように、柱は極力残した。残る柱も逆に空間に面白さを与えると感じている。リノベーションの醍醐味は、古い建物の形跡が図らずも残ってしまうことではないかと、密かに思っている。意図する部分もありつつ、意図しない効果もある。記憶のよりどころとなる何かが残っているということが、意図しない面白さを醸し出してくれる。

    大坪和朗建築設計事務所
    • 2434
    • 12
  3. 中古住宅探しで営業マンや売り主に聞いておかないと後悔する15のリスト

    理想の中古住宅を見つけるには、実は、ヒアリングや質問する力が大切になります。家探しを成功させるには、まずは良い営業担当者と出会うことが重要ですが、良い担当者を見抜くことはヒアリングや質問をすることによって可能になります。また、理想の物件かどうかは、売り主やマンションであれば管理人などに話を聞いて判断する必要があります。ここでは、良い営業担当者を見きわめ、理想の中古住宅を見つけるためのヒアリングと質問のポイントについてお話しします。

    住まいの大学
    • 1370
    • 10
  4. シニアリフォーム!60代からの家づくり

    もうすぐ60代に入るご夫婦。街のはずれに平屋の中古住宅を購入されました。お子さんたちがみな自立しご夫婦二人で暮らすのにちょうどいい家を探していたそうです。築浅物件のため大きい工事は希望しておらず最初は畳を変える程度でしたが相談した結果、メインの部屋の内装を全体的に新しくしスッキリとした家で新築のような気分で過ごせるようにしました。

    鞍城建設
    • 2281
    • 17
  5. 中古住宅購入時のリフォームにローンを利用する時のポイントや注意点は?

    リフォームにローンを利用する時の手順や条件は、どんな場合でも同じと思っていませんか?実は、新築と中古住宅では、ローンの利用においても共通点と異なる点があります。中古住宅の購入を検討中の方はあらかじめ押さえておきましょう。ここでは、中古住宅の購入時にリフォームを行い、ローンを利用する場合のポイントと注意点についてまとめました。

    LIMIA 住まい部
    • 2897
    • 15
  6. 知っておこう!新築と中古リフォームにおける税金の違い

    新築を建てる際や中古住宅を購入しリフォームする際には、それぞれ税金がかかります。家の本体やリフォーム費用にばかり目をとられ、少なくない税金の金額に目を丸くするということもあるでしょう。今回はそんな新築や中古リフォームにおける税金の金額や違いについてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 6362
    • 8
  7. 中古リフォームと新築の違いを徹底比較!迷ったらココをチェック

    住まいの購入は、人生において最も大きな買い物です。それ故、中古物件を購入してリフォームするのか、それとも新築物件を購入するのか迷ってしまうという方は多いでしょう。ここでは、中古リフォームと新築の違いをまとめてみました。さまざまなカテゴリごとに違いを知ることで、おのずと自分に合った住まいの形が見えてきます。迷った際に注目すべきポイントもチェックしていきましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 1189
    • 7
  8. 今話題のスケルトンリフォームとは?リフォーム方法や特徴、プランニングのポイントをご紹介

    築年数の経過とともに、考え始めるリフォームのこと。まだまだ住むことはできるけれど、快適さや機能性を考えてリフォームを決意するという方も多いのではないでしょうか。そんな中、今注目を集めているリフォーム法が「スケルトンリフォーム」です。ここでは、新築同様の住まいを手に入れられると評判のスケルトンリフォームに焦点を当て、その特徴や種類、注意点をご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 1653
    • 4
  9. 築40年の古い和室をペイントだけでイメージチェンジ!

    中古住宅を購入してリノベーションをする時に和室をどうするかで悩まされる事が多いかと思います。壁をクロスで仕上げて、床をフローリングに変えて、襖をクローゼットにしてという和室から洋間にチェンジするという選択をされる方が多いかと思いますが この選択はコストもかかりせっかくの良い古さ(ヴィンテージ感)を無くしてしまう事が多いので今回はコストがかからずヴィンテージ感も生かせるペイントでの簡単イメージチェンジのご提案です。

    Archi-Make
    • 4966
    • 21
  10. リノベーションのメリット・デメリットをあらかじめ知っておこう!

    今回は、住宅をリノベーションするメリットとデメリットについてご紹介します。リノベーション住宅を検討する動機は、新築住宅や建て替えなどと比較したときに、何らかのメリット(利点)を期待してのケースが大半かと思われます。「古くなった住宅をリノベーションしたい」「中古住宅の購入を機に、リノベーションしてから居住したい」とお考えの方も多くいることでしょう。メリット・デメリットをしっかり押さえて、満足いくリノベーションを行いませんか?

    LIMIA 住まい部
    • 6297
    • 9
  11. 中古住宅をリノベーションする際の注意点。メリット・デメリットを知っておこう!

    今回は、中古住宅のリノベーションに関する情報をまとめました。中古住宅を購入後、あるいは購入と同時にリノベーションを行って、新築同様の住まいをリーズナブルに手に入れるという選択肢が一般化しつつあります。しかし、中古住宅のリノベーションにおける詳しいメリットやデメリットについては、まだまだ広く知られていないのが実情です。中古住宅をリノベーションするメリット・デメリットについて詳しくご紹介していくので、ぜひ参考にしてください!

    LIMIA 住まい部
    • 1302
    • 7

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    59件中 21 - 40 件を表示