中古マンション

中古マンションに関するアイデアをまとめ! 東京の中古マンションの相場や選び方、中古マンションにかしこく住む方法やDIYで快適にできるハウツーなど、さまざまな情報を紹介しています。中古マンションについてたくさんの情報が欲しいという方は必見のページです!

  1. 【バルコニーDIY】並べて敷くだけ!おしゃれに見違えて便利に♡

    きれいにリノベーションをして生活をしていると気になってくるのが年季の入ったバルコニー。でも大規模修繕のことを考えると、なかなかリノベーションに踏み出せない……という方が多いのではないでしょうか。今回は大規模修繕のときに手厚いサポートが受けられて、解体や再施工が簡単なタイルをご紹介します!

    クレガーレ
    • 46059
    • 275
  2. LDKを広くできる壁付けキッチン!アイデア満載4事例とリアルな利点

    ご訪問ありがとうございます。ゼロリノベ編集部です。 リノベーション時に重要視されるスペースといえばLDK。なかでもキッチンは設計段階で施主の希望に基づき工夫が凝らされる場所です。 空間効率を左右するキッチンは、壁付けと対面式のアイランドがあります。 ここでは昔から多く採用されてきた壁付けキッチンのメリットを探るとともに、こだわりリノベーションで採用された事例を紹介します。

    ゼロリノベ
    • 64550
    • 361
  3. リノベーションは可能性の宝庫!ビフォーアフター10選

    リノベーション経験者が、計画の初期段階で理想のプランを思い描くためにしていることは何でしょう? それはサイトや雑誌、オープンハウスなどを通じて具体的な事例を見ることです。そうはいっても一つのサイトの中に膨大な数の事例が掲載されていることも多く、見ているうちに混乱してしまうなんてことも。 私ならこうしたい、これは好きじゃないかも…など、イメージを膨らませるためのきっかけづくりになる10事例のリノベーションビフォーアフターをご紹介します。

    ゼロリノベ
    • 30863
    • 291
  4. テレワーク用の部屋を作る4つの方法!生産性30%の差がつく室内環境も公開

    テレワークは自由でいいと感じる半面、このような悩みを抱えてはいませんか? ・自宅は誘惑が多くて集中できない… ・家族に仕事の邪魔をされる… ・長時間仕事をする部屋(スペース)がない… ・プライベート空間に仕事を持ち込みたくない… ・モチベーションが下がって仕事効率も低下している…

    ゼロリノベ
    • 215
    • 2
  5. 中古物件に暮らす仲介のプロ秘伝の中古マンション注意点209個

    中古マンションの注意点、何に気をつければいいのかわからず立ち止まっていませんか。 私も中古マンションを購入するとき「何をチェックすればいいんだ」と不安の中1つ1つ確認していきました。 今では、その経験を活かして不動産仲介兼、リノベーションの会社を設立し、年間1000人以上のお客様に中古マンションの注意点や考え方をお伝えする立場までになりました。 実は今回、自身の購入経験と今までの仲介経験から生まれた209の注意点をまとめた2つのチェックシートと、全体像をさっと確認することができる記事を公開することにしました。 これらを見れば、中古マンション購入の後悔を予防し、着実に購入ステップを進むことができると確信しています。

    ゼロリノベ
    • 192
    • 2
  6. 1000物件以上見た投資家が伝える中古マンションの本当の探し方

    自分なりに中古マンションを探しているのに、いい物件が見つけられず悩んでいませんか? 中古マンション購入の最初のステップであり、最大の難関でもある物件探し。 実際に自分が物件を探していたときも、何から手をつけていけばいいのかわからない割に、気になった物件が数時間後に売れてしまっていて決断できなかったことを後悔したこともあります。

    ゼロリノベ
    • 168
    • 3
  7. 中古マンションで後悔した4つの残念ポイントと購入前の確認ポイント

    念願のマンション購入。理想の楽しい生活が待っていたはずなのに、購入したことを後悔している人は少なくありません。その理由はさまざまですが、なかでも多いのが「住宅ローン」「立地」「耐久性と耐震性」「隣人トラブル」です。でも、これらの理由って事前にどうにかならないのでしょうか。

    ゼロリノベ
    • 259
    • 3
  8. 限られた住空間を最大限に活用。収納スペースを確保するアイデア選

    マンションは住空間の面積が決まっているため、ゆったり広々と暮らしたいと思うと、収納スペースが少なくなりがち。でも、それでは持ち物がすっきり片づかず、家の中がゴチャゴチャとしてしまうかもしれません。物を必要以上に持ちすぎないようにして、きちんと整理整頓するのはもちろん大事ですが、少しの発想の転換で、便利に収納スペースを確保することも。そういう実例をご紹介しましょう。

    ゼロリノベ
    • 190
    • 1
  9. 子育てファミリーにおすすめ。子どもが遊べる、楽しめる工夫のある住まい

    住まいを購入する時期やタイミングは、みんな違います。でも、結婚や子どもが生まれた、あるいは子どもが大きくなってきたからという理由が、やはり多いのではないでしょうか。子どもたちがのびのび、心身ともに健やかに成長できるようにと考えると、自分の家を持つことが現実味を帯びてくるのは当然かもしれません。 マンションを購入する際に気になるのが資金面。そうなると、中古マンションを買って、家族のライフスタイルに合わせて好きなようにフルリノベーションをするというは、小さな子どもを持つ家族には、賢いチョイスといえるかも。 そこで中古マンションをリノベした中で、子どもたちが毎日楽しく過ごせるアイデアを施した住まいの実例をご紹介しましょう。

    ゼロリノベ
    • 386
    • 1
  10. ゆったり広いLDKを中心に、家族が過ごすためのマイホーム

    広々としたリビングダイニングには、天井から吊るされたハンモックが揺れている。大きく開いた窓からは明るい日差しが入り込み、ゆったりした時間の流れる空間が広がる。 Dさん家族が東急田園都市線「駒沢大学」駅近くのこの住まいに引っ越したのは、2019年のこと。1999年築の中古マンションをフルリノベーションして、家族のマイホームを実現した。

    ゼロリノベ
    • 174
    • 0
  11. ロフトを活用してゆったり暮らす。猫たちも満足の住まい

    都心なのに昔からの街並みが残る、新宿区早稲田界隈。Tさんご家族が、この街に移り住んだのは、2019年の夏のこと。築年数32年の中古マンションをフルリノベーションして、思い描いた住まいを手に入れた。 もともと新宿区に住んでいたTさんは、かねてから自分の住まいを持ちたいと思っていたそうだ。 さらに「猫を飼っているので、例えば壁を猫の爪で傷つけられないようにしたいし、自分たちの自由にしたい部分が多かったですね。そういう個別事情に合わせるためには、フルリノベーションした方がいいなと思っていました」と奥様。 そして、まずは子どもが今通っている保育園のことを考え、さらには今後通う小学校の学区は変えたいなどの希望があり、新宿区内の今まで住んでいたところと少し離れた場所がいいと思ったそう。しかし新宿区内では、新築マンションは高額で、居住空間も狭い場合が多くなってしまう。諸事情を考えて、間取りやその他の工夫ができる中古マンションのリノベーションがいいと判断したとのこと。 そこで、リノベ前提で中古マンションを探して、現在の早稲田に決定した。

    ゼロリノベ
    • 199
    • 2
  12. リノベーションの流れが一目瞭然!4ステップでやるべきことを徹底解説

    リノベーションでお洒落になるのはわかるけど、リノベ会社への依頼方法・依頼タイミング・やるべきこと…何だかよく分からずにモヤモヤしていませんか? 実は、この記事を5分ほど読んでいただくだけで、リノベーションの手順が明確になります。なぜなら、リノベーション会社として何千人と関わってきた経験から、物件探しから設計・工事までのステップをまとめて解説しているからです。 ここでは、4つのステップとともに、あなたがやるべきことも明確にしています。読み終えたあと、今後リノベーションの流れで迷うことはありません。そして、まず最初に何をすべきかがわかるようになります。

    ゼロリノベ
    • 189
    • 1
  13. 広々とした土間玄関を眺めてなごむ、大人の空間

    Bさん夫婦は2018年、国立市の現在の住まいを購入してフルリノベーションを行った。物件は、1995年建設の築23年の中古マンション。2人暮らしには、比較的ゆったりした広さのある住まいだ。 当初、家を購入することにあまり積極的でなかったご主人は「賃貸マンションでもいいかなと。あまり持ち家について考えていませんでした」と語る。 しかし、真剣に住まいを購入しようと考え始めたきっかけは、ご主人の年齢だった。「自分の年齢では、そろそろローンが組めないかもしれないと心配になりました」。 そんな頃、リノベーションを専門に行う会社に頼んで、中古マンションをフルリノベした知人から話を聞き、それもいいかもしれないと興味がわいた。これが、いい機会になったそうだ。 住まいを探すにあたっては、まず防犯上一戸建ではなくマンション。2階以上の住戸が希望だったとのこと。 「家を買おうか、マンション買おうかと考え出す前から、リノベーションで内装をすべて変えた人の話は聞いていました。少し潔癖性なので、中古マンションでは前に人が住んでいたのがなんとなく気になる。でも、フルリノベーションをすれば全部が変わる、新しい住まいになるので、それならいいと思いました。すべて変えてしまえば新築と変わらないですから」。 そうして、気になる中古マンション探しがスタートしたが、やはり気になったのはお金のこと。そこでリノベーション専門会社のファイナンシャルプランナーと相談。いろいろとアドバイスをもらって、なんとか安心できたという。

    ゼロリノベ
    • 356
    • 0
  14. 日々の生活に快適な動線を探る。暮らしやすいのはどんなレイアウトなのか

    日々の暮らしでは、ドアを開けて閉めてという行動が頻繁になると、ちょっと面倒に思えるときがあります。もちろん家族であってもプライバシーを守りたいという思いはあるでしょうが、あまりしっかり個室をつくってしまうと、閉塞感を感じる場合もあるかもしれません。実際に使って、暮らしやすいのはどんなレイアウトなのでしょうか。生活の中で、快適な動線から考えてみるのもいいかもしれません。 たとえば、あえて仕切りを設けず、開放的なレイアウトにすると、生活の動線はストレスが軽減される場合もあるかも。今までのような、自室を持つというイメージとは違う、リノベだからこそ実現できた、新しいコンセプトの間取り、レイアウトをご紹介しましょう。

    ゼロリノベ
    • 743
    • 6
  15. 以前より外出が減った、居心地の良い落ち着けるマイホーム

    茨城県古河市は関東地方のほぼ中心に位置し、県西部最大の都市。自然と都市の機能がバランスよくマッチした暮らしやすい土地だ。 そんな古河市にある築20数年の中古マンションをフルリノベーションして、Kさんがマイホームを構えたのは、2017年のこと。結婚後、そろそろ自分の家がほしいと思っていたご主人と、今後の人生を考えて愛着の持てる家がほしいと思った奥様のタイミングが一致。住まい探しをすることになった。

    ゼロリノベ
    • 1165
    • 2
  16. 子どもがぐるぐると回って楽しむ、家の中がゆるく繋がるスペース

    夫婦と子ども1人の3人で暮らすAさん。2018年に築24年のマンションをフルリノベーションして、新しい住まいを手に入れた。 ご主人は賃貸マンションでも構わないと思っていたというが、奥様は友人が同じ川口で中古マンションをフルリノベーションしたのを耳にし、新築マンションではなく、リノベを自分で行う中古マンションという選択肢に興味を持ったとのこと。 ただ、奥様の思いに反して、ご主人にはローンなど金銭面に危惧があったという。 しかし、リノベーションセミナーで聞いた説明やリノベーション会社のホームページを見たことから考えが変わり、結果的に現在の住まいに落ち着いた。

    ゼロリノベ
    • 396
    • 2

あなたにおすすめ

デイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    258件中 1 - 20 件を表示