地震対策

「地震対策」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「地震対策」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【連載】大きな地震に備えよう!【防災グッズ編】

    2018.6月、大阪北部で大きな地震がありました。 大阪に生まれ住んで40ウン年 私自身初めての大きな地震体験でしたので とてもとても怖い思いをしました。 恥ずかしながら"防災セット"を 用意(購入)していなかったので 急遽家にある物で "即席防災セット"を準備しました。 市販の防災セットの様に 完璧ではないけれど あると助かるかも!と思った物を 厳選して詰め込んでみました。 どのライフラインに支障がでるかによって 欲しい物も違ってくると思いますが 家を出て避難する事も視野に入れての 準備になります。 それでは詳細を‥‥ ↓

    我が家
    • 77914
    • 875
  2. 100均で揃えられる防災グッズ(Part.2)

    平成は本当に自然災害が多かったですよね。 自然災害はいつ起こるか分からない。 だからこそ自宅に防災グッズを備えておくだけでも 気持ちの安心感は違ってくると思っています。 災害時、家族や自分を守るために 生活していくために 私は防災グッズを揃えることに決めました。 実際に揃えるにあたって感じたことは 「防災グッズって全部揃えると高いな」ということです。 でも安心してください。 100均にもたくさん防災グッズはあります!

    mhh1129
    • 27395
    • 379
  3. 【連載】大きな地震に備えよう!【キッチン収納編】

    2018.6月に大阪北部で 大きな地震がありました。 幸い我が家は大きな被害もなく 大変助かりましたが 今回の地震を受けて 防災に対する意識が高まりました。 そんな大きな地震を体験したので 前回は 【防災グッズ編】について書きましたが 今回は 【キッチンの収納】について 見直した事を書いてみたいと思います。 それでは詳細を‥‥ ↓

    我が家
    • 95044
    • 517
  4. 住宅が地盤沈下で傾くその前に!事前診断と地盤改良工事で対策を

    いつ来るかわからない恐ろしい災害。家族や自分の身を守るために、台風をはじめ地震などの災害に備えている方は多いでしょう。災害への備えももちろん重要ですが、住宅に被害を及ぼす「地盤沈下」への備えはお済みですか。今回は、地盤沈下による住宅への影響や事前にできる診断方法、改良工事などについてご紹介します。

    レフトハウジング(家の傾き修正工事専門施工)
    • 773
    • 3
  5. 都内でも危険!浸⽔しやすい家と被害を抑えるためのポイント

    首都圏や都心では、水を吸収・浸透させないアスファルトやコンクリートが地表を覆っていることも影響し、その排水処理能力を越えることによる「都市型水害」も年々増加傾向しています。(行政によっては、浸透性の高いアスファルトを舗装しているところも増えているようです。) 今回は、ホームインスペクター(住宅診断士)が、床上浸水・床下浸水のリスクと対策について解説します。

    さくら事務所
    • 778
    • 3
  6. 【地震対策】ガラス引き戸を洋風に変える方法

    いつもアイデアにイイね💡 ありがとうございます♡ 世界各地で発生している地震。 日本は地震の多い国という認識は 私たち日本人だけではなく 世界共通の認識になっています。 日本は地震の多い国であることは まちがいありません❣️ ならば、危険なガラス類を 安全な素材に替える。 今回は、日本家屋特有のガラス引き戸を 安全な素材に替える方法を ご紹介させていただきます(^ ^)

    akiey
    • 10569
    • 55
  7. 地震を体験して…インテリアを諦めずに、地震へ備える!

    2018年6月18日に起きた大阪北部地震。私が住んでいる地域では、震度5強の揺れが観測されました。 幸い家族の誰にも怪我がなく、家の中も物は落ちましたが、壊れた物はありませんでした。 しばらくの間、余震に怯える日々を送る中で、私の趣味である雑貨を飾ることが、地震の時には家族が怪我をする原因になりかねないと思い、今一度見直してみる機会となりました。 私なりにやってみた、落下防止対策をまとめてみました。

    mirinamu
    • 17560
    • 78
  8. 【キッチン収納】地震対策として新たな食器棚にリニューアル

    皆さん、こんにちは! 2018年6月18日の午前7時58分に大阪北部地震が発生しました。 被害に遭われた方お見舞い申し上げます。 私の実家は被害は少なかったですが、一番何が怖かったかというと…「家具の倒壊」 阪神淡路大震災も経験していますが… 食器棚は倒れてはない反面、地震の影響で扉が開いてしまい、収納された食器は数十個落ちました。 二の舞にならないように、今回家族で会議をした結果老朽化もしている食器棚なのでリニューアル(買い換える)を決意! どんだけ便利になったか、対策はなされたのか検証していきます。

    maaco
    • 25661
    • 54
  9. 地震に備えたインテリア作り

    昨年12月に、今後北海道沖で大地震の可能性があると公表されました。 地震で怪我をするのはほとんどが家具の転倒です。 そんなことからインテリアと地震は切っても切り離せない関係。 しかし、地震対策をしながらでもインテリアを楽しみたいものです。 では、お部屋作りにはどんなことを気をつければ良いのか。 我が家を例にしてお伝えします。

    きゅう
    • 65473
    • 111
  10. ダイソーなどで 南海トラフ地震に備える"(⁎⁍̴̆n⁍̴̆⁎)"

    必ず来るとゆう 大きな地震に備えて、 今できること。 今やること。 わかっていても つい 平和な日常、 忙しい毎日の中で、 こわいね、こわいねと 言いながらも 防災グッズを 買う!とゆうところまで やりませんでした。 先日 神戸の祖母が亡くなりました。 阪神淡路大震災で被災して 同居した経験を 色々思い出しました。 今日、 震災がきても 家族とバラバラで 集合場所も決めていない。 何の蓄えもない。 助けてと叫んでも 誰もがみな被災者で ごめんなさいと断られる。 お金なんて 紙切れでしかなくなる。 自分の家族は 自分で守るしかない。 大きなことは出来ないけど、 例えば 救援物資が届くまでの 食品、水、絆創膏、消毒液、 寒さ暑さ対策など。 今買っておけばいいだけだから 想像して買ってみた。 これじゃきっと足りないし 1つ1つが高い。 100円で だいたいの物が 売っていました。 水は特売の日に 6本378円だったと思います。 6人家族だから 夏場は 1日だな… 写真は撮っていませんが トイレットペーパーなども 買い足しました。 これからも 家族と話をして 買い足したり、 賞味期限の管理を しっかりやっていきます。 何をどれだけ備えるか。 自分で想像して、 家族と話して、 また今度と言わず 買いに行ってください! 思い立ったが吉日です。

    なる
    • 4142
    • 40

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    27件中 1 - 20 件を表示