サボテン

サボテンに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすくサボテンについてご紹介しています。

  1. お気に入りの観葉植物を長持ちさせたい!育て方のポイント&インテリアコーデ

    お部屋にグリーンの癒しとナチュラル感をプラスしてくれる観葉植物をいつまでも楽しみたいのであれば、その育て方に気を付けなければなりません。今回は、観葉植物を育てる上で注意したい”水やり”、”日光浴”、”温度と風通し”などのポイントをご説明しつつ、観葉植物を取り入れたステキなインテリアコーデをいくつかご紹介していきます。

    folk
    • 2004
    • 24
  2. 愛嬌たっぷりなシルエットが魅力的♪ユニークな多肉植物をインテリアに取り入れよう!

    丸っこくてコロコロとした姿や、時に大きく奇妙な姿を見せる多肉植物は、その愛嬌たっぷりな魅力と育てやすさから根強い人気を誇ります。今回は、そんな多肉植物についていくつかご説明しつつ、多肉植物をおしゃれに取り入れたインテリア例もご紹介していきます。

    folk
    • 1872
    • 22
  3. 見ていると癒やされるサボテンアイテム☆おしゃれなディスプレイ法をご紹介します♪

    ボタニカルインテリアは植物を飾って癒しの空間を実現できる注目のインテリアです。中でもサボテンは、見ているとそのぽってりとした愛嬌のある肉厚の葉や形のバリエーションに心癒されることから大人気なんです♪そこで、今回は本物のサボテンから、サボテン型の雑貨まで、おしゃれにディスプレイするためのアイディアをご紹介します♪

    folk
    • 3820
    • 5
  4. 100均でハロウィン仕様のイルミネーションつきプランターカバー

    ダイソーのハロウィン商品の、形状記憶?みたいなワイヤーだけを抜き取り、セリアのループヤーンを巻き付けて、蜘蛛の巣をイメージしました。それだけじゃ淋しい! そこで、セリアのフェルトガーランドの紐を除けてばらし、ジュエリーライトのワイヤーに挟んでバランス良く巻き付けたものをバランス良くとりてけて、夏のサボテンちゃんもハロウィン仕様に!夜はライトアップして幻想的に!

    マロン
    • 3772
    • 18
  5. ダイソー150円のクッションカバーで!オブジェにもなる2wayクッションをdiy

    ダイソーで今人気沸騰のニューアイテムの中から、サボテンのクッションカバーをチョイス。なぜクッションカバーなのかというと、柄が一番大きい!んです。100円のランチョンマットはサボテン柄は小さくてボツ。フラミンゴや先日2wayバッグを作ったパイナップル柄にはクッションがあるんですよ。なのにサボテンはないことないけど…好みじゃないので(笑)作ることに!それで立体にするだけじゃ面白くないでしょ。同じくダイソーの植木鉢に、ミックスカラーのウッドビーズをボンドでつけて、オブジェになるようにしてみました。植木鉢に入れたら、下に置いても飾れるし、鉢から取り出して、普通にクッションとして使うのもよし!ではゆっくりご覧ください✨

    マロン
    • 7645
    • 33

47件中 1 - 20 件を表示