温室

室内の温度を上げることで、ビニールハウスで農作物を栽培するハウス栽培や、植物園でも利用される温室。本格的な促成栽培や、趣味の一環としての観賞用植物栽培にも活用できます。ここでは、季節に左右されずに栽培、観賞、グリーンインテリアを堪能できる温室の魅力をご紹介します。

  1. 緑と暮らす、温室のある家「serra」

    計画地は山形県の地方都市中心部に程近い住宅地の一角。敷地の既存樹木や祠を活かすように設計が始まりました。 雪の多い地域のため隣地からの落雪スペースを確保しつつ、プライバシーを保てるようにガレージとテラスを挿入。角地の道路からの視線も考慮しました。車の乗り入れはアプローチの雪かき作業に対して煩わしさが少ない東側からとしています。 玄関からLDKへは天井高のある細長い廊下を通りアプローチします。このアプローチはLDKに対して明暗のコントラストをつけ、空間にメリハリを与えています。テラスとの連続性があるリビングやダイニングキッチンからは既存の樹木やサンルームの緑が感じられるように計画しています。 平屋の土間には蓄熱暖房を採用し、冬の寒い時期に全館床暖房で快適に生活できるように工夫しました。 全体としてアンティーク感や素材感を重視し、新築ながらどこか懐かしさを覚えるテイストとしています。

    建築工房DADA
    • 1532
    • 7
  2. orchid-house 地震や火災に強いRC壁式構造の住宅

    熱帯性のランの飼育が趣味のご主人の崖の上に建つ家 震災でダメージをうけたご自宅の建替え。 敷地で一番日当りがいいところに植物の温室を配置し、その奥に打放しの家を建てました。 地震にも火事にも強い家を希望され、RC壁式構造を採用。 打放しの2階建てに杉板の打放しで囲った平屋のリビングルーム部分が入り込む構成です。 北側に配置されたダイニングにはハイサイドライトから南側の日光をふんだんに取り入れ、そのまま西側へと景色が広がるため、明るく開放感のある空間をつくることが出来ました。 壁式鉄筋コンクリート造2階建 設計:村上建築設計室 構造:ビー・ファーム 施工:石間工務店

    村上建築設計室
    • 1299
    • 7

おすすめ

話題のキーワード