風邪

「風邪」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「風邪」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【収納】ウィルスの季節に!子供の嘔吐対策グッズ収納のアイデア

    これからの季節、子供が集団生活しているとウィルスや感染症が気になりますよね。看病で特に大変なのが『嘔吐の処理』だと思うのは私だけでしょうか…💦二次感染を避ける為にも夜中でも早急に対応しなければなりません。そんな緊急事態のときに役立つ収納ご紹介します。

    mee
    • 32479
    • 272
  2. 寝冷え対策!”お布団ズレ落ちクリップ”で子どもも朝までしっかり布団!

    すっかり夜は寒くなってきたこの季節。 その割に、子どもたちは夜中お布団を蹴飛ばし、蹴落とし、朝気づけば布団を全くかぶっていない状態に。朝起きたら咳をしだしていることも…。 そんな”お布団ズレ落ち”問題の救世主アイテムを紹介します!

    キッズオーガナイザー 中村佳子
    • 16088
    • 167
  3. 小さな子供やペットにも!お薬を飲みやすくするキャンドゥの地味目なアイテム

    錠剤のお薬を飲みやすくするアイテムがキャンドゥにあるのを発見!! 他の商品の影に隠れて地味目な存在なのですが、使ってみるととっても便利♪ ご家庭に常備してあると、きっと役に立ってくれるお品です。 子どもだけでなく我が家では愛猫のピンチ時にもとっても助かりました! これから体調の崩しやすい季節のご参考になれば幸いです。

    整理収納アドバイザ―*川根礼子
    • 6974
    • 137
  4. これでもう無敵!ALL100均の完全風邪対策アイテムをご紹介♪

    冷え込みも厳しくなり、空気の乾燥に悩まされるこの時期は、風邪も蔓延しやすくなりますね。だからこそ、体調が悪くなる前から徹底した予防が必須です! 今回は〔Can★Do(キャンドゥ)〕で見つけたバリエーション豊かな風邪対策アイテムをご紹介していきますよ。 これで冬も風邪知らずです♪

    LIMIA お買い物部
    • 62058
    • 236
  5. 冬場の必需品!かわいくて使い勝手のいい加湿器10選!

    冬場などの空気が乾燥している季節は加湿器が欠かせません。乾燥した環境では風邪をひいてしまったり、肌荒れ、ドライアイなどを併発してしまうこともあります。最近では加湿器もさまざまなサイズ、デザインが販売されているので、部屋に置いてインテリアとしてかわいくおしゃれな空間を演出することもできます。今回はたくさんある加湿器の中でもかわいいデザインの物をピックアップしてご紹介しますので参考にしてみて下さい。

    LIMIA インテリア部
    • 13682
    • 140
  6. インテリアにも溶け込むハイブリッド式アロマ加湿器「L's Humidifier エルズヒュミディファイアー」

    自社開発の商品をはじめ、海外の便利でユニークな商品を輸入販売するエレスが、風邪・インフルエンザの流行に対する予防策として、インテリアにも溶け込むハイブリッド式アロマ加湿器「L's Humidifier エルズヒュミディファイアー」を10月より発売開始しました。

    LIMIA ニュース部
    • 6403
    • 119
  7. 住環境で病気を予防!

    早くもインフルエンザが流行しているようですが、毎年恒例なのも困りものでなんとかならないものかと思います。 いつになったら予防できるようになるのでしょうか? インフルエンザに限らず、風邪などの病気も、病気=薬ではなく、いかに予防するかに力点を置くべきだと考えたりします。 今回は、病気予防をテーマにみていきます!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 789
    • 7
  8. スチーム式で乾燥、インフルエンザ、寒さをフォロー! 受験勉強部屋に必須の加湿器『Z210』が今冬も登場しました!

    プラマイゼロが発売する、受験をひかえた子供の健康管理に最適なスチーム式を採用した、シンプルかつおしゃれなデザインの加湿器『Z210』。同商品は昨年少量発売し、あまりの人気に品切れになってしまったため、今季再度在庫を潤沢にした上で発売されます。

    LIMIA ニュース部
    • 3029
    • 21
  9. 風邪をひかない環境づくり!

    急に冷え込んできましたが、皆さま体調はいかがでしょうか。 早くも真冬なみの寒さになりつつあり、今日はコートに身を包む方も多く見られました。 これからの時期、多くの方を悩ませるものが、空気の乾燥ではないでしょうか。 空気が乾燥すると風邪を引きやすくなると言われるますが、朝目覚めると、喉が痛くなるという経験をされたことがあるかと思います。 また乾燥は、お肌にも悪いですよね。私もすぐ足(膝下)がカサカサになり痒くなります。 かいてはダメだと分かってはいるものの思わずかいてしまい、余計痛い思いをすることもしばしばです。 皆さまは乾燥対策は何をしていらっしゃいますか。 お風呂の戸を開け放しにするとか、濡れたタオルを干しておくなどの生活の知恵もありますが、多くの方は加湿器を使っておられるのではないでしょうか。 しかしこの加湿器、少しばかり面倒ですよね。 頻繁に水を補給する必要があることもそうですが、あのピンク色のヌメリをとるのが何とも嫌です。 このような不衛生な状態で加湿すると逆に菌をばらまいているような気もしてしまいます。 また加湿器の場合どうしても特定の箇所に集中してしまうので、結露やかびが発生してしまう場合があります。十分に気をつけて下さい。 それでも乾燥を防ぐには加湿器は有効な手段ですので、これに頼らざるを得ないのですが、なぜこれほど室内が乾燥するのでしょうか。 それは家づくりにも問題があるのだと思います。 呼吸しない工業製品に覆われた現代の住宅こそが、乾燥を悪化させたのではないでしょうか。 人が寄り添うと湿度があがります。 これは人が呼吸しているからです。 自然素材の無垢の木や漆喰なども呼吸します。 呼吸しながら生きているのです。 これが調湿作用です。 自然と共生すれば、自然の力で住まう人を守ってくれます。また同時に家も守ってくれ家も長生きしてくれます。 自然との共生、考えてみませんか!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 1930
    • 4