外壁工事

「外壁工事」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「外壁工事」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 隣りとの外壁の隙間が狭く、足場も組めず体も入らない場所での外壁の貼り替えは可能なのか?

    隣の家との隙間がものすごく狭い家は昔の建売住宅にはよく見受けられます。 昔の法律では規制にかからず、敷地目一杯に区割りをする建売住宅を建てることが最優先の時代の建売住宅です。 昭和40年代、50年代と建売住宅が乱立していた時代の頃の建物です。 ちょっと見えにくいのですが、右隣の家との隙間が少ないのですが、雨漏りが原因で隣接壁に水がまわってモルタル壁が膨らんで隣の家を圧迫しています。 この隙間の中に隠れている壁を張り替えなくてはなりません。 外部からは足場も組めず、いや、人間の体も入ることができないので内部から解体し、内部から壁を貼るしかありません。 隣との壁の隙間は15センチです。

    リフォームワーク
    • 809
    • 5
  2. 樹脂製通気胴縁・水抜き瓦桟

    高純度リサイクル樹脂の使用により、安定した品質と価格により、 弊社のロングセラー商品となっています。 天然木材の胴縁、瓦桟(かわらざん)に比べて、耐蝕性、耐久性、保釘力、作業性、品質安定性に優れています。 • 半永久的に腐食せず、シロアリなどの害虫の心配もありません。 • 通気胴縁、瓦桟に不可欠な条件である釘の保持力も安定して得られます。(下表参照) • 丸ノコによる切断時、ノコ刃に樹脂紛が付着しません。また、ガンで釘を撃った時に釘頭が沈みません。 • 縦横のスリットにより優れた通気性・水抜き性が得られます。また釘を打ち込む中心部が壁と密着する形状は、作業時の割れを防止します。 •リサイクル純度の高いリサイクル樹脂の使用により、品質と価格の安定を実現しました。

    株式会社ピラミッド
    • 2315
    • 3

おすすめ