花粉症

「花粉症」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「花粉症」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【花粉症対策】室内干しワイヤーを取り付けて、部屋干ししよう。

    そろそろ花粉症の季節。室内に花粉を侵入させないためにも、この時期だけでも洗濯物の部屋干しがおすすめ。 干す場所が問題になるけど、ホテルで見るようなランドリーワイヤーを取り付けておくと便利ですよ。未使用時に超コンパクトなのがインテリアにこだわる人には嬉しいのです。

    みのりん
    • 5824
    • 59
  2. アース製薬さんに聞いた!つら〜い花粉シーズン対策とお役立ちグッズ☆

    春、気持ちいい天気とは裏腹に、目のかゆみ、鼻のムズムズがつらい花粉シーズンが到来……。苦しまれている方も多いのではないでしょうか。しかも、今年は昨年よりも多くの花粉の飛散が予測されており、よりいっそうの対策が必要です! そこで今回は、つらいときこそ頼れる存在、〔アース製薬〕に使える花粉の対策法を教えてもらいました。

    LIMIA編集部
    • 22339
    • 47
  3. 換気せずに部屋の臭いをとる

    よそのおうちへ行くと、独特な臭いがありますよね。 自分の家の臭いは、鼻が麻痺してわからないもので、 お互いさまですけれど気になります。 この季節は花粉症もあって換気が難しいことと、 換気をしても臭いは一時的に消えてまた臭ってくるものです。 部屋の掃除をまめにしていても 臭いがする・・・。 原因はこれでした!

    おうちの美化委員 モテキ キミエ(そうじさん)
    • 7316
    • 25
  4. "鼻じゅるじゅる" "目真っ赤っ赤"とはおさらば!花粉対策グッズ4選

    「くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目のかゆみ」 やってきました。花粉症の季節。毎年多くの人を悩ませる花粉症ですが、みなさんはどうやって対策していますか? 今回は、花粉症にお悩みのLIMIAユーザのみなさんにぴったりな花粉対策グッズをご紹介します。 花粉症常連のあなたも、少し自覚症状あるけれどまだ花粉症だと認めたくない!というあなたも。必見です!

    LIMIAトレンドライフ
    • 54010
    • 30
  5. 花粉症!洗濯物を外に干せない方、お部屋に物干しセットをDIY! 

    花粉、黄砂など、良い天気でも、季節によっては屋外に洗濯物を干したくても干せない・・って、お困りの方、非常にたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? お部屋の中で、ハンガーなどに、とりあえず吊り下げて乾かしている方も多いと思いますが、ディアウォールを利用して、室内用、物干しセットをDIYしてみましょう!

    IPC DIY Lab.
    • 44707
    • 438
  6. 花粉の季節を“すっきり”“へっちゃら”に過ごすための強~い味方! まかないこすめの『花粉症シリーズ』♪

    東京・神楽坂を拠点とする和コスメブランド『まかないこすめ』から、1月24日(火)より、花粉症シーズンに向けた季節限定アイテム「花粉症シーズンのすっきり茶」「花粉症シーズンのルームスプレー」「花粉へっちゃらマスク」の3種が、第二弾として2月下旬に「スースーする多用途クリーム」が発売されました。

    LIMIA ニュース部
    • 3734
    • 7
  7. 住宅の真の性能とは? 『家族の健康を守る家!』

    住宅の真の性能とは何でしょうか? これには、いろいろな見方、考え方があると思います。 省エネ性でしょうか。構造的なものでしょうか。またはスマートハウスなどの設備機 器の性能でしょうか。 でも、最も重要な性能とは、家族の健康を守るための性能ではないでしょうか?? 以前、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎また喘息などは、ホルムアルデヒドなどの有害な科学物質が原因の一部だとお話しました。 しかし原因はこれだけではありません。 室内や壁の中に結露が発生している場合や、調湿性のない室内空間で多湿になったり乾燥したりして空気環境が悪くなることも一因となりえます。 室内の空気環境が悪くなると、カビや細菌が繁殖しやすくなるのです。 この様なことは、アレルギーなどの症状がない方は自分には関係がないとことだと思われるかもしれません。 現状においては確かにそうかもしれません。 VOC(揮発性有機化合物)による化学物質過敏症は、花粉症と同じように人体の許容範囲までは何ら影響を受けません。 しかしながら、化学物質が体内に蓄積されて許容範囲を超えてしまうと発症してしまいます。 花粉症の方なら分かると思いますが、発症するまでは自分には無縁のことだと思っていたのではないでしょうか。 私もそうだから分かります。 ですが、一旦発症してしまったらその辛さは耐え難いものがあります。 この辛さは発症してみないと分からないものです。 花粉症なら、辛いですが時期的なものもあるので、その時期を乗り越えれば安息はやってきます。 しかし安息がやってこないとなるとどうでしょうか、恐ろしいことです。 個人差こそあれ誰しもがこの危険性があるということを知って頂きたいと思います!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 633
    • 4
  8. 日本人の約3人に1人がアレルギーを持っている!

    えっ、そんなに? ほとんどの人がその多さに驚くと思います。 日本人の約3人に1人がアレルギーを持っているといわれているのです。 アレルギーとはどういうものでしょうか。 それは、体内に異物が侵入したときに起こる抗原抗体反応のことです。 具体的には、花粉症、アレルギー性皮膚炎、気管支ぜんどくなどがあげられます。 これらアレルギー反応には個人差があり、それぞれが持つ飽和量を超えるとアレルギー反応として発症します。 それではアレルギー疾患はどうして増えているのでしょうか。 これは、大気汚染や住環境・食生活の変化、そしてストレスなどが原因といわれています。 よってこれらの環境が悪化しているということになります。 住環境でいいますと、ハウスダスト、ダニ、カビ、花粉などがアレルゲン(アレルギ-を引き起こす原因物質)となります。 どうして技術が進んだはずの現代の住宅でこのようなことが起こるのでしょうか? それは、高気密高断熱化と工業化製品にあるように思います。 誤解されるといけませんが、高気密高断熱自体が悪いわけではりません。 現にこれにより快適で省エネにもなっています。 大切なのは、使用する素材です。 高気密ということは住宅の隙間が少ないということですから、無垢の木や漆喰などの吸放湿性がありアレルゲンを分解する作用のある素材を使わないと、室内に蓄積されてしまいます。 また、温度環境が快適であれば、ダニなどにとっても快適な環境になるので増殖する危険性があるのです。 住宅の進化とともに、使われる素材も変わってしまいました。 それにより、このような以前はなかった問題が生じているのです。 家族の健康を守るはずである家が、害を及ぼす可能性があるなどあってはならないことです。 もっと私たちはこの問題を認識しなければなりません。 家づくりの際は、コストや設備のことよりもまずこの根本のところをよく考えなけれなならないと思います!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 592
    • 3

おすすめ

話題のキーワード