地震保険のアイデア(2ぺージ)

地震保険とは、損害保険の一種で地震・噴火・津波による損害を受けた場合に、補償する保険のことです。地震による火災や倒壊は、一般的な火災保険では補償されないため、地震による損害に備えるには地震保険への加入が必要です。なお、地震保険は必ず火災保険と合わせて加入する必要があります。

  1. 【専門家監修】地震保険料のカギは耐震等級。保険加入前のチェックは忘れずに!

    地震が起きても倒壊しにくい条件がそろっている建物の保険料は安く、地震が起きると倒壊しやすい条件を抱える建物の保険料は高くするのが地震保険の仕組みです。そのひとつが、建物の「耐震等級」に応じて保険料を変化させる「耐震等級割引」です。建物の耐震性を高めることは、地震保険の加入条件という側面だけでなく、自宅で安心して生活できるかという問題にも影響してきます。建物の耐震性と、万が一の場合の補償について考えてみましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 3829
    • 6
  2. 【専門家監修】地震保険に積立型はある?掛け捨て型と積立型の保険はどう違う?

    保険には、積立型と掛け捨て型という、2つのタイプがあります。では、地震保険には積立型のものはあるのでしょうか? 積立型と掛け捨て型の違い、それぞれのメリットやデメリットを踏まえたうえで、地震保険を選ぶときの注意点や必要な損害保険を選ぶために必要な知識について確認しましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 8580
    • 6
  3. 地震保険特約による補償の上乗せをもう一度検討する必要があるのはなぜ?

    東日本大震災から数年が経ちました。津波による多大な被害をもたらした大震災をきっかけに、地震に高い関心をもつ人は増えたのではないでしょうか。地震保険の補償額は、火災保険にかけた保険金に対して50%が限度です。ですが、さらに補償を上乗せできる特約補償が存在するのをご存知ですか? 今回は地震保険特約のしくみや保険料についてご紹介していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 12763
    • 6
  4. 地震保険はマンションにも必要!地震保険の加入方法や損害認定基準

    地震大国である日本では、いつ来てもおかしくない震災への備えがとても重要です。地震や噴火では火災保険が適用されないため、地震保険への加入を検討する方は年々増加しています。マンションにお住まいの場合は、戸建てとはまた違った地震保険への加入方法があります。マンションにこれから住む方に向けて、地震保険への加入方法や加入のメリット、実際に被災した際の損害認定基準など、重要なポイントをご紹介していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 855
    • 6
  5. 地震保険と旧長期損害保険の関係とは?地震保険料控除は受けられる?

    地震保険がメジャーになる前から、長期の損害保険、いわゆる「旧長期損害保険」に加入していた方もいらっしゃると思います。以前は損害保険料控除の対象でしたが、平成18年の税制改正により、平成19年度から控除の対象外となってしまいました。ですが、一定の条件をクリアしている旧長期損害保険に対しては、地震保険料控除の特例を受けることが可能です。旧長期損害保険と地震保険の関係や、旧長期損害保険料控除の方法について解説していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 55216
    • 5
  6. 【専門家監修】地震保険の契約期間について!地震保険だけ解約することはできる?

    もしも地震の被害に遭ったときに、あなたの生活をサポートしてくれる地震保険。これから物件を購入したり借りたりする方は、火災保険と一緒に地震保険への加入も検討しているかもしれません。火災保険のオプションとして加入できる地震保険ですが、その契約期間はどれくらいでしょうか?また、火災保険だけ、もしくは地震保険だけを解約することは可能なのでしょうか? 火災保険と地震保険の関係や、契約期間について解説していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 9560
    • 5
  7. 地震保険の損害区分と保険料率が2017年に改定!加入者への影響は?

    地震や噴火、それに伴う津波による被害を受けたときに、あなたの生活を助けてくれるのが地震保険です。2017年1月に、この地震保険の損害区分の細分化と保険料率改定が行われました。また、地震保険料割引の確認資料も拡大されました。確認資料の拡大によって補償は受けやすくなりますが、損害区分の細分化はどのように影響するのでしょうか? この改定により地震保険加入者が受ける影響について解説していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 1400
    • 3
  8. 地震保険は単独で加入ができない?その理由と基礎知識

    この日本は地震大国と言われています。東日本大震災などの影響もあり、以前よりも地震に関心を持つ方が増えました。マンションや戸建などの住宅を購入した際には、同時に火災保険や地震保険について検討されるのではないでしょうか。災害で建物に何かあったときのために、しっかりと備えておきたいですよね。ただ、地震保険についてはまだまだ詳しくは知られていないように感じます。火災よりも地震のほうが心配だからと、地震保険にのみ単独加入したいと思っている方や、火災保険にも加入しないといけないのかと疑問に思っている方もいるかもしれません。今回は、地震保険の単独加入は可能なのか、またその理由と基礎知識についてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 1128
    • 4
  9. 地盤沈下で家が傾いた時に役立つ保険ってあるの?種類や注意点まとめ

    不慮の事故や手抜き工事、天災などによって自宅に損害が出た時、頼りになるのが保険です。では、万が一地盤沈下で家が傾いてしまった際、補償してくれる保険は存在するのでしょうか? 予期せぬ地盤の歪みによって建物が沈んでしまった場合、補償してくれる保険とその適用条件をご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 25173
    • 11
  10. 住宅購入後にかかる維持費まとめ!税金、保険、修繕費を意識して正しく計画を。

    住宅購入後にかかる費用は、おもに税金、保険、修繕費の3つに分かれます。税金は、固定資産税と都市計画税の納付が毎年1回必要です。保険は火災保険と地震保険について、それぞれ保険料がかかります。補償内容を吟味して保険商品を選びましょう。修繕費は5年~10年に1度、塗装やシロアリ防除などの対策が必要です。すべてを合算すると、30年間で13,000,000円程度維持費がかかる計算になります。積み立てを行うなどして意識的に資金繰りをしましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 10798
    • 75
  11. 地震保険はどうやって査定される?査定のポイントや保険金の基礎知識をご紹介

    発生した地震によって、建物や家財が何らかの損害を受けたときに補償してくれる地震保険。地震保険では地震以外に、津波や噴火によって発生した損害も対象となります。また、自然災害によって火災が発生した際にも、火災保険ではなく地震保険がその被害を補償します。日本に住んでいるならば、ぜひとも加入しておきたい保険の1つと言えるでしょう。ところで、そんな地震保険の査定方法をご存じでしょうか? 今回は地震保険の査定方法などをご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 68252
    • 11
  12. 火災保険と地震保険金を利用してカーポート・テラス屋根設置工事

    前に住まわれていた戸建てと貸アパートの火災保険と地震保険の保険請求サポートをさせていただきました。保険金が適用できましたのでお客様にご希望を伺ったところ、「新居でお子様の動線上の車庫やテラスに雨を防ぐ屋根が無いので、せっかく保険が下りたから屋根を取り付けてほしい」という事でしたので施工させていただきました。少し手出しのお金は出てしまいましたが喜んでいただいてうれしく思います。

    DJBサポート株式会社
    • 1357
    • 3

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    32件中 21 - 32 件を表示