書斎のアイデア(5ぺージ)

自分だけのプライベートな空間である書斎。仕事をしている人なら誰でも一度は憧れたことがあるでしょう。しかし、快適な理想の書斎を作るのはなかなか難しいものです。ここでは、書斎の持つ魅力をはじめ、静かに読書や趣味に没頭できるような書斎の作り方、デットスペースを生かした書斎の作り方等を紹介をしています。

  1. ◆座間市に自然とコミュニケーションが生まれるモデルハウス公開!◆

    「人にいいイエ、つなぐイエ〜みんなの幸せ探すトコ〜」 当社の家づくりのコンセプトを モデルハウス で具体化。コンセプト通り、2階のキッチンからは、調理などをしながら家族と会話を楽しめ、ステップフロア遊んでいる子どもにも目が行き届くような間取りに。3階の廊下からフリーウォール設計の2階全体が見渡せ、どこにいても家族みんなの気配が感じられるので自然とコミュニケーションが生まれる。

    株式会社大原建設
    • 2152
    • 44
  2. 【施工事例】高気密断熱デザイン住宅 r+house 豊中市小曽根 I 様邸

    藤井ちゃんの建築日記を ご覧の皆様~(^^) いつも閲覧、有難う御座います(^o^) 当社で竣工致しました~~【r+house】 の 施工事例 第3弾 です。 性能は勿論・・・デザインにも拘った住宅です。 今回は変則な地形の3階建てなのですが・・・ 面白い形に仕上がりました。 気密 性能と、デザインにも拘り・・・お値段もびっくりする位、お安いかと思います。 参考にまで、是非!!

    homestyle㈱@藤井ちゃんの建築日記@
    • 2179
    • 15
  3. 「仕事」も「趣味」もここから始まるリノベーション

    温かみのある光の溢れたLDK空間に、趣味の雑貨やインテリアが並べられたリノベーション空間です。 ラジオやイベントディレクターをされている30代男性ならではのセンスが散りばめられ、自分らしい使い方ができることに満足されているそう。 LDKの中に書斎、キッチン、リビングと、文字通り生活のほとんどのシーンが盛り込まれており、感覚的に使い分けることのできる場となっています。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 951
    • 6
  4. I-HOUSE|RC造と木造の混構造|柔らかい光の空間|

    1階がRC造、2階が木造のバリアフリー住宅です。 中庭を囲むように部屋を配置して、光と風を取り込んでいます。外壁は1階はコンクリート打ち放し、2階はガラスによるダブルスキン(2重の壁)になっていて、断熱性を高めています。また、壁と屋根は、柱や梁のない木パネル構造とすることで、建物高さを抑えつつも、十分な天井高さを確保し、耐震性を両立させました。 床と天井の仕上げは、無垢のホワイトパインフローリング蜜蝋ワックス仕上げ、壁は紙張りとして、調湿効果を持たせることで、快適な室内環境になっています。 リビングは3方向ガラス張りで、中庭へと視界を広げています。 ハンターダグラス製のブラインド(シルエット)によって、繊細な光の空間を演出しています。 キッチンはフルオーダー。ダイニングテーブル、キャビネットもこの住宅のために特別にデザインし制作したものです。 書斎や子供室も、カウンターや書棚を造り付け家具としてデザインしています。 カウンターは、高精細モニターやスキャナーなどのプロ機材を置くための十分な奥行きとケーブルを収納できるダクトを設けて、余分なものが露出しないようデザインしています。

    長井義紀建築設計事務所
    • 1632
    • 17
  5. Tei|読書デッキのある家

    眼下に海を見渡す事が出来る高台に敷地はあります。 建主が所望されたのは、この環境を活かした退職後ゆっくりと趣味の時間を過ごせる空間でした。 敷地の周辺には背の高い樹々が自生している事や湿気対策の観点から、1階フロアレベルは通常より高く設定しています。 畳の上に寝転がり建具を全て引き込むと、アイレベルが枝葉に近付いた事もあり、まるで樹木の中に浮遊している様な不思議な感覚を覚えます。 一方2階にはご主人の趣味を堪能出来るスペースとして、プレイルームを計画しました。 1万冊の本やCDが収納可能な書庫とつながる読書デッキには可動式のガラリ戸を設置し、半屋外空間とする事で最もこの環境を肌で感じられる特異な場所としました。 竣工後は読書は元より、太平洋に沈む夕陽を眺めながら飲み物を楽しむなど、恵まれた環境を堪能して頂いています。

    キリコ設計事務所
    • 1309
    • 16
  6. キャットウォーク・ブラボー!

    リビングダイニングは2つの居室を仕切る壁を抜き明るく開放的に。床は無垢フローリング、壁はアンティーク調のレンガを張って白でラフに塗装し、使い込んだような味わいを表現。細部まで妥協なく素材の色や質感を考え、素材の持ち味が調和する空間を作り上げました。そして書斎の壁は漆喰を塗りその壁面に、キャットウォークを兼ねた本棚を造作し、印象的な仕上がりにしています。

    howzlife
    • 3250
    • 28
  7. 大人になっても使える、シンプルデザインの学習机で集中力もアップ

    家具に限らず、カタチの無いものをデザインする時ってどうしても既存の物や普遍的なデザインを見過ごすわけにはいきません。でも、それに捕らわれ過ぎると個性を出すこともできないのであります。 けれど学習机に関しては、ナッシュはできるだけ大人になっても使えるシンプルなデザインで、大きめのサイズの物をおススメします。

    ナッシュ ファニチャークラフツメン
    • 6529
    • 25
  8. 柔らかなホワイトを基調とした落ち着く空間造り

    既に何度か弊社にてリフォームをご依頼いただいていたお客様より、新築のご依頼を頂きました。 こだわりの点をあげたらきりがないほどに、綿密なお打ち合わせの末にとても素敵なおうちが建ちました。 ・とにかく収納が多いです。収納のための家具はほぼ必要ないかと思われるほどの収納の数。各お部屋、リビング、玄関、ロフトやグルニエと、バツグンの収納力です。 ・とても広いベランダがあり、ご家庭でBBQができそうです。夏が楽しみですね! ・お子様のお部屋は収納力バツグンのロフトがあり、ワクワク心を掻き立てられます。 ・旦那様の書斎は趣味に没頭できそうなシックな色合いのお部屋です。何時間でもこもっていられそうな雰囲気です。 ・奥様こだわりのキッチンは、淡いピンクで統一され、家事がしやすい動線が確保されています。 全体的に柔らかいホワイトに包まれて、清潔感のある落ち着いた空間のお住まいとなりました。

    (株)リフレックス
    • 774
    • 10
  9. ハイブリッドな断熱性の瓦屋根の家

    伝統的な瓦屋根を使った、和風平屋住宅です。 破風と軒裏の木をそのまま魅せて、外観の特徴としました。 断熱性能は「認定低炭素住宅」という仕様になっています。 これは車で言うと「ハイブリッドカー」で、非常に燃費の良い仕様です。 スタディーコーナーや書斎、パントリー等、あれば嬉しい部屋を盛り込んだ、 贅沢な間取りにもなっています。 ガス温水床暖房を採用し、床下からじんわりと輻射熱で室内を暖めます。 エアコンだけでも充分ですが、やはり床暖房のやわらかな暖かさには、 他に代えがたいものがあります。

    陽だまりの家 八木建設
    • 910
    • 9
  10. ホワイト基調のインテリアで全面改装

    ご両親の所有していた、築30年以上の物件を建替かリフォームかで迷っていおられましたが、耐震補強からプランニン グまで一つ一つ丁寧にご説明していくうちに、思い出があるお家をリフォームで行こうという事でスタートしました。 イメージとしては強くご要望のあった清潔感があるホワイト基調でまとめてみました。

    (株)リフレックス
    • 890
    • 7
  11. ヨーロピアンテイストの家(漆喰塗と木製窓・八雲の家)

    駒沢公園にほど近い目黒区八雲の住宅地に建つご夫婦とふたりのお子様が住まわれる木造2階建ての戸建て住宅です。 パリに在住経験のあるご夫妻から、日ごろの作風というよりもむしろ家づくりに対する姿勢をご評価頂き依頼を受けた住宅で、 当事務所としては初めてといっていい「ヨーロピアンテイスト」の住宅です。 洋風とはいっても、基本的な平面計画や構造、収納、設備等に対する考え方は、あくまで当事務所の基本スタイルであるシンプルで合理的な考え方によるものです。 敷地面積は約24坪。 ビルトイン形式の駐車スペースとロフト以外の床面積は30坪弱。 敷地の制約やご主人の仕事上で欠かせない書斎を設ける必要があり、居住スペースはどうしても手狭になりがちな計画ではありましたが、 ・廊下を可能な限り少なくする ・天井の高さを利用して空間に変化を持たせる といったことにより、可能なかぎりゆったりとした場をつくるべく計画をしたものです。 「小さな敷地での家」 「2階リビング」 「自然素材による内外装」 「ヨーロピアンテイスト」 といったことがこの家で求められたことであり特徴です。 平面計画としては、 ・駐車スペースと玄関とは分離することで落ち着きのある玄関アプローチに ・各諸室は広くなくても、家族が集まるリビング廻りは可能な限りゆったりと ・子供室は将来平等に区切ることができるように ・ご主人の書斎は外が眺められる位置に ・キッチンは独立した機能重視の場に といったご要望に応えたものです。 仕上げは、白壁の内外壁ともスイス漆喰、床は全て無垢材に亜麻仁オイル、その他木部はリボス塗といった自然素材を用いた家です。

    中川龍吾建築設計事務所
    • 975
    • 1
  12. 自然素材と外断熱による2世帯住宅(北烏山の庫裏)

    この住宅は、世田谷にあるお寺の庫裡。若い住職とご家族の住まいです。 法的に木造とすることができないことからRC造とし、安定した温熱環境と建物の耐久性の向上といった観点から RC外断熱工法を採用した建物です。 敷地は、お寺の境内という条件にあって、 「外観と檀家さんが使用するスペースは本堂や周辺とのバランスをとったデザイン」 「家族のスペースはカントリー調」 といったことが求められたものです。 住まいの他に、応接室、法衣室といった部屋の他、奥様が華道を教えるための部屋もある家です。 内装や建具に使用する木はバーチ材を主として、レッドシダー、たも、桧、栗の無垢材、漆喰や珪藻土(ライムコート)といった壁材、テラコッタやレンガ等を フローリング以外の床に使用した自然素材の家です。 既製品や石油化学製品の使用を極力少なくすることで 「これからの長い月日を共に過ごすことができる味わいと暖かみのある建築」 となることを期待した住まいです。

    中川龍吾建築設計事務所
    • 788
    • 1
  13. お茶室と音楽練習室兼書斎のある2世帯住宅(田端の家)

    山手線田端駅から徒歩5分程の敷地に建つ木造、在来軸組工法による2世帯住宅です。 敷地は、道路面より一段高くなった角地という条件にあって、 「家族それぞれがゆったりと自分の時間を過ごせる家」 「機能性や耐久性の高いしっかりとした家」 が求められたものです。 防音室(音楽室兼書斎)やお茶室(客間兼用)、ビルトインガレージといった諸室もある家です。 設計手法・コンセプトとしては、これまでの他の住宅と同様、 シンプルで機能的なプランでありながら、ぬくもりを感じる家 明るく風通しの良い家 ワンランク上の性能を有する家 といった、この住宅でも建て主さんに求められたことを具現化したものです。 各所の主要な仕上げは自然素材を使用している家です。

    中川龍吾建築設計事務所
    • 997
    • 0

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    155件中 81 - 100 件を表示