かわいい家

「かわいい家」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「かわいい家」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. ヤワタホーム施工例『ママの夢が叶った家』

    手芸が趣味の奥様のためのカウンターをダイニングの横に設けました。ここならミシンを使っていても子どもたちの声や気配も感じられ安心です。また、かわいい内外装にしたいという希望から、玄関周りのレンガ調タイルやアンティーク調の建具などの提案を採用され、程よいかわいらしさのデザインにまとまりました。

    株式会社ヤワタホーム
    • 1821
    • 19
  2. 山科の家(30坪の狭小・高低差のある敷地に建つ外を取り入れた家)

    狭小地の余白のある家 古くからの家が立ち並ぶ住宅地の建替えのプロジェクトです。 計画地は、敷地面積104.81㎡(31坪)の低層地域で斜線制限や景観法が定められた条件に制限がある狭小敷地です。 そのため、周辺の住宅は敷地いっぱいに家が建ち、京都ならではの狭小住宅が密集しているため庭や緑地といった、自然を感じることが難しくなっています。 そんな中で、必要な部屋数を確保しつつ、空間に余裕を持たせた家づくりが出来ないかと考えました。   そこで、今回は狭小敷地にあえて余白をつくることにしました。 敷地内に3つのボリュームの箱をもうけ、それぞれに角度をつけていきます。 角度を与えることによって生まれた余白空間を敷地内につくりだしていきます。 この余白部分に緑を設け、どの部屋にいても外部を感じることができるようになっています。 建物を1つの大きなボリュームと考えず、いくつかの小さなボリュームをまとめ、繋ぐことで狭小な空間でありながらも緑を敷地内に点在させ、建物内に外部を取り込み、最小限の空間を豊かな空間に変えることを可能にしています。 また、角地であることを利用し、フェンス等を設けず開放することでより一層緑の豊かさを感じることができるでしょう。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 397
    • 1
  3. 大津の家(やわらかな光と取り入れたアールの開口のある家)

    ~やわらかな家~ 本計画は、新しく開発された分譲地の計画で、周囲は新しく 建てられた住宅が立ち並ぶ区画です。 計画段階からクライアントとの打ち合わせを繰り返していく中 で感じたキーワードは『やわらかな光につつまれた空間』でした。 そこで、光を柔らかく取り入れ、曲線を多用し光に包まれるよう な空間ができないかと考えました。 空間を単調に区画割し、薄壁で間仕切られた開口部はアーチ型に することで視線の抜けや軽快でリズムカルになるような空間とし ています。入隅や出隅などに曲線を用い縦に伸びた大開口窓から 差し込む光は空間をやわらかく包み込んでくれます。 新しく建ち並んだ分譲地にひっそりとたたずむ建物は、時間と共 に変化する光とアクセントの曲線がふれあうことで独特な陰影を つくりだし、アーチ型の開口をくぐり抜けると、非日常空間へと 導いてくれるでしょう。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 650
    • 1

おすすめ

話題のキーワード