おこわ

もち米を蒸したご飯、おこわ。赤飯の別名としてそう呼ばれます。その名の由来は堅い飯、つまりこわい飯を意味します。おこわは主におめでたい行事の中で食べられることが多く、我々の生活の中で特別な存在です。普通の米よりほんのり甘く、おこわのおにぎりが大好きという方も多いはずです。元来祝いの席や精進料理として食べられてきたおこわですが、近年では大きく進化を遂げているのです。オーソドックスなおこわもいいけれど、調味料に変化を加え、セロリやナンプラーを使ったエスニックおこわや、ちまきに使う中華風おこわなど、ホームパーティなどでさっと作れるとできる女アピールできちゃいますよ!純和風から進化系おこわレシピまで、たっぷりお伝えします!

  1. 鶏肉とサツマイモとレンコンの炊き込みおこわ

    お米 2合 餅米 2合 鶏肉(ムネ肉又はもも肉)1枚 レンコン1節(10〜15センチ) サツマイモ中1本 お米は合わせて洗いザルに上げ30分置く。 鶏肉を1センチ角位に切って、醤油 大1 酒 大1で揉み込んで15分位置く。 レンコンは5ミリの厚さでイチョウ切り、サッと水につける、サツマイモは大きめに切って水に5〜10分つけておく。 炊飯器にお米を入れ、ダシ醤油40cc 醤油10cc 塩小さじ2分の1を入れ水を4合の線まで入れる。 軽く混ぜ、レンコンサツマイモ鶏肉の順に入れて普通で炊飯スタート。 炊き上がったら10分蒸らして軽く混ぜて出来上がり!

    ウララ
    • 294
    • 34

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード