回遊

「回遊」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「回遊」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. タテのひろがりヨコのつながり

    マンション最上階の111平米の空間を大胆フルリノベ。マンションでは珍しい吹き抜け付きLDKも20畳ほどあり、造作した梁が戸建のようにゆったりとした雰囲気に仕上がりました。 今回の家づくりテーマは「自然素材のあたたかみを感じる家」。木質系の材をふんだんに使用し、湿気が気になるエントランス周りには珪藻土を塗装しました。 玄関を入ってすぐオープンクローゼット+ウォークインクローゼットを配置。来客にもオープンにする箇所とプライベートのエリア分けもしっかりしています。 サニタリーと別に洗面のみ廊下に造作し、帰宅後まっすぐにお子様が手を洗うようになったとか。 キッチンも対面型を採用、リビングが見渡せて家族で料理するのがより楽しくなりました。 天井高さを活かして書斎上に梯子で上るロフトも作りました。 お子様のお友達はみな一目散にそこへ直行して秘密基地になっている様子。 休みの日には木に囲まれたリビングで家族揃ってボードゲームをする時間が増えたそうです。

    株式会社サンリフォーム ハコリノベ事業部
    • 1521
    • 14
  2. 回遊性のあるコンパクトな家「ツミキ」

    計画地は閑静な住宅街で、2面道路に接した角地にあります。古い家を建て替え、子育てを終えた夫婦で暮らす住宅を計画しました。間取りは1階に主要室をすべてまとめ、2階は収納と家族の帰省時に利用できるベッドルームを設けています。 家事動線をコンパクトにし、光庭を中心に回遊性のある動線となっています。光庭を設けることで、北側に配置された寝室に白い外壁に反射されたやわらかい南の光を運んでくれます。また、玄関・LDK・寝室・トイレと4室に光庭が面する事で、それぞれの空間に広がりや演出、換気など様々な効果をもたらしてくれます。延床面積29.5坪とコンパクトながらも狭さを感じさせないためにも光庭が重要な役割を果たしています。 コンパクトにまとめる中で、天井を低くして空間の高さも抑えています。通常よりもボリュームを抑えることで建築コストを圧縮し、仕上げなどにこだわるための予算を生み出すこともできました。また、窓や製作家具の配置で視線の方向をコントロールすることで、低さを感じないようにしています。 設計前に古家を調査した際、2階の窓から北西に泉ヶ岳を望むことを確認できました。建て主が育った家と同じ景色を新家でも見ることができたらと思い、2階のカウンター越しに窓を設けています。眺望の良い南側は屋根の上に出やすい窓として、屋根の上で過ごす時間もご提案しています。

    建築工房DADA
    • 2734
    • 25
  3. リノベーション事例【家に帰るのが待ち遠しい。北欧家具に囲まれた心地良い時間】

    リノベーションコンセプトは「家時間」 ご夫婦がこの家で過ごす時間をとても大切に思われれいるということを形にさせて頂きたいと思いました。 ここでの時間はゆったりと流れ、自分たちの好きな家具を使いながら、好きなことをする。週末に家で過ごす時間が待ち遠しくなる。 それがお客様と私たちが一緒に目指したものでした。 素敵なウェグナーのデイベッドやダイニングチェアーや、ポールヘニングセンの照明が映える、お気に入りの空間に生まれ変わりました。

    リフォームプライス〔ホームテック(株)〕
    • 2800
    • 16
  4. 中心に光と風を取込んだリノベーション

    35年前に建てられた木造住宅。子世代へと引き継がれたいま、既存間取りと生活スタイルの不整合を整理して「いま」と「これから」の暮らしに合わせてリノベーションしました。 普段使いしない和室と縁側が大きな面積を占めバラバラとなっていた各室。光が射し込む階段を中心とした回遊動線によって繋ぎました。 冬は寒くて夏は暑い。快適とは言い難かった居住環境を断熱性能の向上と自然採光と通風を可能にするハイサイドライトの導入により実現しました。階段上に新たに設けられたハイサイドライトは電動開閉により暖められた熱気を排出し、通風を促進します。

    高野俊吾建築設計事務所
    • 498
    • 3
  5. 家族4人のすまいを立体回遊できるおうちにリフォーム!

    木造住宅の2階部分のリフォームである。2階を夫婦と男の子、女の子の4人家族がそれぞれのコーナーを確保するためのリフォーム。 そこで、隠れていた小屋裏をはがし、一部分ロフトをつくり,立体回遊できるオープンなすまいとしてリフォームすることにした。個室はつくらず、あくまで就寝コーナー、勉強コーナーなどで個人より行動で空間をゆるやかに仕切る。またお施主さんは自然素材にもこだわる。 結果、家の大黒柱を残すことによって家の記憶を引き継ぎ、元気な子供達が走り回れる立体回遊住居ができあがりました。

    tkworkshop
    • 982
    • 12

おすすめ