雨樋

「雨樋」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「雨樋」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. お得に屋根や外壁をリフォーム・修繕修理

    お得に屋根等 リフォーム・修理が火災保険等が活用できるかどうか建物無料点検できるか確認をしてみませんか? 「火災保険」という名前のイメージからか、「火事にあった時にしか使えない」 と思われている方も多いのですが、ほとんどの火災保険は火事だけではなく、「台風や雪、雹、洪水」といった自然災害等も補償範囲に含まれていてオールリスク型が一般的です。 日本は台風の通り道で冬には雪も降りますから、 気づかないうちに屋根の上や外壁では台風や雪などによる損害が生じていることが非常に多く見られます。築15年以上のお住まいについて、なんと80%を超える確率で自然災害による損害が見つかっております。(※当社調べ) 日本は災害大国!! 瓦は風速13,14mでずれる可能性がございます! 毎年20件以上の台風(風速20m以上)が発生し日本を横断しています 平成26年2月には関東で大雪が降りました! 他にも春の嵐、地震など沢山の自然災害が発生しています という事は その度に屋根や外壁等が罹災しているという事です! そういった罹災個所を保険請求し、下りた保険金範囲内で修繕工事をさせていただいております!! (自己負担0円) お得にリフォームが出来ますよう、上記のような皆様が気づかれていない損傷箇所を、お客様の契約補償内容に沿った無料現地調査(自然災害等による破損がないかの点検)で発見いたします。その上で「罹災日時」を割り出し、「損害写真」「損害金額(見積り)」を添えて保険請求をして、下りた保険金を充てて屋根・外壁等を皆様の負担無く修理・リフォーム・修繕工事をさせていただいております。 ※原則、工事は保険金が支払われてから着工いたします 調査対象物件 ● 築10年以上経つか、10年以上屋根や外壁のお手入れをされていない 「築10年以上」経つとかなり高い確率で自然災害に罹災しています。 ● 瓦や波板が割れていたり、雨どい・カーポートが壊れていたり、雨もりしている 自然災害(風災・雪災・雹災)により破損している可能性が考えられます。 ● 外壁・基礎にヒビ(クラック)が入っている 地震により発生した可能性が考えられます。 ● 過去3年以内に屋根・外壁等を修理・リフォーム・補修をした 工事前の罹災個所の写真、明細、領収書等あれば後から保険金請求が可能です。 ≪保険金請求権の時効は発生から3年です≫

    DJBサポート株式会社
    • 1081
    • 6

おすすめ

話題のキーワード