大屋根

「大屋根」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「大屋根」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 3/25(土)26(日)北上市相去町葛西檀にて『家族みんなの希望がたくさんつまった家』完成見学会開催!

    片流れのダイナミックな屋根が目を引くダークカラーのかっこいい外観。 内装は打って変わってタイル調の壁紙やおしゃれな照明とアール壁がアクセントとなったかわいくて明るい空間となっています。 家族みんなのお気に入りがたくさんつまっているお住まいは、お子さんが健やかに成長できるワクワクもたくさんつまってます♪ また、Smシステムでオールシーズン全館快適空調で省エネなおうちです。実は、お施主様が当社の見学会に足を運び、その快適さに「ぜひうちでも採用したい!」と取り入れていただきました!ぜひこのSmシステムのあたたかさと快適さもご体感いただきたいです(^O^)/ ●開 催 日  3/25(土)・26(日)  ●時   間  10時から16時まで ●会   場  北上市相去町葛西檀(大堤公園より西) 2日間の限定開催です。スタッフ一同心よりお待ちしております(^o^)丿 お問合せは北上店 0120-77-4176

    伸和ハウス
    • 808
    • 0
  2. 薪ストーブがある片流れ大屋根の家

    片流れの大屋根とシンプルなブラックガルバリウム鋼板の外観がかっこいいおうちです。玄関を入ると土間スペースに薪ストーフ゛があり、勾配天井と梁表しのダイナミックな室内はぬくもりあふれる開放的な空間となっています。リビングにはボルダリング用のウォールを設置。また、キャンプ用品やロードバイクなどもしまっておける充実の収納力もGood。

    伸和ハウス
    • 2339
    • 9
  3. 木材で創った整骨院併用住宅(一坪当たり1.2m3使用)Nハウス

    田園風景の中に木材だけで創られた整骨院併用住宅。構造はNハウス工法(杉厚板40mm縦落し込み工法(連続柱壁工法))外壁と内壁及び床板、天井板は杉材で土台、デッキ、バルコニーなどは桧の防腐処理材木材を採用し大黒柱、看板、カウンターはケヤキ材で適材適所に木材を多量に使用した住宅。

    中飯賀業建築研究所
    • 461
    • 6
  4. 穏やかな時がながれる平屋の空間|BREATH

    中庭と水盤のある家 - 中庭平屋型. BREATH 閑静な住宅地の中で美容室兼用の家づくりです。中庭を中心とした諸室を平屋で増築しました。中庭は既存の家のプライベートな場所としても活用されています。 家づくりの中心となるテーマは、大木、巨石、古材、水盤、平屋、中庭などで、五感を感じる空気感や気配のある家づくりです。ホール、待ち合いスペース、和室、ポーチなど、中庭が全体をまとめ調和のある家づくりです。 水盤は大屋根からの雨水を溜めます。そして室内の空間に光と影のある“ゆらぎ”を演出させてくれます。ポーチの大屋根は約5m の跳ね出しのキャンチレバーですが、木造の小学校で使われていた約10 mの長さの古材の大きな梁を再利用したもので、平屋の家を構造的に支えています。大きな株付けの楠木を中庭の背景として配置して、存在感のある大きな溶岩の巨石を中庭に据えてみました。 平屋建ての余裕の中庭のある空間には、ゆっくりとした時が流れるようです。 夕暮れ時には、L時型の木製ガラス扉を全て開ける事で内と外との境界は無くなります。 このとき、 平屋建の余裕のスペースは開放感を演出することが出来る中庭のある家となります。

    中庭のある家|水谷嘉信建築設計事務所
    • 909
    • 17
  5. 大屋根と吹き抜けでつながる家

    リビングから中二階の学習室、そして2階のサブリビングが吹き抜けを介してつながっている大きな家です。また、玄関にはいるとそこは広い土間になっていて、和室はその土間からしか入れない離れのような作りになっています。 水廻りのそばには家族用の大きなクロゼットや洗濯作業用の部屋など、目的を明確にした部屋を随所に用意しています。キッチンはそれらの諸室の中心にあり、すべての部屋の様子を把握できるこの家のコントロールセンターになっています。

    ゆう設計アトリエ
    • 708
    • 11
  6. トトロ

    敷地は100坪以上という条件のもと、土地探しからスタートした【トトロ】の家。 色々と探した甲斐あって、164坪の土地に191坪の農地が合わさった映画【となりのトトロ】の原風景の様な敷地と出会う事が出来ました。 屋根形状は周辺建物との一体性を考え切妻屋根とし、大屋根とする事で平屋的な佇まいを表現できる様にしています。 田んぼや小川からの心地よい風を取り入れる大きな窓や、季節によってその「居所」を変えていける大きな回廊式の縁側など、この環境を活かした自然体で居心地よく暮らせる建物を目指しました。

    キリコ設計事務所
    • 896
    • 5
  7. 若葉町の住宅

    鬱蒼と繁る森の近く、 風が強い時にはバサバサと枝葉のこすれる音が聞こえてくる、 緑豊かな周辺環境。 建蔽率・容積率や高さ規制が厳しい低層住宅地。 垂木あらわしの大屋根の下、 家族5人が集まる時は、みんなでゆったり寛ぐことが出来て、 家族がそれぞれ一人で過ごす時は、それなりに距離感を保って過ごせる、 そんな快適な住宅。 『都市空間』的な家族のスペースと『隠れ家』としての個室。 家族が集まる場としてのダイニング。 テラスの緑に向き合うコージーなリビング。 吹抜け越しの光に、空の存在を感じるホール。 吹抜け周りを巡る回遊動線。 シェルターとしての『覆い-屋根-』を実現する屋根裏。 それぞれの場所がきちんと『居心地』を獲得しながらも それらの場所が相互に伸びやかに繋がって 『個』の自由を担保する快適な居住空間を形成しています。

    アトリエハコ建築設計事務所
    • 930
    • 4

おすすめ