パッシブ

「パッシブ」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「パッシブ」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. <ナチュラルインテリア>家族図書館のある南向きパッシブハウス

    閑静な住宅地の中にあるT様邸。約63坪(通路部分17.8坪含む)の広い敷地に建つ邸宅です。 分譲地の一番奥の敷地であり、いわゆる旗竿地形状。前面の道路の通行量は少なく、ゆったり配置の設計が可能な敷地です。接道は東向きですが、車の進入部分を除くと建物としてはどっしりと南向きに配置することができます。 ただし、南側隣地に事務所倉庫が建つため、プライバシーや日射を検討する必要はありました。旗竿形状の土地は、車はバックで進入する形状であることから、建物に対して縦列での駐車形状となります。またプライバシーや日射のことを考え南側隣地の建物との距離をなるべく離して配置したいと考え、南側敷地境界から約4mを建物間口全体でどんと離して検討していきました。そうすることで4m(公道と同じ幅)の空地ができ、しっかりと日射を確保しつつプライバシーが守られる建物設計が可能となりました。 LDKとこだわりの「家族の図書館」をどこに配置していくのか?検討した結果、2階LDKでしっかりと南に開いて天井を高くした開放的な空間をつくり、広い玄関ホールから自由に出入りできる多目的な空間として「家族の図書館」を配置していきました。 建物形状をL型にすることで北側に裏庭スペースができて、住んでからの楽しみの余白もしっかりと確保した、「育てていく家」をコンセプトに楽しんでいただけるお家がまたひとつ完成しました。

    タイコーアーキテクト
    • 2433
    • 23
  2. 【特集】トイレのインテリア~トイレなんか...ではなくトイレだからこそ??~

    タイコーの施工事例の中からトイレのインテリアをいくつかピックアップしてご紹介します! トイレなんてそんなにこだわらなくても...という方もいらっしゃるかもしれませんが、トイレだからこそ、少し遊び心を出してみたり、面白い空間にするもの良いかもしれません。

    タイコーアーキテクト
    • 16905
    • 97
  3. <都市型><狭小><3階建> の黒いパッシブハウス

    都市型の狭小住宅。大阪市内ではもっとも多いのがこのカタチだと思います。 土地条件としては 土地間口約4.8m、奥行き約12m(道路負担除く)、約60㎡実質約18坪(道路負担除く)は市内の建替えで最も多い敷地形状です。 西向き間口のこのお家の南面は現在駐車所になっていますが、将来的には建物が建つことも想定してプランする必要があります。また、間口が狭小であるため、最大有効を考えながらも近隣等の環境プライバシーをよく検討して窓配置を行う必要があります。 プランとしては、1Fに水回りを集約し、2FのLDKをゆったり目に。各階への通風・採光は、階段スペースを利用してつなぐ。そんなお家となりました。モダンシックなダークトーンで外観・内観ともにコーディネイトした、スタイリッシュなお家です。よく「吹き抜けや階段のドアが無い家は寒くないですか?」とお客様にご質問されることがありますが、実際は逆です。狭小住宅で小さく仕切ることは、視覚的・日射・通風上・最大有効面積どの点においても不利になります。そもそも、居室部分と非居室の空間との境界にドアがないと温度差ができてしまう家、そこに根本的な問題のある「非健康住宅」であると認識してください。 当社の誇る高断熱・高気密住宅では室内はエアコン2~3台で家中を温度差を4度までに抑えることが可能です。だからこそ光・風を家全体に通わす大空間を実現することができ、同時に快適な温度・湿度も兼ねそろえた空間を実現できるのです。 これからの新しい都市型住宅のカタチを、快適な断熱性能の視点からリモデルしたタイコーならではのお家です。

    タイコーアーキテクト
    • 2959
    • 7
  4. プロが教える!3歩先の家づくりセミナー

    理想の住まいについて、あれこれと考えを巡らせるのは本当に楽しいもの。 様々な情報が行き交う今の時代、正しい情報を集め、適切な判断を下すことは難しいように思われます。 タイコーの家づくりセミナーは、皆様が正しい知識を持った上で、真の豊かな暮らしを手に入れるための家づくりの基礎知識を学ぶことの出来るセミナーです。 これから家づくりを始める人や、家をどう建てればいいかお悩みの方など、様々な段階におられる皆様に、このセミナーを受けることで今一度「豊かな暮らし」とは何か。家づくりでは何を一番に考えるべきなのか。を考えるきっかけを掴んでいただき、お家づくりの参考にしていただきたいと思います。 <開催概要> 日時:2018年3月4日(日)13:30-16:00 場所:東鴻池太閤苑コンセプトハウス(〒578-0973東大阪市東鴻池町5-9-21) 講師:株式会社タイコーアーキテクト代表取締役 羽柴仁九郎 駐車場:あり 定員:3組まで 参加費:無料 申込方法:完全予約制のため、弊社HPご予約フォームもしくはお電話(フリーダイヤル/0120-01-8500)よりご予約下さい。※先着順ですのでお早めにご予約ください。

    タイコーアーキテクト
    • 1411
    • 1
  5. 【特集】書斎・スタディコーナー

    今回お届けするのは、書斎やお子さんが勉強できるスタディコーナー。 自分だけのワークスペースや趣味の空間。 家族とも触れ合いながら、同時に個人でもいられる、共有空間にある書斎スペース。 間取りや広さ、収納量によってもどのようなスペースが取れるのかは変わってきますが、それぞれ工夫されて作られた空間をぜひご覧ください。

    タイコーアーキテクト
    • 3324
    • 21
  6. 【特集】モダンインテリアで上質なリビング空間

    タイコーの施工事例から、モダンテイストで上質な空間を演出したリビング空間をピックアップしてお届けいたします。 ・リビング上部には吹き抜けで開放的な空間にしたい ・リビングは2階に持ってきて光を取り込みつつも天井は低くして落ち着く空間にしたい ・とことんインテリアにこだわってスタイリッシュな空間にしたい お施主様のたくさんの想いが詰まった素敵な空間をお楽しみください。

    タイコーアーキテクト
    • 1654
    • 6
  7. 自然を感じる暮らし〜パッシブ設計とは〜

    自然エネルギーを最大限利用することでカラダへの負担を減らし、光熱費の節約にもつながる「パッシブ設計」の住まいが人気を集めています。今回アイムの家ではコラム「自然を感じる暮らし〜パッシブ設計とは〜」を公開。 自然と過ごす、リラックスできる暮らしの参考にご覧ください!

    アイムの家(岡山県)
    • 935
    • 2
  8. 庭が森に・・・・・リフォームにより庭空間が自然豊かな雑木林に❗

    建物をリフォームするのに伴い庭もリフォームしたいとのご相談でした。 ご夫婦共に「司馬遼太郎記念館」の庭がお気に入りで、雑木のある庭空間にしたいとの事でした。 ご要望をお聞きし、プランを練ったのが今回の庭つくりです。 周辺に自生する樹木や野草を庭空間は取り込む。 そうすれば,それに伴って生態系も取り込めるとの考えで樹木や野草を選んでいます。 また、樹木力を利用し、夏涼しく冬は太陽光を取り込む空間づくりをしています。 蓄熱体の利用や蒸散作用を上手く利用する事で、暮らしは快適になる様な庭空間です。

    遊庵
    • 4508
    • 19
  9. 「ちいさく建てて、大きく住まう 」という方法

    家づくりの中でも、間取りを考えている時は夢が膨らんで、ついつい「雑誌で見たアレ」とか「お友達の家のコレ」「モデルハウスで見たソレ」などを盛込みがちですが、希望を全て盛り込むと、敷地に収まらない、予算が追いつかないなど、何を諦めるか、辛い選択をしないといけないフェーズが、いずれやってきます。 また、アレやコレやの沢山の要素を盛り込んだ住まいは、いざ住んでみると、無駄に大きくて掃除が大変だったり、暖房や冷房を行き渡らせるのが難しかったりします。 そこで、ちょっと考えを変えて、 必要な機能を整理して、可能であれば兼用したり、ひとところに纏めたりすることで、「住まいを小さくまとめていく」といってはどうでしょうか? 4月16日にグランドオープンする、埼玉県熊谷市のモデルハウス 「economa2」(えこのま2)は、 暮らしに必要な機能を再編集し、3階建のマシカクなハコに並べてみたら、 「小さく建てて、大きく住まう」ステキな住まいになりました。 ぜひ、見学会でお確かめください。 economa2モデルハウス  グランドオープン見学会 日程:4月16日(土)、17日(日) 10:00〜18:00 開催場所:埼玉県熊谷市柿沼676-7 見学会のお問い合わせは、 kameplan architectsまで。

    kameplan architects
    • 1166
    • 19
  10. 太陽の暖かさを蓄える家 足立の陽器(ようき)な家

    パッシブデザインの技で自然を上手に利用したくても、都心では、なかなか大きな効果を得られるものではありません。周囲の建物に邪魔をされて、陽射しと付き合う時間が短すぎるから。しかし都心にも、あるところには、あるものです。好条件の敷地とめぐり会いました。周囲の建物と適度な距離を保つことができるから、陽射しを十分に活用できるこの敷地で、朗らかな家族4人が住まう快適省エネの家をつくる計画となりました。朗らかで「陽気」な家族と「陽射しを注ぎ込む器」という意味を掛け、つけた名前は「足立の陽器(ようき)な家」。また屋根には太陽光発電を載せ、エネルギーを作る力を得ることで、この家が1年間で使うエネルギーと比べてもお釣りがくるという暮らしぶり。聞いてるだけでも羨ましいでしょう。なにせ作り手の私が羨ましいのですから。

    カサボン住環境設計株式会社
    • 1172
    • 18
  11. 敷地の良さを最大限活用する設計手法のご紹介

    いくつも家を作ってきて思うのは、敷地とその周辺環境は、自分の力ではどうにも変えることができないということ。どうせ変えられないのですから、下手に逆らわない方が得策でしょう。たぶんそれは正解で、いい感じと思う家は、みんな敷地と上手いこと付き合っていることに気づきます。だから建物を描き始める前に敷地を自分の五感で実感することが、なにより重要です。砂浜で貝殻や角の丸まったガラス片を拾い集めるように、更地となった敷地で家づくりのネタを集めると、「ここでしかできない一軒」を想像することができるようになります。

    カサボン住環境設計株式会社
    • 797
    • 8

おすすめ