日当たり

「日当たり」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「日当たり」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. ほったらかし栽培 豆苗どこまで再生できるかサバイバル実験

    スーパーで100円くらいで売られている豆苗。カイワレもそうですが、根がある野菜は家でも再生できてまた食べることができる!と言われて久しいですよね。 だけど実際キッチンで栽培してたら、根腐れ起こしたり、たいして伸びなかったり(;・∀・)本当に伸びるのーー?と疑問。 栽培の知識のない私でもできるほったらかし栽培を実験してみました!

    一銀海生
    • 1821
    • 29
  2. 暗~い家にはさせません!光あふれる空間を作る自由設計のテクニック

    日中に気持ちのいい自然光が入る家は、多くの人の理想。でも、方角や周りの環境によって日当たりのいい、悪いはどうしても出てきてしまいます。そこで今回は、家づくりで光を取り込むテクニックをご紹介! 窓の大きさ、位置、中庭などさまざまなアイデアを使って光あふれる家を手に入れましょう♪

    soramado
    • 3147
    • 8
  3. 曇りの日でも明るい♪開放感のある部屋にする天窓(トップライト)

    「天窓(トップライト)を設置しても、曇りの日は日光が入らないんじゃないの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。しかしそんなことはありません。太陽が出ていない日でも、天窓からは、空自体の明るさ(天空光)がしっかりとお部屋を照らしてくれるんですよ♪ 今回は、明るさの確保に最適な「天空光」の魅力をご紹介します!

    日本ベルックス株式会社
    • 1087
    • 2
  4. 庭の心地よさを取り込んだ、リビングが暮らしの中心にある平屋

    奥様の実家でもある築100余年の家を大切に守り、暮らしてきたSさんご夫婦。ご子息が巣立ち、夫婦二人のこれからの暮らしや耐震性への不安を考慮して、建て替えることにしました。Sさんご夫婦のリクエストは心地よく暮らせる平屋。石川さんが提案したSさんの住まいの工夫をご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3560
    • 29
  5. 鉄筋コンクリート構造・地上3階建てなのに2000万円台!「リブハウス」という名の住宅

    鉄筋コンクリート構造・地上3階建て・ホームエレベーター付き・建築家がデザインする世界に1つだけの家…。漠然と「高額なイメージで自分たちには手が届かない…」と諦めてしまいがち。しかし、これらの条件をすべて満たした住まいが、思いがけず身近な存在になるかもしれません。建築家が自らの、そしてご両親と暮らす住まいとして具現化した家づくりご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2457
    • 13
  6. リビングの大きな窓には小さな庇をつけたほうがいい3つのワケ

    「窓に庇をつける?つけない?」という選択肢がありますが、窓に庇がついてないからと言って大きな不具合などはありませんが、庇がついているからこそ得られるメリットというものもありますよ~そこらへん理論的にわかりやすく解説しちゃいますねっ。

    シノハラ 家づくりのプロ(あめりか屋)
    • 28776
    • 49
  7. ホール・LDK、ライブラリー。「3つの集いの場」で家族がつながる家

    緑豊かな公園そばの土地に家を建てることを決めたHさんご夫妻。お2人が最初に希望したのは「周囲に対して開かれた住まい」だった。この要望に応えて設計者である角倉剛氏が考えたのが、大きな土間のある玄関ホール、LDK、そしてライブラリー、3つの場で家族や友人が集う住空間だ。随所に斬新なアイディアがあふれる、角倉氏の家づくりを覗いてみよう。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2541
    • 12
  8. 日当たり良好な2階はすべてが特等席!富士山も見える、都心の絶景注文住宅

    Fさんご夫婦が、それまで住んでいた社宅から近い場所で出会った、見事な眺望を誇る土地。「見晴らしが良く、シンプルな家にしたい」というご夫婦の思いにこたえたのが、建築家の木名瀬佳世さんだ。Fさんご夫婦と木名瀬さんがつくりあげた、理想の家づくりをご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1841
    • 4
  9. 細長空間で実現した終の棲家「クジラの家」

    リタイアしたYさんご夫婦が終の棲家を建てるべく購入した、埼玉県の細長い土地。ここに建築家の矢嶋一裕さんと共につくり上げたのは、土地の形状を生かして家中に光が溢れる横長の家だった。独特の外観だけでなく、建物の中も斬新なアイディアで溢れるY邸。その全貌をご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1326
    • 3
  10. 住み始めてからも大満足な間取りを考える!

    良い間取りは、なかなか自分たちだけでは考えられるものではありません。 家づくりにはプロの提案力が欠かせません。 経験や実績に基づく快適さ、明確な見積もりで資金計画も組みやすい「企画プラン」。 最初は自分で考えても、利便性や合理性を追求していくと、最終的には一定のプランに行きつくこ とになるなら、最初からそんなプランを提案してもらうと嬉しいですよね。

    元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
    • 2654
    • 5

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード