グレーチング

「グレーチング」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「グレーチング」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. ギャラリーに住まう狭小住宅

    夫婦二人で住まう約17坪の狭小住宅。天井高5.6mの吹抜けを持ったワンルーム空間に予備室と主寝室の床を配置。コンクリート床、ステンレスキッチン、アルミブース、グレーチング階段と硬質な素材を使用し艶のある煌びやかな空間に仕上げた。雄大な野原とサクラ並木が広がる東面に大きな開口を散りばめ、熱負荷の高い西面は閉じている。敷地には母屋がありそちらも活用できるため、家族が今必要な規模とした。将来的にお子さんをご両親に見てもらいやすく、互いのプライバシーも確保、必要な時は庭を介し家族の輪を広げられる。ローカルエリアで余裕のある実家敷地内に予算を抑えた小さな家をという、住まい方の新たな提案になればと考えている。

    studio LOOP
    • 5813
    • 12
  2. 広い土間と透け天井のある家

    タイコーの分譲地HOBITTOの中に建築した東向き2.75間間口の都市型コンパクトハウス「広い土間と透け天井のある家」。敷地約65㎡(19.6坪)と狭小地の中でどうやって日射を確保するのか? 物理的に面積は小さくなるのものの空間をどう無駄なく広がりを作り出せるか? の難題に挑んだ意欲的な建物です。 まず、形状はシンプルに箱型で構成し、用途の無い建築面積の無駄を極力省くことをめざしました。次に1Fの36㎡という限られた建築面積の中で何を配置していくか? どこまでの大きさを確保するか? 優先順位をつけて検討していきました。 一般的に1Fにあって面積を大きくとってしまうものの代表に ①玄関・シューズクローク ②玄関ホール ③洗面 ④風呂 ⑤トイレがあります。ここで2Fにあげることで対応したのが優先順位の低い風呂・洗面・トイレ。逆に玄関まわりはやはりどうしても必要なので、思い切って「土間」として大きく配置してみました。そして玄関ホールを無くして、ドア無しでLDKと繋がりを持たせ一体の空間として視覚的にも広がりを持たせました。 次に検討したのが「日射」です。 東向きということで午前中は有利に日射を確保できるのですが、隣に2階建てが建つ敷地でいかに南の日射を得るのか? 具体的に検討していきました。最初は吹き抜けも検討したのですが、狭小住宅で限られた建築面積を吹き抜けに割くことはやはり難しく、一部2Fの床をグレーチングにして使い勝手や心地よさを考え、その上にポリカーボネートを施工することで床はあるのに光を1Fに通す「透け天井」として仕上げました。 あとはクローゼットの扉を無くしてオープンの棚をサビ加工の鉄パイプで仕上げ、ブルックリンスタイルのインテリアで家全体をコーディネイトしました。 限られた予算・敷地でもこだわりを詰め込む、タイコー流の新しい狭小住宅の考え方です。

    タイコーアーキテクト
    • 2590
    • 9
  3. 中庭のある狭小&変形住宅 

    北側に道路、南側に隣地が迫る細い台形の狭小変形地で、採光やプライバシーが心配だったという神奈川県相模原市のI様。外側は窓を少なく、住まいの中心に中庭を設け、吹き抜けの空間を作ることで明るさとプライバシーを確保しました。また、家族がお互いの存在を感じながらそれぞれの暮らしを楽しめるよう、オープンな空間設計の住まいとなっています。

    カキザワ工務店
    • 2452
    • 21
  4. グレーとホワイトの家

    色と素材のコンビネーションが美しい、上質なシンプルモダンスタイルのA様邸。2階のフロア全体を使ったのびやかなLDKは、床材や壁材、照明、ガラス、インテリアの細部に至るまでとことんこだわったお気に入りの空間。個室にもなる広いロフト、階下まで明るいグレーチングのバルコニーも工夫のポイントです。

    カキザワ工務店
    • 5857
    • 16
  5. 光・風・視線が通る家

    住宅街の北入りの敷地でも敷地は有効に使いたい。「吹抜けで光を取り込みたい」「洗濯物干しスペースがほしい」さらに「読書するスペースがほしい」といったご要望をかなえるアイテム『ひかりゆか』を採用したお宅です。 また、子供室の本やゲーム、おもちゃもきれいに収納したい。というご要望で収納が家の外に飛び出たような立体的な外観になりました。

    ユーアイホーム (株)山本組
    • 799
    • 5
  6. リビングを2倍以上の広さに!狭小地の二世帯住宅で実現した広い家

    住宅密集地の中の、狭小地に建つ二世帯住宅。    法律上建てることが可能な、建坪16坪ちょっとの中に、 二世帯5人が暮らす場所を確保する必要がありました。    そのため、様々な工夫で「広い家」を目指しました。    そんなMS-House のストーリーです。

    仲摩邦彦建築設計事務所
    • 6051
    • 54
  7. S House 密集した住宅地に建つ3階建ての住宅

    密集した住宅地に建つ3階建ての住宅です。敷地面積は21.5坪で、道路に面した南側の間口が狭く奥行きが長い矩形です。 この敷地で建弊率を有効に使うために、駐車場の上にある吹き抜けの中のテラスはグレーチングを床に敷くことで、建築面積に算入されないようにしています。 そのルーバーで囲われたテラスを取り込むようにリビングを配置し、折れ戸の建具を開けると屋内と屋外のテラスがひとつの空間になるように計画しています。 種別:新築注文住宅 用途:戸建住宅 規模:延床面積 126.69㎡ 構造:混構造3階建+ロフト 所在地:東京都 竣工日:2006年

    石井設計事務所
    • 766
    • 2

おすすめ

話題のキーワード