工事

「工事」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「工事」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 一戸建て工事中はこんな施工不良に要注意!

    せっかくマイホームを新築したものの、完成後に不具合に気づきがっかり…という話が後を絶ちません。内装や設備に関する部分だけではなく、中には土台が基礎からずれているといった建築基準法に違反する重大な不具合も見受けられます。一戸建て完成後は土台や躯体などの構造は大部分が隠れるため問題が見つけにくくなるのと同時に、構造以外の部分にも問題が生じている可能性も考えられます。 もし工事中に不具合が発見されれば、通常は迅速に対処されるもの。つまり、完成後の不具合は現場の管理や検査体制が不十分なことが原因と言えるのです。大手の住宅会社ほど検査体制が整っていますが、不具合を見落とすことはないとは限りません。系列会社による検査で判断が甘くなりがちなケースも見られます。 では一戸建て工事中に不具合がきちんと発見されるためにはどうしたらよいのでしょう。有効な対策、それは第三者の立場から検査や提案を行う調査会社に依頼すること。高度なスキルを持つのはもちろんのこと、買い主の利益を配慮して解決策を提案するスタンスの調査会社が理想的と言えます。 今回は、工事中にのみ調査で確認でき改善可能な不具合とは具体的にどんなものなのか、その例をまとめたいと思います。

    さくら事務所
    • 6891
    • 19
  2. 一戸建てを建てるならどこに頼む?工務店?それともハウスメーカー?

    「ハウスメーカー」「工務店」「パワービルダー」・・・。 新築一戸建てを購入する際、悩みどころなのが「どこに家を建ててもらうか」。 人それぞれ重視したいポイントは様々ですし、「絶対ここなら大丈夫」とは一概にいえないので、難しいところです。さくら事務所の第三者現場チェックサービス「新築工事チェック」でも、工事が進むにつれて不安を感じるようになった・・・というお問い合わせも頂きます。そんな事態にならないよう、安心してお任せできるパートナーを見つけたいですね。 今回は「ハウスメーカー」「工務店」「パワービルダー」のメリット・デメリットを比較しつつ、おすすめの選び方をお伝えします。

    さくら事務所
    • 804
    • 4
  3. 【地震対策】知っておきたい地盤の液状化を防ぐ方法!意識しておきたい防災ポイント!

    地球環境の異常気象から、近年は天災が多くなりました。特に、地震は我々日本人にとって「いつ大地震が起きてもおかしくない」という認識が強くなったはずです。家が大きく揺れると、怖いのは液状化現象です。液状化現象が進行すると、地盤沈下が発生し、家の倒壊の原因にもなります。地盤沈下、防ぎたいですよね。そこで今回は、家の傾き修理・地盤沈下修正工事の専門業者〔レフトハウジング〕から液状化現象から発生する地盤沈下を防ぐ方法をご紹介いたします。

    レフトハウジング(家の傾き修正工事専門施工)
    • 1399
    • 16
  4. 業者選びは費用だけで選ばないで!お家の傾き修正工事の成功するポイント!

    毎日の生活で「あれ? もしかしてお家が傾いているかも……」と思われて工事を希望されている皆様、安いからといってすぐに業者を選んでしまうのは要注意です。工事はたしかに高額な費用がかかってしまうので、1円でも安く押さえたいお気持ちはわかりますが、工事内容にあった業者を選定しないと後から後悔してしまうかも。今回はそんなお客様の要望にあった業者を見つけるポイントをご紹介いたします。

    レフトハウジング(家の傾き修正工事専門施工)
    • 681
    • 4
  5. コンクリートを流した後雨が降ってきたけど大丈夫?と心配なあなたへ

    「基礎のコンクリートを流したんだけど雨が降り出してさぁ~。雨が降ったせいで強度が弱まることはあるのかなぁ???地震の心配とかあるから不安なの~~。」というような心配を抱えている方も多いかもしれないので、お役に立てばと思い、コンクリートと雨についてかんたんにまとめてみますね。

    シノハラ 家づくりのプロ(あめりか屋)
    • 16429
    • 10
  6. 家づくりの始まり

    上棟までの材料(構造材)を工場にて刻むこと。これをプレカットと言います。 現在、ほとんどの木造(在来)住宅の土台や柱、梁は工場にてプレカットされたモノを大工さんが建てます。 そのプレカットの工場を見てまいりました。 長さはもちろん、臍(ほぞ)、かま継ぎ、あり掛けなど昔は大工さんが行っていた仕事をほとんど工場の機械にて終わらせることができます。 たまに特殊な作りの家の時は大工さんが自分で刻むことはあります。 (こういう時は上棟が無事終わるまで大工さんはかなり緊張するそうで(汗)) 機械的になって間違えることがなく生産性は向上したと思う反面、少しだけ寂しさを感じてます。

    ハウス工房(株式会社ディアーコーポレーション)
    • 1338
    • 14
  7. RC住宅の基礎を見てみよう!

    有難うございますJPホームです。 建物をしっかりと支える役目を果たす大切な構造なのが基礎です。 言葉通り正に家の礎となり、地面と建物をしっかり繋ぎとめる訳ですから、地震や台風などの自然災害に強くなければなりません。 そのため強固な材質で造る必要があり、木造住宅でも基礎はコンクリートで造られています。 しかしながら家が建つと見えない部分になるので、華やかなインテリアや内装のお話とは異なり、役割の割には地味な存在です(ちょっと残念)。 形状もコンクリートで造られた平面の固まりですから大切なのは分かるけど、見た目ではあまり感想は出ないと思います。 しかし、このコンクリートの中には、大量の鉄筋が組み込まれています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 3032
    • 11
  8. 明るいトイレスペースと脱衣所の作成/内装リフォーム

    トイレスペースは、隅置きタンク型のトイレを背面タンク式ウォシュレット付きのトイレに入替え、腰壁を撤去し下地にベニアを張りクロスで仕上げました。脱衣所は、今まで脱衣所がなく寒かったり、娘さん家族がこられた時等、不便だったのでトイレ手前スペースに引き違い戸を半分潰して間仕切りの壁を作り入口ドアを取付け脱衣所をつ切りました。

    株式会社 建築工房
    • 1550
    • 2

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    45件中 1 - 20 件を表示