ランプシェード

ランプシェードとは、ランプのかさの部分のことを指します。オシャレなランプシェードを活用すればお部屋の雰囲気も大きく変わります。ランプシェードは各ブランドによって個性的なものが多く出ているので自分だけのお気に入りをみつけたいところ。ここでは、ランプシェードのDIY術も含め、アイデアをご紹介しています。

  1. 【使い方いろいろ】簡単リメイクで、バケツをおしゃれなアイテムにするアイデア3選

    水を入れる用途で使用されることが多いバケツですが、実はリメイクすることで他にもさまざまな使い方ができるんです♪ そこで今回は、バケツをリメイクしておしゃれなアイテムにするアイデアを3つご紹介します。バケツは100均などで簡単に手に入るので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。

    LIMIA DIY部
    • 12909
    • 27
  2. 海外インテリアに憧れて♪100均アイテムでフェザーランプシェードをハンドメイド!

    組み立てて 貼るだけ簡単!100均アイテムに軽やかなフェザーを使ったランプシェードを作ってみましたよ♪ 私の憧れ【スカンジナビアインテリア】 自然素材を生かし 白を基調としたシンプルで洗練された 遊び心あるデザイン♪ 日本住宅にも馴染みやすい北欧っぽさが魅力なんですよね! (検索から まとめてみたら こんな感じでした 間違っていたら ごめんなさい) そんなスカンジナビアインテリアでよく見かけるフェザーランプシェードの作り方はコチラ!

    ak3
    • 13252
    • 175
  3. 個性豊かなデザインが魅力!スタンドライトのある海外のハイセンスなお部屋20選☆

    お部屋のちょっとしたアクセントに、デザイン性の高いスタンドライトを配置して彩ってみませんか。個性豊かなスタンドライトはお部屋を明るく照らすだけでなく、その空間をさらにおしゃれにするスパイスとして活躍するはず。今回は海外instagramより、スタンドライトを配置したハイセンスなお部屋をご紹介!

    folk
    • 1666
    • 10
  4. 100円グッズで作れるランプシェード

    <材料(全て100円ショップで手に入ります)> 木工用ボンド、水、風船、麻糸(毛糸や紙紐でもOK) <必要な道具(全て100円ショップで手に入ります)> ボウル(ペットボトルやカップ麺の容器などでもOK)、 刷毛、使い捨ての手袋(なくても大丈夫)、ハサミ <作り方> 1)風船を、出来上がりのサイズになるように、膨らませる。  肺活量に自信のない人は、水を入れて膨らませるといいですよ。 2)木工用ボンドを水で溶く(ボンド2に対して水を1)。 3)2のボンド液に麻糸を浸す。使い捨て手袋をはめた手で揉み込むと早いです。 4)2のボンド液を1の風船に刷毛で塗る。  刷毛がなければ使い捨て手袋をした手で塗ってもOK。 5)3の麻糸を4の風船に巻いていく。  結び目に麻糸の端を結びつけそれを始点に、なるべくキツく巻くのがコツ。  ランダムに巻いてもいいし、毛糸玉みたいに一定の間隔で巻いてもいい。 6)巻き終わったら、さらにボンド液を刷毛で塗る。  風船よりもひと回り大きなボウルに液を入れて浸すと楽にできました。 7)全体的なバランスを見て調整したら、乾かす。自然乾燥でもドライヤーでも。 8)完全に乾いて、カチカチになっていることを確認したら、  風船にそっと穴を開けて、ゆっくりと萎ませ、しぼんだ風船を取り除く。 9)結び目側を既存の電灯に合わせて切り取り、かぶせるか、  スイッチ付きの電球を買ってきてセットすれば出来上がり。  小さいものをたくさん作り、100円ショップでも売っている電池式の  イルミネーションと組み合わせると、雰囲気のあるインテリアになります。 麻紐以外に毛糸や紙紐でもできるそうなので、いろんな色を作って、 テーブルや棚にオブジェとして飾ってもいいかも。 電球はLEDを使いましょう。白熱電球は、熱が出るので火事に注意してください。 白色電球よりは、暖色系の電球の方が雰囲気が出そうですね。

    恋子
    • 5087
    • 75
  5. 切る、貼る、つける、簡単3工程だけのランプシェードDIY

    100円のカゴを使って簡単ランプシェードをDIYしました(*^^*)とはいっても、カゴの元々の穴を広げるために少し「切って」、ほつれ防止にボンドで「貼って」、配線を「つけた」、だけの、たった3工程でできる簡単DIYです(*^^*) 電球のw数は低めをお勧めします。発熱発火の恐れがあるため。w数低いものは、長時間使用も大丈夫でした!!

    makkyfone
    • 5788
    • 61

32件中 1 - 20 件を表示