切妻屋根

「切妻屋根」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「切妻屋根」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 施主の想いを理想的な形にした、自然とともに暮らす家

    ミツバツツジが自生する高台に建つS邸。大きな開口部の向こうには山々が広がり、春山に萌える新緑、夏の深い緑、錦秋の山、そして雪景色と、四季の移ろいが楽しめます。多種多様な木々を植樹した広大な庭には鳥たちが集まり、そのさえずりで目を覚まし、高台を抜ける風と射し込む光を肌で感じ、虫たちの声のBGMに耳を傾ける……。そんな「自然とともに暮らしたい」というSさん夫妻の想いを形にしたのは、空間設計aunの宮崎 晋一さん。建築に造詣が深い施主とともに二人三脚で創り上げた理想の住まいをご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3435
    • 40
  2. インルームバルコニー&中庭がアクセント!天然杉を贅沢に使った「切妻屋根の家」

    周囲に溶け込む落ち着いたグレーの左官壁と、三角屋根が印象的なつくばみらいの家。一歩中に入ると、目の前には薪ストーブを備えた広い土間が。そして2階には、杉の無垢材を豊富に使った開放的な空間が広がる。「書斎やリビングなど、細かい間取りに囚われない自由に過ごせる空間をつくりたい」。そんな思いを込めて設計を担当した建築家・岩瀬卓也さんの、美的センスとこだわりが詰まった家づくりをご紹介しよう。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3098
    • 15
  3. 無垢の木材の魅力に着目!2人の子どもの成長を見守る、2枚の大きな切妻屋根の住まい

    ご両親が所有し、居住する敷地の一角に住まいを構えることになったYさんご一家。親子とはいえ、適度な距離感やプライバシーへの配慮、そして効率的な土地の利用が求められます。せっかく理想の住まいをつくるのであれば、2人のお子さんの成長を見守ることができる家づくりにこだわりたいものです。今回、そんなYさんご一家の暮らしを見守り、支えていく家づくりを手掛けた、一級建築士事務所 スタジオグリーンクラフト代表の日部(かべ)友裕さんにお話しを伺いました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2171
    • 6
  4. haus-duo/二つの棟が重なり奏でる新鮮なハーモニー

    個人住宅 2017年04月完成 家族構成:夫婦 所在地:兵庫県赤穂市板屋町 用途地域:第一種中高層住居専用地域 敷地面積:322.30㎡ 主要用途:専用住宅 構造:木造 地上2階建て 延床面積:99.89㎡ 容積率:31.00%<200% 建築面積:69.41㎡ 建蔽率:21.54<60% 最高高さ:7.330m 設計:一級建築士事務所haus 施工:有限会社フジモトコーポレーション 撮影:PHOTO OFFICE JOUER 森本大助 広い敷地に限られた予算内で住宅を計画する場合、周辺空地が多くなるといかにも寒々しい印象を与えてしまいます。 幅の広い前面道路に面ししたこの敷地では道路斜線規制による影響は少なく、道路に向って45度に開く同形対の建物形状『duo』とし、敷地に対して間口があり程良い比率の建物が建っているかのように見せかけ、見えにくい奥側に空地を残しています。 また45度に交わる二棟の先端部分には三角形の中庭があり、近隣からのプライバシーを保ちながら採光と通風が得られます。 内部はリビングが2階天井高までの吹抜となっており、中庭の存在による広がりや、45度に交わる空間どうしの視覚的な楽しさにより外部からは想像できない非日常空間となっています。

    一級建築士事務所haus
    • 2565
    • 9
  5. 自然の中で愛犬と暮らす家とペットが泊まれる宿

    長崎県諫早市の有明海を望む高台に、愛犬ゴールデンレトリーバーと暮らす家兼宿があります。 ペットと泊まれる宿は、全国から愛犬と共に泊まりに来られます。 木造平屋(一部2階建)の建築は、いぶし瓦の切妻屋根と草屋根の片流れ屋根が周囲の景観と溶け込み、昔からあった様な佇まいを見せています。 雲仙普賢岳を望むドッグランと草屋根は同じ芝生を敷き、周囲の段々畑の延長としての景観になっています。 仕上げは、土、漆喰、焼杉板、いぶし瓦、無垢板、和紙・・・、と自然素材を使用し、犬の行動を考慮し、人にも犬にも優しい空間に仕上げています。

    虎設計工房
    • 1226
    • 20

おすすめ

話題のキーワード