省エネ住宅

「省エネ住宅」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「省エネ住宅」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. OB様邸暮らし体験会|北欧インテリアのお手本 1.5世帯リボンウィンドウハウス

    2018年7月28日(土)14:00-16:00 タイコーで実際にお家を建てられたOBのお施主様邸見学会を開催いたします。 ・家づくりを何からはじめたら良いのか分からない。 ・会社選びで迷っている ・家づくりに不安を感じている そんな時には実際に家を建てた先輩にお話を聞くのが一番だと思いませんか? 家を建てようとしたきっかけからタイコーに決め、家を建てて住まわれるまでの経緯。 家づくりの中でよかったこと、こだわったこと、苦労されたこと、また、実際に住まわれてからのご感想などを直接OBのお施主様から聞くことが出来ます。 気になっていることや不安なことも直接OB様にご質問できる機会となっています。良いことも悪いことも包み隠さずお話いただけると思います。たくさん質問をしてたくさんアドバイスをもらって下さい! また、新築してすぐの完成見学会ではあまり想像することの出来ない実際の暮らしも、自分に置き換えて想像しやすいのではないでしょうか?

    タイコーアーキテクト
    • 2197
    • 4
  2. プロが教える!3歩先の家づくりセミナー

    理想の住まいについて、あれこれと考えを巡らせるのは本当に楽しいもの。 様々な情報が行き交う今の時代、正しい情報を集め、適切な判断を下すことは難しいように思われます。 タイコーの家づくりセミナーは、皆様が正しい知識を持った上で、真の豊かな暮らしを手に入れるための家づくりの基礎知識を学ぶことの出来るセミナーです。 これから家づくりを始める人や、家をどう建てればいいかお悩みの方など、様々な段階におられる皆様に、このセミナーを受けることで今一度「豊かな暮らし」とは何か。家づくりでは何を一番に考えるべきなのか。を考えるきっかけを掴んでいただき、お家づくりの参考にしていただきたいと思います。 <開催概要> 日時:2018年3月4日(日)13:30-16:00 場所:東鴻池太閤苑コンセプトハウス(〒578-0973東大阪市東鴻池町5-9-21) 講師:株式会社タイコーアーキテクト代表取締役 羽柴仁九郎 駐車場:あり 定員:3組まで 参加費:無料 申込方法:完全予約制のため、弊社HPご予約フォームもしくはお電話(フリーダイヤル/0120-01-8500)よりご予約下さい。※先着順ですのでお早めにご予約ください。

    タイコーアーキテクト
    • 1416
    • 1
  3. 住まいの省エネおすみですか?

    住宅の省エネ性能を向上させることで、エネルギー消費を抑えて、光熱費の削減につながっていきます。快適で健康な安全安心な住まいを提案します。 横浜市省エネ住宅相談員が相談にのります 横浜市省エネ住宅相談員とは? 省エネ住宅の新築建設・リフォーム計画の際に適切な工法の提案する、省エネ住宅の総合的なアドバイザーです。

    M設計工房
    • 2371
    • 1
  4. 失敗しない!理想の家のつくり方

    暮らし方をデザインすることで家づくりが楽しくなります。 暮らしを家や敷地のカタチに押し込めないで、自由な発想でつくる方法を 知ることができます。 脱LDKから始める間取りのつくり方や暮らしや個性のしつらえを考えると 家づくりも楽しくなってきます。 賢い人なら知っておきたい!建築家とつくる理想の家。 そんな勉強会を開催しています。

    プラネット環境計画
    • 1386
    • 7
  5. 東京で暮らす終の棲家

    90代のご家族が暮らす2世帯住宅。1階は車イスで移動ができるようにバリアフリーとし、寝室の隣にトイレや洗面、浴室を配置しました。介護のご家族のために機能的なプランとしました。キッチンの壁には、長年住んだ記憶の床柱を取り付けました。2階は若いご家族のためのスペース。閉じると1LDK開放するとオープンな空間となります。

    プラネット環境計画
    • 747
    • 6
  6. 省エネ住宅

    自分のメモのためにUPしておきました。 工程表につきましてなんだこれは、見づらいな。 と思われるかもしれませんが、これは2014年に発表されたものですから、 3年前のものになりますが、COP21にも国が宣言したとおり、 経済産業省は粛々と省エネについて準備をしています。 LCCM住宅、ZEH住宅が当たり前の住宅になるのが目の前に迫っっている状態ですので、この波に乗り遅れないようにしないと、折角新築で建てた住宅の 省エネでの評価額は下がってしまいますし、もし仮に転売するようなことに なった時の評価額も下がってしまうようなシステムになってしまいます。 私も断熱材勉強で、色々と調べえいる内に知りましたので、 こんな暖かい九州の鹿児島でさえ、省エネ住宅を作らないと いけないご時世になってしまいましたね。 前日、60歳近い方に、「そこまでしなくてもいいのではないの??」 という意見がありましたが、国が世界に公言してしまいましたので、 それにならわないと、ちょっと損するのかなと思いました。

    江口設計
    • 452
    • 6

おすすめ

話題のキーワード