風呂敷

風呂敷に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく風呂敷についてご紹介しています。

  1. 2/23はふろしきの日♪使いこなせるとかっこいい活用術まとめ

    2月23日は「ふろしきの日」です! ふろしきは、昔は日常生活になくてはならない存在でした。最近でこそ、機能性やおしゃれさが見直されていますが、まだまだふろしきには隠された可能性がありますよ♡ 今回は、ふろしきの意外な活用の仕方をまとめてご紹介しているので、あまりなじみがないという人も、普段から使っている人もぜひ参考にしてみてくださいね♪

    LIMIA編集部
    • 7000
    • 58
  2. 【LUSH】ラッピングにもヘアアレンジにも♪おしゃれな《Knot Wrap(ノットラップ)》

    入浴剤やヘアケア用品のイメージが強い〔LUSH〕。実はラッピングやヘアアレンジに使える、《Knot Wrap(ノットラップ)》というおしゃれな風呂敷を販売していることをご存知ですか? 今回はそんな〔LUSH〕の《Knot Wrap》を使い方も合わせてご紹介します♪

    LIMIA お買い物部
    • 23693
    • 120
  3. インテリアとしてのふろしき活用術【秋のリースとうさぎ包み】

    暑い夏が過ぎ、秋も深まって来ましたね。 今年もまた日本各地で、美しい紅葉が楽しめることでしょう。 日本の四季って本当に良いですね。 秋は四季の中でも一番 “ 和 ” を感じられる季節だと思います。 ふろしきは素敵な伝統的な和文化の一つです。 でも、難しい作法があるのでは…決してそんな事はありません。 でも、もしも敷居が高い様なら、ふろしきをインテリアとして活用して、ちょっとだけでも、和の文化に触れて見ませんか? お気に入りの柄や季節にあった柄のふろしきを使い、玄関やリビングを素敵に飾って、家の中でも秋を楽しんで見ましょう。

    TINY*WORKSHOP/T.FUJIWARA
    • 6797
    • 70
  4. インテリアとしてのふろしき活用術 【リース】

    師走に入り、何かと多忙の折とは思います。 素敵なクリスマスや、新しい年を迎えるための準備は進んでいますでしょうか? お正月はまだだけど、クリスマスの飾り付けは、もう行ったという方は多いと思います。 クリスマスの飾りというと、やはりツリーですが、玄関やお部屋のドアにはリースを飾りたいですね。 今回は、ふろしきを使って作ったリースを、ご紹介させていただ来ます。

    TINY*WORKSHOP/T.FUJIWARA
    • 4421
    • 44
  5. ふろしきで隠す収納

    遅くなっしまいましたが、今年もよろしくお願いします。 今年も素敵な手仕事をご紹介できる様頑張ります❤︎ ところで、急な来客がある時、部屋がものすごく散らかっていたらどうしますか? 恥ずかしながら、私はそれ結構日常茶飯事です。 片付けの時間がない時は応急処置として、ふろしきを使ってかくしてしまいます。 ふろしきの機能の一つに覆うがあります。 身体を覆い寒さや雨から守ったり、物に覆えばホコリや衝撃からも守ることができます。 さらには覆いかくしてしまうこともできます。 今回は私の手仕事作業部屋に急な来客がいらっしゃるというのを想定して、風呂敷でかくす収納してみたいと思います。 でも、あくまでも応急処置ですよ。

    TINY*WORKSHOP/T.FUJIWARA
    • 2310
    • 12
  6. インテリアとしてのふろしき活用術

    ふろしきは持ってはいるけど使い方がわからない。 また、実家のタンスの中には、使われていないふろしきがたくさんある。 そんな方は、意外と多いのではないですか? ふろしきの使い方は、菓子折りや荷物を包み、持ち運ぶだけではありません。 ちょっとしたアイディアで、インテリアとしても活用することが出来ます。お気に入りの柄や季節にあった柄のふろしきを使い、お部屋の中のインテリアとしても、活用できる包み方をご紹介いいたします。

    TINY*WORKSHOP/T.FUJIWARA
    • 3462
    • 25
  7. ボジョレーヌーボーをラッピング

    今週、ボジョレーヌーボーが解禁になりました。 今年のボジョレーヌーボーのキャッチコピーは、「記憶に残る素晴らしい出来栄え」だそうです。 私は毎年このキャッチコピーが、どのようなコピーになるのか楽しみにしています。 さて、今日から三連休の方も多いと思います。 家族で旅行に行ったり、お友達とお出かけしたりと、素敵なご予定があるのではないでしょうか? 今年最後の三連休です、楽しみたいですね。 ホームパーティーにお招きいただいたら、手土産として、ボジョレーヌーボーをお持ちするのはいかがしょう。 手土産としてお渡しする際、そのままお店の袋に入れて渡すより、一手間をかけ、素敵にラッピングをしてお渡しすることをおすすめします。 中は同じワインでも、一手間かけてラッピングをすれば、贈る側も、贈られる側もとても嬉しい気持ちになります。 会話もはずみ、きっと、ますます楽しいホームパーティーになることでしょう。 そんな、ボジョレーヌーボーのラッピングを2つご紹介させていただきます。

    TINY*WORKSHOP/T.FUJIWARA
    • 1579
    • 10