庭のアイデア(21ぺージ)

住まいに欠かせないお庭。お庭の楽しみ方にはたくさんの方法があります。新鮮な野菜を育てることができるキッチンガーデンをつくるのもよし、レンガの小道をDIYするのもよし、ガーテニングのためのスコップやジョウロにこだわるのもいいですね。ここでは、お庭をさらに豊かにするためのアイデアを紹介します。

  1. セレブも注目!グランピング気分に浸れるアウトドア家具シリーズ

    春が近づいてくると、アウトドア気分が高まってきます。自宅でグランピング気分に浸りたい! そんなときにおすすめしたいアウトドア家具がディーゼルのホームコレクションライン「DIESEL LIVING(ディーゼルリビング)」の新作。ミリタリーをイメージしたアウトドア家具シリーズ「WORK IS OVER(ワークイズオーバー)」が加わりました。

    LIMIA ニュース部
    • 6711
    • 14
  2. 「#00a497」通り土間のある家。竹小舞を掻いてつくった土壁。

    敷地は南区翠にあり、面積は広いが形状は細長い敷地だ。主なご要望として、和風・自然素材の使用・茶室・庭などの他に、「水害対策」や「長期優良住宅」があった。 外観のデザインにこだわりながら、近年、頻繁に起こっている水害に考慮し、生活スペースの床を元のレベルより130cm程上げた。 また、外壁は小舞を掻いて土壁を塗り、漆喰で仕上げた。長期優良住宅の基準を満たすために、土壁の外側に羊毛の断熱材を使い、それぞれの性能を生かせるようにした。 建物正面の引戸を開けて中に入ると、京都の町屋にある通り土間のような空間に入る。正面の吹抜から光が落ち、さらに進むとその奥の庭が見えてくる。LDKには土間スペースがあり、土間と庭のデッキがつながり、敷地にそった細長い部屋に奥行きを持たせる。 庭は川石を敷き、木の塀に向かって土を盛り上げて奥行き感を出した。通勤に毎日通るこの道は、季節ごとに様々な景色を魅せてくれる。・・・タイトルの「#00a497」は、日本の伝統色、あおみどりのカラーコード 。

    arch-plus
    • 813
    • 3
  3. 玄関土間で家族をつなぐ上尾の家。木造2階建てのお住まいのご紹介。

    大きなファミリーの中で暮らすと、大人も子供もおおらかになります。だからもちろん、家だっておおらかな質に仕立てるのです。この家族の場合、ファミリーの家々がおじいちゃんの畑を囲むように建ち、子どもたちはそこで、お父さん・お母さんに加え、おじいちゃん・おばあちゃん・おじちゃん・おばちゃん・いとこたちと共に過ごします。ファミリーの他の家は、自分の家同然だし、他の人もすぐに自分の家に上がってくるという具合です。だから玄関にはベンチとなる式台を設え、そこにある大きな1枚扉の引戸を開けると、そこはもうLDK。間を結ぶような廊下は作りません。靴のヒモなんて結んでいられない。何よりツッカケが似合う家なのです。

    カサボン住環境設計株式会社
    • 2089
    • 10
  4. わが家でリゾート気分を満喫

    お手入れが大変な芝生のお庭に、ライフスタイルの変化にあわせて手間のかからないアウトドアリビングを造りました。 石張りのテラスにシンメトリーに配置した細格子のウッドフェンス&パーゴラで構成。 テラスからの眺めを遮断することもなく広さを感じることができるデザインで、エスニックの雰囲気を演出しています。

    株式会社ハイブリッドホーム
    • 5007
    • 12
  5. 庭を楽しむ和モダンの家-古い平屋のリノベーション-

    親子2人と犬2匹が暮らす築40年の木造平屋建て住宅をリノベーションした。 建物は年数を重ねていたが、深い軒と様々な樹種が植えられ綺麗に手入れされた庭が印象的だったためこの家がもともと持っていたポテンシャルを最大限に引き出し、かつ、住み手のライフスタイルに合った計画を目指した。 屋根と構造体以外は老朽化が進行していたため、それらを残し内外装全ての更新をおこなった。 間取りは、北側に位置し薄暗くて寒かったキッチンとダイニングを家の中央に配置し、そこから各スペースを展開させることでそれぞれの空間がきちんと機能し、今までは持て余していたデッドスペースも有効的に使えるよう再編集した。また、パブリックなスペースを中央にとることで、平屋特有の長い廊下がなくなり、面積の有効利用にもなっている。 外に対して水平方向の伸びやかな抜けをとるため、あえて天井を少し下げ、軒天井と高さを揃えている。同様に庭との間に設えた濡縁により、床面が軒先まで続いているような錯覚をもたらし、庭との距離感を縮めている。 外壁は、グレーに染色した杉板を張り、経年変化を楽しめる素材を使った。内壁には、門柱で使われている大谷石を部分的に張り、仕上げのアクセントとしている。 季節や日々の移ろいを感じながら、ゆったりとした時間の流れる大らかな家ができたと思う。 主要用途: 住宅 設計:株式会社AIDAHO 施工: AIDAHO工務店 所在: 埼玉県深谷市 延床面積: 105.58㎡ 竣工:2015年11月 写真: 本多康司/本多康司写真事務所

    aidaho
    • 3249
    • 20
  6. 土地の高低差を活かした、暮しに花と緑があふれる家

    2007年竣工のお宅です。外回り全体のデザイン・施工を担当させていただき、現在でも年2回ほどアフロ自ら植物を中心としたお庭のメンテナンスにうかがっています。 弊社の施工例としても、緑をふんだんに取り入れることにより土地の高低差を美しく活かすことのできたエクステリアとして、年月を追うごとに味わいを増してゆく庭として、とても完成度の高いデザインになりました。

    株式会社アフロとモヒカン
    • 1409
    • 18
  7. 八幡山の二世帯住宅

    約12.9坪の敷地に建つ、家族7人のための『城』。    角地に2方向からかかってくる道路斜線を天空率で躱したトンガリ屋根の下、 玄関とお風呂を共有する二世帯のための住空間を積み重ねた。 階高を抑えた3階建てながら、梁をあらわしにすることにより室内寸法を確保した。 出窓を最大限利用した居心地の良い各コーナー、 光が燦々と降り注ぐ吹抜け、 階段上部を利用した書斎、 シンボルツリーを植えた庭、 物見台のような物干テラスなど、 狭小住宅らしからぬ開放性と空間的な楽しさに満ちた住宅。

    アトリエハコ建築設計事務所
    • 766
    • 2
  8. 光と陰、庭との繋がり 【前橋みなみモデルハウス】

    高い天井と低い天井、明るい所と暗い所。 それぞれの良さを活かした、メリハリのある空間デザインが魅力のモデルハウスです。 板張りや梁の魅せ方の工夫で視線をコントロールし、感じられる空間を広げることができています。 あえて明るさの少ない場所を造ることで、質感を高め、心落ち着くひと時を演出します。 家と庭との一体感を高めるため、中庭のように設けられた植栽スペースは、穏やかな家族のコミュニケーションを育むでしょう。 いつまでもそこにいたくなるような非日常感を、味わってみませんか。

    四季の住まい株式会社
    • 744
    • 6
  9. PEACE HOSTEL SANJO 京都、異国文化の交流ホテル

     京都三条にある外国人向けホステルのお庭をつくらせていただきました。日本へ旅行に来られた外国人のお客様に、お庭も含め楽しんでいただけると嬉しいです。一階には共有スペースがあり宿泊者同士で交流できたり、キッチンで料理をつくり楽しんでいただけるそうです。もちろん日本の方も宿泊できますので、京都に訪れましたら是非お立ち寄りください。

    GREENSPACE
    • 962
    • 6
  10. 湘南ライフ "ビーチライフを満喫できる住まい"

    鵠沼海岸駅より徒歩5分、優しい木の温もりが印象的な"hale211" 優しい色合いのキッチンや開放的なリビングの他、お庭やガレージなど趣味の楽しみが広がりそう。 海岸からも程近いこの住まいは、「湘南ライフ」を満喫するのにぴったりな空間です。 その他詳細はこちらより http://shonanlife4woman.com/housing/1732

    Shonan Life for Woman
    • 1062
    • 7
  11. 小さな中庭と大きな縁側

    静かな住宅地に計画したコートハウスです。プライバシーを確保しにくい二面道路の条件の下で、緑豊かな周辺環境との連続性や開放感のある住まいとするため、建物中央に中庭を設けて諸室へ光と風を導いています。LDK、和室、家事室、洗面室、浴室、寝室、音楽スタジオ、と多くの所要室を中庭の周りに配置することで、効率よく回遊性のあるプランニングを行いました。ランニングコストの削減と、輻射による体感の良い空調を行うため、建物の床下全面に敷設した蓄熱・蓄冷ユニットにより冷暖房を行うシステムを導入しています。(撮影:笹倉洋平)

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 2446
    • 16
  12. 閉じながら開くコートハウス

    緑が多く残る地域、近年市街化が急激に進み日々街の風景が変わり続けています。のどかに広がっていた水田・里山の風景は宅地となり、新しい街並みに変化しつつあります。敷地はこの地域の一つの角地に位置します。道路隔てた北側には公園予定地、はす向かいは生産緑地(農作地)、そのような角地の特性を生かすプライバシーを守りつつも地域に開かれた計画としました。

    松原建築計画
    • 2257
    • 17
  13. 癒やしの空間をグリーンで

    室内にグリーンを飾りたいのですが枯れてしまう?枯れるのには原因があります!光、水、風室内でグリーンを楽しめる環境をご提案します。 ◎植物は太陽の下、光合成をします。そして葉を成長します。  →室内で育てるには光が必要不可欠です。専用ライトが必要です。 ◎植物を枯らす原因の一つが水のやり過ぎかやらなさすぎ  →水やりのタイミングがわかれば枯らす確立が減ります。 ◎通気性が悪いと病気になります。  →室内の空気を循環させる事で防げます

    cotoha
    • 1738
    • 15

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    556件中 401 - 420 件を表示