庭のアイデア(19ぺージ)

住まいに欠かせないお庭。お庭の楽しみ方にはたくさんの方法があります。新鮮な野菜を育てることができるキッチンガーデンをつくるのもよし、レンガの小道をDIYするのもよし、ガーテニングのためのスコップやジョウロにこだわるのもいいですね。ここでは、お庭をさらに豊かにするためのアイデアを紹介します。

  1. 軽井沢のVILLA

    南に向けてなだらかに傾斜している土地形状でした。視覚の広がり、通風、採光等すべてが好条件となる南面の中央に、フルオープンのワイドサッシを備えたリビングを配しました。サッシを開け放てば、葉ずれのざわめき、鳥や虫の声が耳に響き、閉めれば軽井沢の自然が絵画になります。北側も中央を大きなFIXガラスとする事で南北の景色がつながる開放的な空間としています。まさに木立の中で暮らしている感覚を楽しむ事が出来ます。南側にはリビングの床と同レベルのデッキを設け、フロア全体の連続性と広がりを表現。上下階の広がりも演出するため、リビングに吹抜けを設け、ブリッジを通しました。2階の寝室をつなぐ通路です。オブジェのように設けたアルミトラスのスケルトン階段は踊場も強化ガラスとしています。北側は道路なのでプライバシーを守るため、穴あきレンガに鉄筋を通し、モルタルを詰めながら積上げています。上部には鉄骨の梁を水平に通し、鉄筋を溶接しレンガ積みの構造上の配慮をしています。さらにその上にはレッドシダーの木の目隠しルーバーとしました。レンガの穴とルーバーの隙間から漏れる光が夜の美しいファサードを作っています。

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 2383
    • 10
  2. 片瀬山の家/リニューアル

    30年たったコンクリート造住宅のリニューアル(リフォーム)です。PUUTARHURIN PARHAATはフィンランド語で『最高の庭師』の意味。湘南の海と富士山を一望する高台にある築30年のコンクリート造の住宅をリニューアルするにあたり、その眺望の範囲を庭ととらえ、庭と内部のシークエンス(連続性)を大切にしました。2階のフォーマルなLDKから眺める、海や富士山。ファミリーのための1階LDKと連続する庭には長さ4m近くの特注テーブルと、大人数が集える馬蹄形木製ベンチを設けました。そのそばには、直径1,300㎜もあるすり鉢状のバーベキュー用鉄板のベースを用意。耐候性鋼板といって最初から鉄板を錆びさせそれ以上錆が進行しないような処理をしてあるので海のそばでも心配ありません。シンボルツリーはゴールデンウィークの頃白い可憐な花を咲かせ、6月(ジューン)には赤い実をつける。この庭に囲まれた家で家族や友人と過ごす時間は湘南の地で暮らす事の幸せと悠久のこころの豊かさを与えてくれる事を確信しています。(PUUTARHURIN PARHAATというタイトルのフィンランド・マリメッコ社のロールスクリーンをキッチンに使っています。)

    Mアーキテクツ/高級住宅 豪邸 別荘 注文住宅
    • 2707
    • 9
  3. 自宅の小さな空間を、こだわりのインテリアフラワーでお洒落に演出

    自宅の小さな空間をオシャレに演出するインテリアフラワー をお作りになりたい方が多くなってきています。ご自宅の中でも戸外でも、気軽にかつクオリティーの高いお花を飾れる、という魅力がいっぱいのアーティフィシャルフラワーをご紹介いたします。

    フラワー&ジュエリーデザイナー星野久美
    • 3116
    • 13
  4. 住宅と庭のあり方について考える空間 安城の家

    住宅地での”住宅”と”庭”のあり方について考える空間でした。コンセプトは建物と残りといった主と従の関係ではなく、内部と外部がお互い対価である関係を築き半分が「住宅」もう半分が「庭」という「家」です。 それに呼応するように僕たちからは樹木が生活のそばにあるということの面白さと、樹木にもう一つのはたらき(機能)があれば面白いのではという提案をさせて頂きました。もちろんですが大前提に理解ある素敵なお施主様ご家族がいらっしゃったので形になったものです。 庭が生活の一部に溶けこんだ豊かな住まいになったらいいなと思います。

    GREENSPACE
    • 1980
    • 7

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    493件中 361 - 380 件を表示