パッシブソーラーハウス

「パッシブソーラーハウス」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「パッシブソーラーハウス」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 吹き抜けに読書コーナーのある家

    逗子市の郊外、小高い丘の麓にその丘の木々の緑を取り込むように、若い夫婦と二人の幼い女の子のための家を計画しました。 各部屋の間はほとんど間仕切りのないオープンなプランとして、家族の気配がどこにいても感じられるように考えています。又、屋根で受けた太陽の熱を床下の基礎に蓄熱する、パッシブソーラーシステムを採用しているために、このオープンなプランのどこにいても均一で快適な温熱環境を手に入れることが出来ます。 音楽と本の好きな家族のために、階段の踊り場をゆったりと取り、ベンチと本箱を設けています。ベンチの前の吹き抜けに面した大きな開口部から裏山の緑が眺めることが出来、家族にとって一番のお気に入りの場所となりました。 オーク材のフローリング、漆喰の壁、杉板の天井と天然素材を使ったインテリアは、住む人にとってやすらぎの感じられる気持ちの良い空間になっています。

    想設計工房
    • 3119
    • 51
  2. 雑司が谷ZEH・ゼロエネハウス

    「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の認定をとった超省エネの地中熱利用パッシブソーラーハウスです。5.25kwの太陽光発電で年間エネルギー収支をマイナスにすることが出来ます。そのような高性能でありながら大きな窓と吹抜を持ったゆったりした空間を実現しています。非常に東西に細長い3階建てプランですがSE構法により耐震性能も最高の3等級とすることが出来ました。性能、使い勝手、デザインすべてが高いレベルで調和した住宅です。

    SUR都市建築事務所
    • 1339
    • 18

おすすめ

話題のキーワード