明るいリビング

「明るいリビング」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「明るいリビング」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 甲南の家(グランピングリゾートのような軒下のある家)

    軒下の家 古くからの家の立ち並ぶ住宅地で、母屋に隣接して建てられた住宅です。 クライアントの要望の中に『“グランピングリゾート”のような空間で暮らしたい』というキーワードをもとに、日頃の生活とはちょっとちがう時間を過ごしてもらえるような空間にできないかと考えました。 グランピングは、手間を無くし、快適にアウトドアを楽しむ空間を提供してくれます。 そんなグランピングの魅力である空間を住宅に付属させることで、内部的な外部空間をつくりだしています。 テントをイメージさせる三角屋根の軒をウッドデッキまで伸ばし、軒を深くすることで、テントを張る手間を無くし、アウトドアを楽しめるような外部空間を作り出しています。 ウッドデッキへ面する壁は、ガラス張りにしているので、外部から内部まで伸びた7.0mの梁が繋がって見え、より一層、内部と外部の空間を緩やかに繋げています。 窓を開放すれば、室内にいながらもアウトドアを楽しむことができます。 窓を開け椅子やテーブルを並べるだけで、外部空間は内部的空間へと姿を変え、非日常的な空間へと導いてくれるでしょう。 非日常な空間を望んでいたクライアントにとって、非日常な場所が日常な場所へと変わっていくことにも期待しています。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 641
    • 1
  2. 築38年、壁を取り払い、光あふれるリビングに

    一時期オーストラリアに住んでいたHさんご一家。 帰国後も豊かな自然のある場所を求めて、世田谷区の閑静な住宅街にある戸建ての中古物件を購入し、リノベーションすることに。 まずは思い切って2階にあったバルコニーと1階の庭の木を撤去。さらに、 3部屋に分かれていた1階は、壁をすべて取り払うことで、一続きの光あふれる明るいリビングへと生まれ変わりました。天井を高くしたために出てきた黒い鉄骨はご主人が気に入り、新たに天井に取り付けた木のルーバーと共にそのまま生かしました。 庭があった場所にはウッドデッキを造り、リビングの延長として外を楽しめる空間を造作。奥さまの希望により、家の前にあるご神木が見える位置に窓を造りました。戸建ならではのリノベーションが生きた、素敵なお家が出来上がりました。

    ブルースタジオ
    • 4016
    • 16

おすすめ

話題のキーワード