そよ風

「そよ風」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「そよ風」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 隣地は3mの崖地!2階リビングで眺望を手に入れた東向きの家。

    敷地は、東西に長い矩形で、西と北が道路に接し、東は隣地が3m下がった崖地でした。南には、2階建てアパートが計画されており、採光が期待できないことから崖地の高低差を利用した東向きの家としました。 お施主様のご要望は、妻方のお母様とお施主さまご家族(夫、妻、娘)とが、お互いのプライバシーを確保しながら暮らすことができる2世帯同居住宅とすることでした。 具体的には、①スナックバーを経営する旦那さまが、日中に静かに眠ることができるようにしたい。②お母様の生活とお施主様ご家族の生活はできるだけ分離させたい。③世代交代しても住みつなぐことができ、近い将来にはカフェを営むことができる間取りと、来客用の駐車スペースが欲しい。④風水を考慮して、門を北向きに設け、子供部屋は東側にしたい。というもので、お母様とお施主様ご家族の生活スペースを階別に明確化し、1階には、お母様の空間を玄関近くに設けることで、世代交代後に客間として機能するようにし、カフェへの転用を考えたフリースペースと駐車スペースを補うビルトインガレージを設けました。2階は、東側に子供部屋を設け、スキップフロア構成とすることで広がりを与えています。

    清建築設計室
    • 1372
    • 13
  2. 「人も空気も回遊する」一色のソーラーハウス

    小高い山の東側斜面の中腹に位置する敷地に、クライアントのかねてからのご希望であるパッシブソーラーシステムを設けた一般的な大きさの住宅の計画です。 冬場は屋根の熱を床下空間に送り込み家全体を暖める。夏場は屋根面は排熱し、床下の涼しい空気で家全体を冷やす。
何れにしても空気がよどみなく家中流れるようなワンルームに近いプランが求められます。同時に人も。内部、外部問わず行き止まりの無いプランは、2階リビングの場合に希薄になりがちな外部との関係性も解消されています。 葉山らしいライフスタイルにあった建物ではないかと思います。

    アーキラボ 一級建築士事務所
    • 528
    • 1
  3. 緑を楽しむ平屋の家

     なだらかな南斜面の丘を切り開き、石積みで土留めされた比較的新しい分譲地に建つ四人家族の家である。周囲には家が建ち並び、近隣の住宅が迫ってはいたが南東方向に公園があり、そこからさらに遠方を見通せる敷地だった。  まだ幼い二人の子供の成長を見守りながら穏やかに過ごせる家が欲しいとの要望から、建物は土に近い生活ができる平屋で計画をはじめた。周囲、そして庭との関係性を考えながらゾーニングしていき、居間棟と寝室棟のふたつに分け、書斎を兼ねた廊下でつなぐこととした。居間棟は公園に向かって開き、もう一方は南に接する隣家を隠すように角度をつけて配置した。囲われるようにできた雰囲気の違う二つの庭は、室内を移動するごとに様々な表情を見せ、植えられた樹木が四季の変化を感じさせてくれる。

    松原正明建築設計室
    • 1040
    • 7
  4. ゆふのいえ

    ゆふのいえは約43坪の住宅です。1階にはビルドインガレージとお母様のお部屋、フリースペースを配し、2階はお施主様ご夫婦とお子様のための空間となっています。 外観は、チャコールグレーと薄いベージュという落ち着きのある配色で仕上げ、斜線制限をかわすように掛けた切妻屋根の上には、集熱式の次世代ソーラーシステム「そよ風」を搭載しています。内部はスキップフロア構成により視線と動線をずらすことで空間に広がりを与えながら、大容量の床下収納を確保しています。 もっと写真を見たい方は下記URLにアクセスしてご覧下さい。 http://www.seiarchitect.com/yuunoie.htm

    清建築設計室
    • 604
    • 4

おすすめ

話題のキーワード