景観に馴染む家

「景観に馴染む家」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「景観に馴染む家」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. まるで避暑地の別荘のよう! 地域からも愛される、雑木の庭が気持ちいい住まい

    平和公園にほど近い、閑静で緑豊かな住宅街に佇むKさん邸。「大きな窓から緑を感じたい」という施主の希望通り、敷地の南側に広がる庭には落葉樹と常緑樹がバランスよく植樹され、周辺の環境とも美しく調和しています。設計を手掛けたのは森建築設計室の森さん。「別荘地のような雑木の庭のある、住まう方からも、周りからも長く愛される家」をテーマに、果たしてどんな家が誕生したのでしょう。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1958
    • 17
  2. 1階は光あふれる生活空間、2階は大屋根に守られた完全プライベート空間。 里山の環境にとけ込む、平屋のような2階建て。

    「建築」とは「人の居場所づくり」である。これが「のざき設計」の野崎さんの設計コンセプトだ。住まいだけではなく、オフィス・店舗設計でも同じで、住宅なら「住む人」、クリニックなら「クリニックにくる患者さんや働く人」。患者さんの場合は、待合室で暇な時間があるだろうから、雑誌立てを作って…など、その空間を使う人たちが、どうすれば気持ちよく過ごせるか、そんな思いを一番大切にしている。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2128
    • 13

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード