ファイナンシャルプランナー

「ファイナンシャルプランナー」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ファイナンシャルプランナー」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. お金の知識は大人の常識!いまこそ、FP3級取得のススメ

    「将来がなんとなく不安」と漠然と悩む人は少なくありません。そんな人には、もっとお金の知識が必要なのかもしれません。そこでオススメなのが「ファイナンシャルプランナー3級」の勉強をしてみること。お金に関する最低限必要な知識が身について、家計管理にも役立ちますよ。

    LIMIA編集部
    • 24776
    • 96
  2. 経験と資格が鍵を握る!40代女性向けの転職ポイントをご紹介

    「年齢が上がるほど転職は難しくなる」そうお考えの方もいるかもしれませんが、一概にそうはいえません。求人募集を行っている企業の中には、経験豊富な40代を即戦力として採用したいと考えているところもあります。つまり、これまでのビジネスライフで培った知識やスキルや資格が、転職時の強みになることがあるのです。そこで今回は、40代女性がスムーズな転職を実現するためのポイントをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1385
    • 7
  3. 2/18(土)開催|プロに相談!資金計画編 ~リノベの資金計画がご不安な方への無料相談会~

    専門のファイナンシャルプランナーによる無料相談会を実施いたします。リノベーションの費用を考えると、その後のライフプランが不安など、大事なこれからのライフプランニングを資金計画とともに、8000件以上の実績のあるファイナンシャルプランナーにご相談できます。 また、大まかなご家庭の収入・支出状況をお持ちいただけると、専門家が詳しく分析をしご提案を差し上げます。  ・リノベーションローンでの最適な資金計画のご提案  ・ローン支払いシミュレーション  ・将来を見据えたライフプランニングや家計・保険の見直し 資金計画でのご不安な事など、お気軽にご相談ください。

    マルリノ(積水化学工業株式会社)
    • 591
    • 0
  4. 住宅購入に頭金はどれくらい必要?

    住宅を購入する際は、頭金が必要です。 ではどれくらい必要か?となると、様々な考え方があります。 一般的には、頭金をしっかりと貯めないとダメというもので、FPなどの専門家に相談しても同様な回答が多いと思います。 では、いくら必要なのか?、またそもそも必要なのか? 具体的に、見ていきましょう!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 1273
    • 10
  5. 失敗しない資金計画 『家計の見直し!』

    今回は、皆様の関心が高い「家計の見直し」について。 月々のキャッシュフローを改善するには、収入を増やすか、支出を減らすかしかなく、収入についてはなかなか思うようにはいきませんので、支出をいかに圧縮できるかがポイントになってきます。 今回は具体的にどの項目を見直せば良いのかを見ていきましょう。 支出の大きなものの一つに保険料があります。 生命保険、火災保険、自動車保険など保険も様々ありますが、なかでも生命保険は個人差はあるものの相当額の負担をされているのではないでしょうか。 死亡保険、医療保険、その他特約など、月々3~5万円もしくはそれ以上支払っているとすると、支出全体にしめる割合は相当大きいものになりますので、これを見直すことができれば効果も大きくなります。 まずは、加入している保険内容が適切かどうかを検討する必要があります。 ・保険金額は過大ではないか ・余分な特約に加入していないか ・貯蓄性があるものか、掛け捨てかどちらがマッチしているのか これらを分析して改善し、今のご自身に合っている保険に組み替えるのが良いのではないかと思います。 特に死亡保険の場合は、住宅を購入する際は見直しをする良い機会になります。 住宅をローンで購入する場合は、ほとんどのケースで団体信用保険に加入します。 この保険に加入すれば、ローン返済中に万が一が生じた場合も残債は保険で支払われるため、住宅という資産が残ります。 万が一の時に、残された家族が賃貸なのか持家なのかでは、その後の必要資金は大きく変わってきます。 当然、持家であれば当初考えていた金額は必要なくなる訳です。 もちろん、保険は人それぞれ考え方が違いますので、出来る限り多くを残したいと考える方もいらっしゃいます。 また、子供の年齢によっても異なり、教育資金にどれだけ必要かも考えなければなりません。 これらをトータルに分析し検討する必要があるのです。 家計の見直しをすることは簡単ではありませんが、しっかりと行えば効果を期待できる価値あることです。 また考え方自体も新たな発見ができ、生活の幅が広がります。 ご自身では実行が困難な場合もありますから、その際はFPなどの専門家とともに行うのが良いのではないでしょうか。 私たちもサポートさせて頂きますよ!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 452
    • 5
  6. 住宅ローンお持ちの方が得をする!?ローンの借換えを利用した新しいリフォームのご提案♪

    住宅ローンの借換えで発生する金利削減額をリフォーム費用に充当させようという新しいリフォームプランです。 住宅ローンお支払い中の方必見です!! 毎月のローン支払額を見直して金利を下げ、下がった分の中からリフォーム費用を捻出してリフォーム費用も住宅ローンの中に組み込むサービスです・

    リフォームのキッコウ
    • 585
    • 3
  7. 避けては通れない道!?「家とお金」 住まいの勉強会②

    家づくりではまず自分たちのライフスタイルをイメージし、それに合った工務店やハウスメーカーや建築事務所を探していくと思いますが、どこに家づくりを依頼しても必ずお金は掛かります。現金一括の方もいればローンを組んで支払う方がほとんどではないでしょうか。しかしいざローンを組もう。と思った時にローン計画って何?どうやってローンを組むの?どの種類がいいの?など分からないことだらけで営業マンに丸投げ。なんてこともあるのではないでしょうか。でもちょっと待ってください。大事なお金なのに丸投げでいいのでしょうか。いいえよくありません。ということで、鞍城建設では大事な家とお金に関わることに少しでも関心を持っていただくために「住宅とローン」というテーマで勉強会を開催いたしました。今回はその様子をご紹介いたします。 

    鞍城建設
    • 879
    • 9
  8. 家創り勉強会!「身体に良い家創りセミナー」

    ご好評で毎月開催させていただいている「身体に良い家創りセミナー」 と  き:4月16日(土) 13:30~16:00  ところ:コタニ住研ショールーム(兵庫県三田市南が丘1-40-34) 今月は『間取りとお金編』です。 家を建てる・購入するにあたって間取りのお勉強ってなかなかする機会が ないかと思うのですが、大抵の方が一生に一度の大きな買い物! ご家族のライフスタイルにあった間取りで生活すると普段気づきにくいような プチストレスも減りますよ(^^)/ そして、もちろん大切な「お金の話」 ほとんどの方は35年ローンで購入されますが、35年って長い ですよね・・・。30歳で購入したとして、払い終えるのは65歳。 きっとその間、お子さんの進学や自動車など高額商品の購入なども あるはず。十分なライフプランを検討して毎月の支払額を検討した方が いいですよね。 その他にも、お得なローンの組み方・頭金の入れ方、繰り上げ返済の仕方など お得情報をお金のプロ!ファイナンシャルプランナーさんをお招きして お伝えいただきます! 参加費は無料。途中、休憩で質問などもしていただけます(^^)/ ご予約は前日までにコタニ住研(TEL 079-563-1121)までお願い致します。 3組前後の少人数で毎回行っておりますのでお早目のお申込みをお願い致します。

    株式会社コタニ住研
    • 694
    • 10
  9. 失敗しない住宅ローン 『変動金利と固定金利どっちが得?』

    失敗しない家づくりシリーズ。 今回は、変動金利か固定金利のどちらを選択すべきか?についてです。 変動金利は長きに渡り1%を切り0.6%台が主流となり、更にそれ以下も出てきています。 もうこれ以上は下がらないと言われてからも更に下がってきました。 それでは今後はどうかというと、流石にもうこのあたりがボトムかと思われますが、こればかりは神のみぞ知る領域になります。 そこで、もし金利が上昇する可能性が高いと判断するならば、やはり固定金利を選択すべきでしょう。 固定金利も1%台前半で推移していますので、十分に割安な水準にあります。 しかし、まだ下がるということになれば…、なかなか判断に迷ってしまいますね。 ではどうすればいいの?ということになりますので、基本的なことを言いますと、どちらが得かということは結局はその人の資金的背景によって変わってきます。 変動金利で返済がギリギリの場合、将来的に家計収支が改善する見込みがなければ、固定にする必要があると思います。 その分、借入枠は小さくなりますが、無理のない返済を優先すべきです。 逆に返済に余裕がある人は、変動で攻めてもいいかもしれません。 この返済に余裕のある人というのは、いざとなった時に、繰上げ返済が出来る人です。 ある程度繰上げ返済が出来れば、金利上昇にも対応できます。 今は借りるのが得で、1%のローン控除があるため借りた方が逆に得をするほどです。 ここで一つ考え方で危険なのが、最初は変動で借りておいて、金利が上がれば固定に借り替えればいいというものです。 これは一見正論ではありますが、なかなか実行できるものではありません。 金利が上がったと判断するタイミングがつかめないのです。 これには二つの要因があり、一つは、その決断を下すのが難しいということ(金利の行方は結局は誰も分からない)。 もう一つは、金利が上がったと分かる時は、世間が騒ぎ出した時になるので、その時点で借り替えようとしても固定金利もかなり上昇してしまっているという点です。 よってこの考え方で資金計画をたてるのは危険です。 このように金利を選択することは非常に難しいです。 資産背景や本人の考え方によることが大きいと思いますので、検討になられる際は、FPなどの専門家にご相談されることをお勧めします!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 844
    • 4

おすすめ

話題のキーワード