家相

「家相」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「家相」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【平安時代の家相と建物 ②】

    中国から日本に、仏教と共に風水の思想が伝わった奈良時代、その風水が独自に日本で発達したのが、「家相」です。平安時代の中期には、陰陽道の書物の中に「家相」、「地相」の記載がでてくるそうです。 平安時代の建築様式といえば、「寝殿造り」が有名ですが、その時代のすべての家が、「寝殿造り」であったわけではありません。なんだか原始的で、縄文や弥生時代のころの住居と思われがちな「竪穴式住居」ですが、平安時代においても、地方では、まだ立派に存在していたらしいです。ですから、都の有力な握りの貴族のみが、寝殿造りの邸宅に暮らすことができて、かつ「家相」を見ることのできる陰陽師と関わりがあったのだろう思われます。 そんな「寝殿造り」ですが、中心となる建物は、母屋と庇で構成された長方形の建物で、複廊、単廊で他の建物とつながった構成になっています。基本的には、柱だけの空間を扉や蔀(しとみ)で覆った建築なので、構造的な壁はありません。 また、この時代、トイレは「樋箱(ひばこ)」というおまるのような移動式で、食事も別の場所で作ったものを運んでいました。お風呂も毎日入るわけではなく、浴槽もありませんので、中心となる建物には、現代の設備的なものはありませんでした。今と比べると結構、不潔で、家の中も、ずいぶん臭かったなどという話もあります。 川のそばで、行水したり、排泄できる竪穴式住居のほうがよっぽど、快適だっかかもしれませんね・・・。 ですから「家相」の記述も、室内設備の吉凶はなく、「井戸」、「竈」、「厠」の吉凶の記載に限られていました。「家相」は建物単体というよりは、各建物の位置関係や方位を見るものであったようです。現代とずいぶん違いますね。 「家相」の成り立ちには、「風水」由来なもの以外に、古くからの日本の土着信仰や風土を起源にするものも含まれていると思いますし、それが、現代のような「家相」になるまでは、いろいろな変遷があるわけですが、それはまたの機会に・・・・。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 1151
    • 4
  2. 敷地の高低差が生んだスキップフロアの家

    唯一の道路が宅地よりも2mほど高い位置にあるという少々厄介な条件。あと少し道路が高ければ、2階に玄関を計画してアプローチする考え方もできるのだが、何とも中途半端なレベル差を眺めながら人の出入り・車の出入りをシミュレーションした結果「中2階にアプローチレベルを配置するスキップフロアの家」と、敷地の持つ条件を素直に受け入れた計画となった。道路と床のレベル差は、一部を高基礎とすることで解消。建物基礎を兼ねた擁壁は駐車スペースの地盤を支える役割も担っている。中2階の玄関ホールに立てば、1階広間と2階ホールを同時に見渡すことができる。吹抜であることで上下階のつながりをより強くしている。室内は白と黒のモノトーンを基調。鮮やかな漆色の祭壇が、家相に裏付けられた間取りに睨みを利かせている。

    一級建築士事務所 瀧澤敦建築アトリエ
    • 714
    • 3
  3. ご新居ご購入は2017年4月の増税は2年半の延期が決定!!

    2017年4月に予定されていた消費税率10%への引き上げは、19年10月まで2年半延期することが決定されました。2年半の延長になります。住宅のご購入をお考えの皆様にとっては増税の延期は朗報になりました。国の施策の内容や時期は今後見直しされることになると思われます。 2019年10月まで、1年半を切りました。移転に適した時期とその時期に適した方位の選択肢がだんだんと減っていきます。今から新築のご購入をお考えの方は2018,2019年の中から適した年とその年の適した方位を選択することができるので、ご計画が立てやすくなると思います。お気軽にご相談してください。 消費税増税の2年半の延期は、皆様にとって朗報になりましたね。

    家相で間取り.com
    • 2120
    • 19
  4. ご移転に適した時期と方位でトリプル大吉!!

    ご自身の生年月日の本命星による吉凶方位と、万人に共通のその年月日の凶方位とで、最適なご移転の時期と方位を割り出すことにより、トリプル大吉を実現できます。 ご新居へのご移転はご移転される時期と、ご移転される方位と、ご新居の家相とが吉相になるようにアドバイスさせていただきます。

    家相で間取り.com
    • 921
    • 6
  5. 家相、風水、九星気学、地相、周辺環境で最善な間取りをご提案!

    念願のマイホームは、一生に一度の大きな買い物と言われています。そのマイホームは家族が健康で健やかに、安全に、明るい家庭を築くことができる、夢と希望に満ちた家でありたいのと同時に、無病息災、交通安全、ご主人の立身出世、名誉名声や、お子様たちの明るい未来を育み、財運にも恵まれるなど、幸運を呼び込む住居にできた方がより幸せに暮らしていくことができます。

    家相で間取り.com
    • 1725
    • 6
  6. 【家づくりと家相①】

    曼荼羅のような八角形が印刷された写真の透明シート、実はこれ普段使っている「家相」のテンプレートシートなんです。建築のデザイン事務所は、「家相」なんて全く気にせずに、家づくりをしていると思われがちですが、実は意外に気にしてるんです。お客さんからご要望がある場合もありますし・・・。 出来上がった図面の上で、建物の中心と方位を合わせば、簡単に「家相」が確認できるように、透明のシートで作っています。 本来、「家相」は中国から伝来した風水の思想から、風土や季節に合わせて発展したモノです。日本独自のモノですから、現代の暮らしを考える上でも、理にかなっている側面もずいぶんあるんです・・・。 採光や通風など、丁寧な暮らし方について考えながら平面計画して、いざ「家相」をチェックしてみると、案外「家相的にいい家」になっている場合が多いのも事実です。もちろん敷地の形状や道路の方位などから、どうしても辻褄が合わないケースもあるのですが・・・。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 458
    • 1

おすすめ

話題のキーワード