アイアン表札

「アイアン表札」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「アイアン表札」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 白い煉瓦と無塗装の木 植物に添う自然な素材

    木そのものの色と素材感を生かしたフェンスに、白く塗装したレンガのアクセントが特徴的なナチュラルガーデンです。 砂利に自然石を敷いた小道にすると伸びる植栽スペースには木々と花々が植えられています。 自然な素材に合わせて選んだ表札は、シンプルなアイアン素材。 植物の色を主役に、自然に添うような形で仕上げたお庭です。

    カントリーガーデン
    • 1795
    • 6
  2. 北欧の自然石で柔らかく彩った 門柱と緑の庭先

    北欧からきた自然石をそのまま門柱として使い、お家の顔にしています。 アイアンの表札とも、お隣のシンボルツリーとも優しい色合いは調和。 一歩庭の方へと入れば同じく北欧からきた石畳の先に、お客様が大切に育てている植物たちと、家庭菜園があります。 今まではプランターでしか育てられなかった植物たちが広いお庭で生き生きと育っていく様子を、お子様たちは毎日楽しみに覗き込んでいます。

    カントリーガーデン
    • 2059
    • 3
  3. #016 普段着の庭

    竣工当初に建物を見た印象は、色使いの濃さでした。バルコニーフェンスのダークブラウン色、一階の一部で使用されている外壁タイルのダークグレー色、玄関タイルのダークブラウン~ダークグレー色などです。今回はそれらの濃さを緩和させるのではなく、同調色の素材を用いて全体をまとめるプランを考えました。門柱等に用いたダークブラウン色のブロック(スクラッチタイルやオーストラリアレンガの装い)は懐かしさと重厚さを醸し出しています。ポスト、笠木、レンガはダークブラウン色、表札、フェンスはブラック色を採用し建物周辺との調和をはかっています。この濃いめの仕上材が重苦しく映らないように植物をバランス良く配植しました。特に庭の芝のグリーン色は非常に美しく、ダーク色との見事なコントラストを生んでいます。 植栽工事が完了してから約6ヶ月、緑が整ってきているのを見てうれしく感じました。鉢植えも小さな畑も芝庭も楽しく作業されているのを聞いて安心しました。時々、岡山に用事で来られた娘さんが家には入らず、芝だけ刈って帰られるそうです。”その時にできる人が出来る範囲のことを肩ひじ張らずにする”。自然に普段着でその作業ができる関係性が羨ましくもありました。私も時々伺って、建物やブロック際の芝を電気の力を借りてお手伝いしたいと思っております。

    Green Scape Lab(GSL)
    • 2705
    • 13
  4. 住まう人の溢れる思いを存分に現した、個性が光る家

    ご自宅でクッキング&ワインのサロンをされる奥様と、自分の城に深いこだわりを持たれる旦那様と、エキサイティングなお打合せを重ねた末に出来上がったエクステリアです。 ハッと目をひく個性的な外観だけど異質感を感じさせない、まるでずっとそこに建っていたかのようなヨーロッパの街角のような佇まいになりました。 アイアンサイン・照明カバーはご夫婦のこだわりに沿ったモヒカン渾身の作です。モザイクタイル貼りもモヒカンが現地で自ら仕上げました。

    株式会社アフロとモヒカン
    • 943
    • 6

おすすめ

話題のキーワード