方法

「方法」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「方法」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 冬の晩ごはん作りに大活躍の「土鍋」を使い始める前にやっておきたいこと

    お鍋がおいしくなる季節ですね。そんなお鍋を使う前に、土鍋に「目止め」をしていますか? 小麦粉や片栗粉で簡単にできる目止め。目止めをすることには土鍋にヒビが入ることや臭いが移ることを防ぐ役割があります。目止めをしっかりし、丁寧に土鍋を使ってみませんか。

    LIMIA グルメ部
    • 7151
    • 46
  2. 太陽光発電を始める方必見!開始にはどんな手順や申請が必要?

    太陽光発電を設置した場合、発電した電力を国が買い取る制度が設けられています。他にも初期投資のリスクを抑える各自治体の補助金制度などのメリットもある太陽光発電。メリットを最大限に受けるために必要な手順・申請について押さえておきましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3829
    • 24
  3. <ぬいぐるみを洗うにはどんな方法がある?>3つの方法ですっきりキレイに洗おう!

    お子さんが遊んだり、インテリアとして飾ったりと可愛いぬいぐるみ。ずっと飾っているとホコリをかぶってしまったり、赤ちゃんがいる家では口に入れてしまうので、雑菌などが気になったりますよね。ほこりを払ったりはするけれど、「洗う方法はないのかな?」と思ったことはありませんか?今回はぬいぐるみを洗う方法をご紹介します。

    東京ガス「ウチコト」
    • 6711
    • 76
  4. 身近にあるもので簡単に!シールをきれいに剥がす方法5選

    ふと気がつくと、壁や家具にシールを貼られていた…。購入した商品の値札シールがうまく剥がれない。なんていう経験はありませんか?時間が経ってしまったシールはなかなか剥がれず、ガンコな汚れに変わってしまいます。そんなお悩みを解決すべく、シールをきれいに剥がす方法をご紹介します。

    東京ガス「ウチコト」
    • 6592
    • 50
  5. 「ソーセージを使いきれない!」ソーセージの正しい<保存方法>と<解凍方法>

    ソーセージって朝食などにも便利でいろんな料理と相性が良く、よく買う方も多いのではないでしょうか?お買い得な2~3袋のセットをついつい買ってしまいますよね。その場合、賞味期限内に使いきれずに困ってしまうこともあるのでは?今回は、そんなソーセージの正しい保存方法と、解凍方法についてご紹介します。

    東京ガス「ウチコト」
    • 5214
    • 19
  6. アートの取り入れ方(4)〜アンティーク調の空間

    アンティーク調の部屋に、アジのあるアイテム、使い古した雰囲気のアイテムは合います。今回は、廃材を用いた松本次郎の作品を設定しています。 松本は各地で拾い集めたゴミを素材としたオブジェの制作やゴミから着想を得て絵画を制作しています。海岸や街角に捨てられたゴミは、松本によって整理され、分類されて作品の素材となります。また、作品の中に階段やはしごを配置しており、日本の伝統的な立体造形である盆景を思い起こさせる、深みのある作品です。

    clubFm
    • 876
    • 8
  7. アートの取り入れ方(2)〜シック、モダンな空間

    淡い色合いや中間色の多い、モダンでシックな空間に、黒が主体の作品を設置すると、空間がとても締まり雰囲気が変わります。 若手アーティストで今一番勢いのある寺本愛の作品が置かれています。特徴的な瞳を持つ人物と、ファッショナブルで静謐なモノクロの世界観が特徴的なアーティストです。

    clubFm
    • 847
    • 6
  8. アートの取り入れ方(3)〜シック、モダンな空間

    アートの取り入れ方(2)と同様、淡い色合いや中間色の多い、モダンでシックな空間に、黒が主体の作品を設置すると、空間がとても締まり雰囲気が変わります。 北欧で写真を撮り続ける山口史男の写真作品が置かれています。空間の雰囲気は落ち着いた北欧的なものへとなっています。少しカラフルな同じアーティスト(写真家)の作品をコーディネートするとまたもう少し明るい雰囲気になります。

    clubFm
    • 747
    • 2
  9. アートの取り入れ方(1)〜シック、モダンな空間

    モダンでシックな部屋に華やかで深みのある作品を設置すると、リビングを休日にお茶をしながらゆっくり過ごすようなオシャレなカフェのような雰囲気にできます。 今回コーディネートした北村佳奈の作品は、陰影のコンストラストが強調され、本来影(黒)であるべき部分はあるときは赤いトーンで塗られ、あるときは青いトーンで塗られています。そのことが作品に深みを与え、また、黒く塗られた部分はとても暗い印象を持つが、本来暗い部分が明るく塗られています。北村は描かれた人物や動物が必ず向かい合う、生と死との彼岸を色彩で表現する作家です。

    clubFm
    • 760
    • 2

おすすめ

話題のキーワード