ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは人が中に入っていけるような収納スペースです。この収納スペースをどう活用するか頭を抱える方は多いと思います。ここではウォークインクローゼットの上手な活用方法を写真と文章で紹介しています。

  1. 実は忘れがち、布団を仕舞う収納の確保

    上京して、ワンルームマンションでの一人暮らし。そんな時期には考えなくて良いのが布団のしまい場所。ベットの上に布団を敷きっぱなし。たまに日に当て干すけれど年中同じ場所に出しはなししている。 そんな学生時代をすごした方も多いですよね。ですが、家庭を持ったり、30代40代になり生活を豊かにしていこうと考えた時、布団を仕舞うシーンが出てききます。ところがこの布団を仕舞う場所。新築時もリフォーム時も以外と忘れがちです。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 9996
    • 25
  2. A邸-こだわりの収納と、家族それぞれの空間つくり

     Aさんご一家は、江東区で3LDKのマンションの一室を購入し、自分たちの暮らしや収納量に合わせて使いやすくするために部分リノベーションをしました。  奥様からご要望があったのは、すべてのものをあるべき場所にきっちり収納できるリビングの棚やキッチンの収納棚。そこで、キッチンの収納棚の中は電子レンジや家電、器などすべての物がきっちり収まるように新たにつくりました。表面のラインもそろえたので、とてもすっきりした印象です。 また、リビングに物が散らかっているのが嫌だということで、家族それぞれの空間をつくり、そこに個別の収納を設けました。リビング隣の壁を取り除き棚で仕切った奥様の部屋。その隣にご主人の個室。さらにリビングの収納棚の一部に、中に入れるようなDEN(デン)スペースがあり、そこが娘さんの“部屋”になっています。 それぞれのスペースには娘さんが作った”表札”があり、絵の中に3つのコテージがあるような雰囲気です。

    ブルースタジオ
    • 3531
    • 16

67件中 1 - 20 件を表示