クローゼット

クローゼットに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすくクローゼットについてご紹介しています。

  1. クローゼットのスッキリ&おしゃれの秘訣は“吊るし”と“グラデーション”【瀧本真奈美の収納ドリル #1】

    最初はルールづけをしてスッキリ収納ができていたのに、いつのまにかごちゃついてしまうことってよくありますよね。そんな収納の困ったの解消テクを、LIMIAの人気インフルエンサー・瀧本真奈美さんが伝授。全10回の「収納ドリル」としてお届けします。第1回目はクローゼット編です。瀧本さんオススメの“吊るし術”と“グラデーション”を会得しましょう!

    LIMIA編集部
    • 195273
    • 3437
  2. 家事の時短にもつながる☆衣替えの必要ない洋服収納!

    季節の変わり目になると衣替えに悩みますよね。 寒くなったから薄手の物をしまって…と思ったら急に暖かくなったり。 コートはまだ早いかな…と思ったら急に寒波がきたり。 いちいち天気予報に左右されて、洋服を引っ張り出して来たり、クローゼット収納のストレスが増えるのは嫌! そんな風にお考えの方もきっと多いはず。 我が家はそのストレスを無くすために、ある収納方法にしてみました☆

    ちびかお
    • 148858
    • 3284
  3. 《便利|雑貨編》洗濯物をなるべくたくさん乾かしたい!

    私は平日の昼間は家にいないため、洗濯物は部屋干しにしています。 ただ、生乾き臭のする衣類にはしたくないのでなるべく早く乾かそうと、家を出るまでの間はエアコンの風を直撃できる場所にハンガーラックを置いて乾かします。 できる限りの工夫として、 朝のエアコンは起きてすぐではなく洗濯物を干すタイミングまで点けるのを我慢したり (点けだちの勢いの良い温風を洗濯物に当てたい)、 夜のうちに洗濯物を干して朝のタイマーを点けたり (起きる前からエアコンを点けることで、風に当たる時間をなるべく長くしたい)。 なんなら、家にいない間は空気清浄機の風が当たるような位置に洗濯物を移動させておいたり…( ´ ▽ ` ;) でもエアコンの風向を工夫したところで、風が当たるエリアは限られます。なかなか洗濯物全体に風を当てるのは難しい… では、風が当たるエリアになるべくたくさん洗濯物を干せるようにしようと思い、実践してみました。

    miyuko
    • 121540
    • 2246
  4. オープンクローゼットをショップ風に♪テンション上がる服の収納

    和室に「床の間」的に作られた一角があります。 そのスペースをオープンクローゼットとして 活用したい!と思いました。 ただ「扉」がない分 雑な収納だと見た目が悪くなりますよね★ ですが、ちょっとした工夫をプラスするだけで スッキリ感がUP ♪ 子供も喜ぶショップ風収納になりましたヽ(^^*) それでは詳細を‥‥ ↓

    我が家
    • 275962
    • 1653
  5. 【200円で完成☆】子どもでも取りやすく・片付けやすいクローゼット収納◎

    子どもにとって「畳んで仕舞う」という行為は、地味に大変だったりします。 しかも畳み方が適当だったり、チェストやタンスに仕舞う時にぐちゃぐちゃに入れてしまったり。 子どもの洋服は子どもに管理してもらうために、我が家ではすべて掛ける収納にチェンジしました。 しかもプチプラな100均グッズで☆ 誰でも簡単にできちゃう方法を今回はご紹介したいと思います◎

    ちびかお
    • 219163
    • 1260
  6. わかるようにわける!クローゼット収納術|PART2

    クローゼット収納術PART1では、仕切りスタンドを使った「立てる」収納をご紹介しました。 PART2の今回は「わける」がテーマ。更に感動的に使いやすくしていきます。 クローゼットが使いやすくなるとオシャレが楽しくなります。お出かけ回数も増えちゃうかも♪ では早速Let'sクローゼットデトックス!

    おうちデトックス 大橋わか
    • 86909
    • 1034
  7. 【収納】パンツ類をスッキリ収納!ハンガー選びと少しのコツでこんなに違う

    パンツ類の収納をスッキリ使いやすくしたい!とお思いの方も多いはず。 畳んで重ねたり丸めて引出しに入れたり。方法は色々ありますが、 今回は「ハンガーに掛ける場合」のハンガー選びのチェックポイントと、スッキリ見えるちょっとしたコツをご紹介します!

    uchiblog
    • 111443
    • 793

222件中 1 - 20 件を表示