終の棲家

「終の棲家」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「終の棲家」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. デザインと暮らしやすさを兼ね備えた夫婦の理想の住まい

    施主のS様は70代のご夫婦。お子様たちが巣立たれ、夫婦2人の生活を楽しく快適に過ごすための家づくりを近藤さんに依頼しました。しかしそこには、なかなか高いハードルが。 そのハードルを見事にクリアし、夫婦の理想の住まいを実現させた、近藤さんの家づくりに迫ります。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1464
    • 11
  2. 大屋根の下にさまざまな居場所がある終の棲家

    子育てを終えて、夫婦二人の「終の棲家」を計画したSさん夫妻。もともと暮らしていた総2階の大きな家から、木造平屋建ての小さな家へ。暮らしのスケールを小さくすることに不安を感じる施主に対して、窪江さんは丁寧なヒアリングや説明、間取りの工夫で一つひとつ不安を取り除いて行きました。夫妻らしい終の棲家が完成するまでに迫ります。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1588
    • 14
  3. 細長空間で実現した終の棲家「クジラの家」

    リタイアしたYさんご夫婦が終の棲家を建てるべく購入した、埼玉県の細長い土地。ここに建築家の矢嶋一裕さんと共につくり上げたのは、土地の形状を生かして家中に光が溢れる横長の家だった。独特の外観だけでなく、建物の中も斬新なアイディアで溢れるY邸。その全貌をご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1269
    • 3
  4. ツイノスミカ~うちの山の木

     現役時代に数多くの転勤・転居を繰り返し、三人の息子を育て上げ、共に歩んだご夫婦のツイノスミカ計画の基本はうちの山の木で建てること。  この住宅の設計監理は、まず住まい手の山へ一緒に入ることから始まり、立木の時から伐採・製材・加工と関わることの出来た得難く思い出深い仕事でした。  山から伐り出した杉桧や、納屋に眠っていた地松は残らず使い、無垢材を室内にそのまま現してゆったりと使い易いオールインワンプランが実現。  生まれ故郷へ戻ったご夫婦の晴耕雨読の暮らしをのびやかに包みますよう。

    大森建築設計室
    • 942
    • 10
  5. 更の家

    新たに中古物件を購入する場合と違い、長年住み続けてきた住居のリノベーションでは部屋の配置や動線など使い慣れて変更したくない部分と、常々問題を感じてきた部分とが共存しており、対処療法的な設計が不可欠です。そこで内装をスケルトン状態に戻して考え直すのではなく、従前の間取りを引き受けつつ更に発展させる、接ぎ木のようなリノベーションの形を模索しました。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 1655
    • 8

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード