海外旅行

「海外旅行」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「海外旅行」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. せっかく買うならこれ!30カ国旅してわかった旅行便利グッズ10選

    費用を抑えながら、快適な海外旅行をしたい。そんな方にオススメな旅行中に役立つ旅グッズを、30カ国を旅した筆者が厳選しました。旅行先での経験をもとに「本当に使えるもの」を選んだので、この記事を読めば安心して格安旅行を楽しめること間違いなしです。備えあれば憂いなし、ご旅行の際は参考にしてみてはいかがでしょうか。

    LIMIA おでかけ部
    • 9536
    • 190
  2. いま行くべき!カナダ・トロントへアートハンティングの旅

    カナダ経済の中心地でカナダ最大の都市・トロントは、住民の半数以上がカナダ以外にルーツを持つという真の国際都市。トロントはトロント国際映画祭が開かれる映画の街としても知られていますが、世界有数のアートな都市としても有名。この時期は特に個性的な展覧会が目白押し! トロントのおすすめアートスポットをご紹介します。

    LIMIA おでかけ部
    • 2887
    • 3
  3. 歌って踊って楽しめる。世界一幸福な国、フィジーの魅力

    2018年7月3日、9年ぶりに日本からの直行便が就航したフィジー。フィジーと言えば、美しいサンゴ礁のビーチや世界有数のダイビングスポットとして人気が高い南の国というイメージでしたが、「世界幸福度調査」で何回も世界一に輝いているハピネスな国でもあるのだとか。なんだか楽しそうです!

    LIMIA おでかけ部
    • 2248
    • 5
  4. ホテルから選ぶソウル旅!ホンデにできた超話題のホテル〔RYSE〕を体験

    週末の旅先として人気のソウル。どのエリアのどのホテルに泊まるかで、旅の楽しみ方がぐっと違ってきますよね。今回私が訪れたのは、ソウルの中でもアーティスティックな街として注目を集めている弘大(ホンデ)に2018年4月にオープンした〔ライズ オートグラフコレクション(RYSE, Autograph Collection)〕。フォトジェニックなホテルとして人気が殺到しているのだとか!

    LIMIA おでかけ部
    • 2521
    • 10
  5. 【浅倉利衣のウェルネス・ライフスタイル #9】海外旅行中、偏りがちな食事を賢くいただくひと工夫

    そろそろ夏休み本番。旅行を計画している方も多いのでは? 海外旅行に行った際、とくに欧米諸国の場合は、 現地の食を楽しめると同時に、欧米食が続くと少し胃もたれするような感覚になり和食が恋しくなることも。海外旅行の際にも、できるだけバランスの良い食事を摂れる方法について、ちょうどNYで夏休みを過ごしている浅倉利衣さんに聞いてみました。

    浅倉利衣
    • 2339
    • 14
  6. 美しい海を見ながらグルメ三昧!おいしいゴールドコーストの歩き方

    オーストラリアのゴールドコーストは太陽の輝く美しい街。魅力はやっぱりビーチですが、ショッピングにグルメに、旅人を楽しませてくれる要素がたくさん。話題のレストランやクラフトビールのお店など、注目スポットをご紹介します。これから旅行の計画を立てるなら、ぜひチェックしてみて。

    LIMIA グルメ部
    • 3405
    • 7
  7. 【ねこのふらり一人旅 #20】やっぱりガウディはすごかった!サグラダ・ファミリア教会を効率よく見学する方法

    バルセロナのサグラダ・ファミリア教会といえば、誰もが一度は見てみたいという世界遺産。ところが、一年を通して世界中から大勢の観光客が押し寄せ、見学はいつも大行列。入場まで数時間並ぶなんてことはザラ。限られた時間を有効に使うためのポイントをいくつかご紹介しましょう。

    LIMIA おでかけ部
    • 1192
    • 14
  8. 【最終回・ねこのふらり一人旅 #22】地中海バルセロネータでリゾート気分を満喫

    マドリードとバルセロナ、スペイン2都市の旅レポも今回で最終回。バルセロナの魅力はガウディ建築だけではありません。旧市街地から徒歩15分の場所にある「バルセロネータ」は、地中海のリゾート気分を満喫できるとっておきの場所。美しい景色をお届けしましょう!

    LIMIA おでかけ部
    • 1509
    • 6
  9. 実録!パリで過ごす1週間。パリの下町散策〜モンマルトル編〜【ねこのふらり一人旅 #6】

    山手線の内側ほどの面積を持つパリ市。全部で20ある区は、数字が大きくなるほど中心から離れる形をしているため、パリの区割りは「エスカルゴ」なんて呼ばれているんですよ。また、街の中心を東から西に向けてセーヌ川の進行方向を向いて右手側を「右岸」、左手側を「左岸」といいます。それぞれ趣の異なるエリアは散策することでその違いがわかるはず! 今回は、右岸の小高い丘になっているモンマルトル界隈をご紹介。日本でも大人気になったあの映画の舞台へ誘いましょう!

    LIMIA おでかけ部
    • 8444
    • 96
  10. 【ねこのふらり一人旅 #19】バルセロナで「サービスアパート」に泊まる

    3日間滞在したマドリードに別れを告げ、第二の目的地「バルセロナ」に向かいます。移動手段は高速列車。約2時間30分の鉄道の旅を満喫しながら、ガウディ建築の街へ。バルセロナのお宿は、「サービスアパート」。ホテルより格安なのに、まるで高級マンションのような空間で、4日間を過ごしました。

    LIMIA おでかけ部
    • 1494
    • 3
  11. 【ヨーロッパ紀行】ロンドンから車で2時間!イギリスの田舎街コッツウォルズで風景と買い物を楽しもう

    見どころが多いロンドン市街地ですが、1日だけ時間をつくって車で郊外へ出かけてみるのも楽しいもの。なかでもロンドンから西に200km程度の場所にある「コッツウォルズ」は、羊の丘という意味をもつ丘陵地帯で観光客のみならずロンドナーにも人気のスポットです。古い時代のはちみつ色をした石造りの家屋が現役で使用され、豊かな自然と相まってまるで絵本の世界から抜け出たような景色が広がります。自然の恵みの農産物やガーデナーには嬉しい小物、インテリアなどが手に入るショップも多く、買い物も楽しめる場所です。

    LIMIA おでかけ部
    • 2787
    • 15
  12. 最高においしい「メープルシロップ」を探しに、カナダのメープルファームへ!

    メープルシロップと言えば、カナダをイメージする人も多いのでは? それもそのはず、カナダのメープルシロップの生産量は実に世界の85%を占めていて、世界的に見てもメープルシロップを作るサトウカエデの原生林は、カナダのオンタリオ州とケベック州、アメリカの一部の地域に限られているのだそう。ということで、カナダのオンタリオ州にある〔フルトンズ パンケーキハウス&シュガーブッシュ〕を訪ねました。

    LIMIA グルメ部
    • 6215
    • 15
  13. 【ヨーロッパ紀行】ロンドン最古のマーケットで“おいしい”お散歩を♪バラマーケット巡り

    地下鉄「ロンドン・ブリッジ駅」から徒歩すぐの場所にある、ロンドン最古のマーケット「バラマーケット(Borough Market)」。1276年に開かれたという食料品市場には、果物や野菜をはじめ魚やチーズ、調味料、お茶、オリーブオイルなどさまざまな食料品が並びます。また、食材だけでなく、焼き立てのパンやパイ、パエリア、サンドイッチなどおいしそうなごはんが食べられる屋台もズラリ。そんなバラマーケットをお買い物と朝ごはんを兼ねて散策してみましょう。

    LIMIA おでかけ部
    • 2971
    • 13
  14. 海外Wi-Fiで快適な海外旅行を!あなたに合った格安プランをご紹介

    海外旅行の際には、観光名所、治安、予算、保険……とさまざまなことを考えると思いますが、意外と見落としがちなのがネット環境ではないでしょうか。国内ではどこにいても、モバイルデータ通信を利用してスマートフォンで情報を得ることができますが、海外では日本の携帯回線は使えません。そこで契約を検討したいのが海外Wi-Fi。ネット環境で苦労せず、快適な旅を送るための海外Wi-Fiについてご紹介していきます!

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 19896
    • 25
  15. 【ねこのふらり一人旅 #17】ちょっと奮発!世界最古のレストランでディナーを楽しむ

    マドリードで有名なレストランのひとつに〔Botín(ボティン)〕というお店があります。「現存する世界最古のレストラン」として、ギネスにも認定されているのだとか。世界中からファンが訪れるそうです。せっかくなので旅のちょっとした贅沢に訪れてみました!

    LIMIA おでかけ部
    • 2669
    • 6
  16. カナダの首都オタワでオーガニックスーパー&スイーツ巡り

    カナダは国際的な先進国であると同時に、スローライフ先進国でもあります。カナダの食料自給率は約220%(日本の食料自給率が約40%)で、ダントツの1位! 国土面積は世界第2位(ちなみに1位ロシア、3位アメリカ)にもかかわらず、人口は約3619万人で日本の関東地方ほどしかいないというのだから驚きです。カナダの首都、オタワを散策すると、人々の生活にスローライフが根づいていることが実感できます。

    LIMIA おでかけ部
    • 1852
    • 1
  17. 【ヨーロッパ紀行】フランス旅行で立ち寄りたい!パリ・シテ島のかわいい小鳥市♪

    フランス・パリを観光する人が多く足を運ぶのが、クリニャンクールをはじめとする骨董市。歴史を感じさせる道具の数々を見ているだけでも楽しくなりますよね。そんなパリでは骨董市だけでなく、花市やフードマーケットなどさまざまな市が。今回ご紹介するのは、人気観光地のひとつであるノートルダム大聖堂から徒歩圏内、日曜にだけ開催される小鳥市です。パリの観光地を巡りながら立ち寄れるスポットにあり、散策にもおすすめです。

    LIMIA おでかけ部
    • 2047
    • 10

おすすめ

話題のキーワード

    46件中 1 - 20 件を表示