木造

「木造」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「木造」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 58991
    • 1311
  2. 通りみちのある家

    母屋を含む南北に広い敷地のハナレを建て替える計画。建物は従来と同じく南北の庭を残して配置し、メインの白いボリュームの上に透過性のある木の屋根/壁をそっと被せたような構成です。外部の「通りみち」は、東側の敷地内通路横に平行に設けられ、両親が選択的に立ち寄れることを意識した場所となっています。本体の切妻屋根が連続して張り出した2層分の吹抜空間で、屋根を透明素材でつくり支持する壁を木製ルーバーにすることで、まもられながらも光や風を取り込んだ場所です。内部は、勾配天井の垂木を現しとして、梁上を開放することで各室を上部で一体的にしています。軒先まで大きく張り出した垂木は、棟木とそれを支える束をなくすことでより印象的な存在になり、「通りみち」にまで連続して内外をつないでいます。 写真:谷川ヒロシ

    水石浩太建築設計室
    • 1872
    • 25
  3. 子育て応援!現役ママの設計士がママ目線で、間取り・デザイン・メンテ・ランニングコストにこだわり設計した木を感じる家です。

    建築家が設計した、目を引くような凝ったデザインではないかもしれません。ハウスメーカーのような高級感のある演出はないかもしれません。最優先で考えたのは一番長く家にいるママの使い勝手と子育てのしやすさ。そしてこれから何十年のランニング・メンテナンスコストが抑えられることと、飽きのこないデザイン。もちろん、基本性能はしっかりと押さえた上で、上質な材料や最先端の設備を取り入れ、便利さも一切妥協しておりません。理想の家づくりは「ストレスを感じず、空気のように住み心地を意識しない家」。そんな家づくりを目指しております。 【こだわりの仕様】 ■安心の省エネ等級4・耐震等級3相当(ZEH・スマートハウス対応) ■お子様見まもり、安心の「外でもドアホン+防犯カメラ」 ■省エネ最高等級樹脂サッシ(Low-e複層ガラス) ■便利なスマートKEY玄関ドア ■雰囲気抜群のブラックチェリー突板フロア ■長期間ノーメンテ高耐性塗装の外壁材NICHIHA「Fuge」 ■超高耐久ガルテクト屋根 ■宅配BOX付機能ポスト

    共和木材工業株式会社
    • 2226
    • 50
  4. 思い出を残そう!実家や祖父母宅をリフォームして暮らす

    ご実家などを受け継ぎリフォームをする際、リフォーム前の家の一部を見える形で残すとご両親はもちろん、その家へ来たことがあるご親戚やご友人に懐かしんでいただくことが出来るのでおすすめです。 建具の再利用、欄間のリノベーションなどいろいろ事例がありますのでご紹介します。

    四季の住まい株式会社
    • 1506
    • 6
  5. cafe IDUMI

    PROJECT TYPE // CONSTRUCTION LOCATION // CHOFU ,TOKYO, JAPAN FACILITY // RESIDENCE + CAFE ​ GROSS CONSTRUCTION AREA // 56sqm ​ CONSTRUCTION AREA // 67sqm RANK // 3 STORY ​ STRUCTURE // TIMBER FRAME STRUCTURE PROJECT TEAM // TOMOKO SASAKI ​ STRUCTURAL ENGINEER // EJIRI STRUCTURAL ENGINEERS ​ LOGO DESIGN OF THE CAFE // DONNY GRAFIKS CONSTRUCTOR // OGAWA KENSETSU ​ GREEN // LANDSCAPE HOUSE YEAR // 2018 ​ PHOTOGRAPHS // Kenya Chiba

    株式会社TENHACHI一級建築士事務所
    • 443
    • 5
  6. 愛でる家|レトロな数寄屋風住宅のリノベーション

    奈良市北部。築約40年の戸建て住宅リノベーションです。お施主様は60代のご夫婦と息子さん。長年愛着を持って住んでこられた数奇屋風の住宅は随所に粋な意匠が見られるものの、深い庇のために室内は南側でも薄暗く、押入れや収納が少ないために家の大半が物置と化している状態でした。耐震補強と断熱工事を行い、使われていなかった天井裏を活用して開放感のある居間をつくり、和室には炉を切り水屋を設けて茶室の設えに変更、クローゼットやパントリー、書棚や収納家具など用途別に十分な容量の収納を確保し、元々の意匠を生かしつつ将来に渡って快適に暮らすことが出来、お施主様のご趣味の美術や骨董、そして家や庭を存分に愛でることが出来る住まいになりました。

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 2211
    • 35
  7. 実は色々ある階段の素材。スケルトン階段では?木?鉄?FRP?

    スケルトン階段は、使う材料によって、いくつか作り方が有ります。 木で全てをつくる方法。 鉄で全てをつくる方法。 木と鉄、両方使ってつくる方法。 FRP・ポリカボネードという樹脂素材を一部使ってつくる方法。 使う材料よって、デザインイメージは少し変わって来ます。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 2741
    • 11
  8. homifyにて【里の家~玖珠万年山の麓 実りある住まい~】が特集記事『絵になる窓辺の風景…』に取り上げられました。

    住まい総合ポータルサイト homifyにて【里の家~玖珠万年山の麓 実りある住まい~】が特集記事『絵になる窓辺の風景Best5!』に取り上げられました。ぜひご覧ください。以下、リード文です。 ::: 自宅でゆったりと時間を過ごしている時、ふと心に残る風景が目に飛び込んでくる。それは窓から覗く新緑が光にきらめく様であったり、夕日に染まる壮大な西の空であったり… 。窓は内部と外部をつなぐ重要な要素であり、時としてこのようなドラマチックな風景を室内に作り出す装置でもあります。 今回紹介するのは【絵になる窓辺の風景Best5】です。ふとした瞬間に「人生って美しいな… 」と感じられる、そんな窓辺のスペースがある住宅。さっそく見ていきましょう! :::

    山道勉建築
    • 727
    • 1
  9. homifyにて【里の家~玖珠万年山の麓 実りある住まい~】が特集記事『大人数で囲むダイニング…』に取り上げられました。

    住まい総合ポータルサイト homifyにて【里の家~玖珠万年山の麓 実りある住まい~】が特集記事『大人数で囲むダイニングBest5!6人掛け以上のインテリア』に取り上げられました。ぜひご覧ください。以下、リード文です。 ::: 核家族が主流の現代、大家族でダイニングテーブルを囲むことは少ないかもしれません。しかし多様化した家族の形や友人知人との同居、シェアハウスなど暮らし方は以前と比べて選択肢が増えました。家族以外の同居人やゲストなど、大勢でテーブルを囲む機会が多いという方もいるでしょう。 そこで今回は6人掛け以上のテーブルを備えたダイニングルームインテリアを紹介します。皆で賑やかに楽しく過ごしている様が目に浮かぶ、素敵な空間ばかり。さっそく見ていきましょう! :::

    山道勉建築
    • 911
    • 1
  10. 40年間、土地に育った大きな木と一緒に : 大樹のある山荘

    北白川の山裾に位置する敷地内にある”大きな既存樹木と一緒に暮らしてゆきたい”と望まれたクライアントご家族のための小さな住まいです。 単純に樹木の根を傷めないためのだけの配置計画だけではなく、住まい自身も歳を重ねていくことを表現できる素材としてファサードの外壁には小幅の杉角材が張り詰められました。長い時間を経て家族と一緒に時を重ねる住まいとして、また周辺環境に寄り添うような建築となるように意図されています。 この建築によりこの場所にまた新しい時間が積もってゆきます。

    in-ex design. インエクスデザイン
    • 960
    • 5
  11. I6-house [ House with sunlight through the leaves of trees]

    I6-House「木漏れ日のある家」は、長崎県諫早市の今は静かな田園の中で、これから住宅が立ち並んで行く新興住宅地での設計計画です。 建築の外観は静かな田園風景の中に、レッドシダーの壁を覆うように傾斜の向きが異なる白い壁と庇が空に向かって立ち上がります。静かな田園の中に彫刻の様に建つ、シンボリックな建築を目指しました。 玄関ホールに入ると目の前には大きなFix窓から見える。植栽と2階テラスバルコニーから注がれる優しい光が家族や来客者を出迎えてくれます。1階はビルトイン駐車場と主寝室と子供室で構成されていて、ライトコートに面して設けられた窓からの優しい光が、玄関ホールと主寝室と子供室に各室のプライバシーと防犯を守りながら、木漏れ日の様に優しい光を注いでくれます。玄関ホールのレッドシダーの壁とレッドシダーで吊られた階段は暖かく優しい空間を造り出し、手摺の下に設けた照明の光と相俟って、玄関ホール全体の空間を演出します。 2階リビングの天井は、屋根と同じ勾配でテラスバルコニーに向かって勾配を持たせることで、リビングに開放性を持たせ、広がりのある空間を造り出しました。天井をレッドシダーにする事により外観デザインとの一体感を造り出し、落ち着きのある空間を造り出しました。天井の十文字の間接照明は、キッチンカウンターの間接照明とで、リビングにシンプルでモダンな落ち着きのある空間を造り出しています。 リビング・ダイニング・ゲストルームと繋がるテラスバルコニーのレッドシダーの縦型シェードは各部屋のプライバシーと防犯を守りながら空間に開放感を与え各部屋に木漏れ日のような優しい空間と光を与えてくれます。 I6-House「木漏れ日のある家」は天気の良い日にはリビング・ダイニングと一体感のあるテラスバルコニーでホームパーティーやバーベキューなどが出来る家族とのコミュニケーションを図ることで、何時までの家族が楽しめる家になって欲しいと考え設計しました。

    株式会社アーキテクト憧
    • 1601
    • 19
  12. 【リノベーション事例】カフェのように寛げる趣味と理想の住まい

    ― 木造在来工法 中古一軒家の屋内フルリノベーション ― 日頃よりカフェ巡りを愉しんでいる珈琲好きなご夫婦おふたりだけのコンパクトな暮らしを可能にしたマイホーム・リノベーション。 映画・音楽鑑賞や読書など休日問わずゆったりと好きなことをして過ごせる理想のわが家をカタチに。

    OHESO GARAGE
    • 2550
    • 13
  13. ガレージのあるモノトーンの家(木造3階)

    モノトーンで仕上げ、木造とは思えないシンプルなデザインを実現した住宅です。 1階に広々としたガレージを設けたお宅です。 モノトーンがお好きな施主様の好みに合わせ、色彩計画は黒・白・シルバーの3色で基本は仕上げていますが、 外観のアクセントとしての縦格子の木製建具が建物の外観を引き締めています。

    sou建築設計室
    • 27942
    • 123

おすすめ

話題のキーワード

    362件中 1 - 20 件を表示