2階リビング

2階リビングに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく2階リビングについてご紹介しています。

  1. 菜園の風景を取り込む家・T-HOUSE nerima

    菜園の風景を取り込む家 敷地の西側に菜園があり、そちらに向けて建物を開き、風景を取り込む家。 2階にリビングを配置することで天井高さの高いLDKとし、 眺望の開けた西側に5帖程度の整形のデッキテラスを設け 2階南側全体にバルコニーを渡して、回遊性のあるプランとなっている。 2階の広いデッキテラス・回遊性のあるバルコニー・1階の浴室に面した南庭はわんぱくな子供3人と犬が駆け回り、ホッコリする和室は育児の間にも一息つける子育てママのための空間となるよう配慮した。 1階は子供の成長や、シーンに合わせて間取りを切り替えられるよう、フレキシブルにしながらも、寝室・洗面・浴室廻りは豊かな時間を過ごせるよう、色や仕上げに拘った。

    大坪和朗建築設計事務所
    • 1065
    • 6
  2. 隣地は3mの崖地!2階リビングで眺望を手に入れた東向きの家。

    敷地は、東西に長い矩形で、西と北が道路に接し、東は隣地が3m下がった崖地でした。南には、2階建てアパートが計画されており、採光が期待できないことから崖地の高低差を利用した東向きの家としました。 お施主様のご要望は、妻方のお母様とお施主さまご家族(夫、妻、娘)とが、お互いのプライバシーを確保しながら暮らすことができる2世帯同居住宅とすることでした。 具体的には、①スナックバーを経営する旦那さまが、日中に静かに眠ることができるようにしたい。②お母様の生活とお施主様ご家族の生活はできるだけ分離させたい。③世代交代しても住みつなぐことができ、近い将来にはカフェを営むことができる間取りと、来客用の駐車スペースが欲しい。④風水を考慮して、門を北向きに設け、子供部屋は東側にしたい。というもので、お母様とお施主様ご家族の生活スペースを階別に明確化し、1階には、お母様の空間を玄関近くに設けることで、世代交代後に客間として機能するようにし、カフェへの転用を考えたフリースペースと駐車スペースを補うビルトインガレージを設けました。2階は、東側に子供部屋を設け、スキップフロア構成とすることで広がりを与えています。

    清建築設計室
    • 1310
    • 13
  3. 2階リビングZEH・ゼロエネハウス

    周囲の条件を考慮して、日照の十分得られる2階リビングを選びました。屋根の傾斜をそのまま現した勾配天井の広々したワンルーム空間です。竣工後1年経過しましたが太陽光発電量が使用量を上回る完全なネット・ゼロ・エネルギー・ハウスであることが実証できました。2階から見下ろす視点を意識した庭づくりもSUR都市建築事務所が計画しています。

    SUR都市建築事務所
    • 889
    • 7
  4. ガーデンリビングの住宅

    2階リビングの住宅ですが、ガーデニングが趣味のご主人のために1階にも仕事室を兼ねた第2リビングがあります。2階LDKは勾配天井のおおらかなワンルーム空間で、広めのバルコニーから庭を見下ろせます。南には十分な軒を出し、通風にも配慮した地中熱利用のパッシブデザインと、たっぷりの太陽光発電で非常に省エネ性能の高い建物になりました。

    SUR都市建築事務所
    • 724
    • 5
  5. 茶庭と空中リビングの住宅

    1階を趣味のためのスペース、2階を生活のためのスペースとした、中庭を囲む2階リビングの都市型住宅です。2階リビングと中庭により、生活空間には十分な日照が得られ、パッシブソーラーハウスとして十分機能します。1階にはお茶室と自転車のファクトリーがあり趣味の時間を堪能することが出来ます。中庭は茶庭として作り込みました。全体にゆったりした空間ですが、高気密高断熱と地中熱利用のパッシブデザインにより省エネで快適です。

    SUR都市建築事務所
    • 876
    • 5
  6. ヨーロピアンテイストの家(漆喰塗と木製窓・八雲の家)

    駒沢公園にほど近い目黒区八雲の住宅地に建つご夫婦とふたりのお子様が住まわれる木造2階建ての戸建て住宅です。 パリに在住経験のあるご夫妻から、日ごろの作風というよりもむしろ家づくりに対する姿勢をご評価頂き依頼を受けた住宅で、 当事務所としては初めてといっていい「ヨーロピアンテイスト」の住宅です。 洋風とはいっても、基本的な平面計画や構造、収納、設備等に対する考え方は、あくまで当事務所の基本スタイルであるシンプルで合理的な考え方によるものです。 敷地面積は約24坪。 ビルトイン形式の駐車スペースとロフト以外の床面積は30坪弱。 敷地の制約やご主人の仕事上で欠かせない書斎を設ける必要があり、居住スペースはどうしても手狭になりがちな計画ではありましたが、 ・廊下を可能な限り少なくする ・天井の高さを利用して空間に変化を持たせる といったことにより、可能なかぎりゆったりとした場をつくるべく計画をしたものです。 「小さな敷地での家」 「2階リビング」 「自然素材による内外装」 「ヨーロピアンテイスト」 といったことがこの家で求められたことであり特徴です。 平面計画としては、 ・駐車スペースと玄関とは分離することで落ち着きのある玄関アプローチに ・各諸室は広くなくても、家族が集まるリビング廻りは可能な限りゆったりと ・子供室は将来平等に区切ることができるように ・ご主人の書斎は外が眺められる位置に ・キッチンは独立した機能重視の場に といったご要望に応えたものです。 仕上げは、白壁の内外壁ともスイス漆喰、床は全て無垢材に亜麻仁オイル、その他木部はリボス塗といった自然素材を用いた家です。

    中川龍吾建築設計事務所
    • 799
    • 1
  7. 桃井M邸

    敷地は四方が建物で囲まれた旗竿形状です。このような住環境の場合によく推奨する、2階リビングの立体コートハウスをご提案しました。 1階はコの字型の配置、門扉を介して一旦中庭を経由してから玄関にアプローチするスタイル。センターからアクセスすることによって廊下面積が最小限のコンパクトなプランを実現しています。一方2階は勾配天井を持つ大きく開放的なLDKが中心で、南側にはデッキテラス、中庭上部の吹抜け、小さな和室が一列に並ぶという構成です。この中庭は完全なプライバシーが確保されており、適度な採光や通風を享受するとともに、住まいの各所から窺える魅力的な中間領域となっています。 ただし・・・、中庭を経由しての搬入を予定していた2階の大型のソファーの納品が遅れてしまったため、この中庭の植栽工事が引渡し後だいぶずれ込んでしまいました。年末ぎりぎりとなって、ソファー納品、その直後に樹形の綺麗な株立ちのアオダモが中庭に居座って、これでやっと!気持ちのよいお正月が迎えられるのではないでしょうか。

    遠藤誠建築設計事務所
    • 639
    • 10
  8. 下連雀Y邸

    ファーストプランの時に一番考えたのは、既に2階配置が決まっていたL・D・K及び中庭との相互関係でした。提案プランは決してインパクトの強いものではありませんでしたが、施主のYさんにはこのバランスを気に入っていただき、ご採用いただけたようです。 中庭とデッキテラスをL字型に囲む立体コートハウスで、LDKのみならず1階寝室や土間玄関からも、塀で囲われた中庭を介して採光、通風、そして緑の眺望を享受することができます。またL・D・Kは異なる天井高とするなど、家全体の空間は緩やかにつながりながらも抑揚のある構成となっています。 中庭のシンボルツリーを、最後にYさんと共に植栽畑に選びに行った際、なかなか決められないことが多かった?奥様が「この樹がいい!」と即決していただいたことが印象に残ります。(少し予算オーバーでしたが…)このアオハダという樹が2階の目線レベルまで育つ頃には、より良いバランスの住まいとなることでしょう。

    遠藤誠建築設計事務所
    • 486
    • 3
  9. 柿の木台M邸

    通常2階にリビングを置くプランは、明るく開放的なLDKとなる一方で、1階にその分のしわ寄せが生じます。また平面の中央に階段を配する案は、全体の動線がコンパクトに収まる一方で、広々とした空間が確保し難い傾向があります。この住宅ではその両方を採用し、更に階段真上をトップライトにすることなどによって、それらデメリットの解消を試みました。だから一見どこにでもありそうで、あまり見かけないにプランになったかもしれません。 施主のMさんは建築デザイン全般に対する造詣が深く、空間に対する光のあり方に鋭敏で、よってこんなちょっと変わった?空間構成の提案に対しても深くご理解いただき、受け入れていただいたように思います。住まい手はそんな方でしたので、ステップアップするデッキテラスや、ピクチャーウインドウ前の造り付けのソファー、木製サッシ廻りの納まりなどの細部に至るまで、こだわりを持って色々なテーマに挑戦した住宅となっています。

    遠藤誠建築設計事務所
    • 597
    • 3
  10. ゆふのいえ

    ゆふのいえは約43坪の住宅です。1階にはビルドインガレージとお母様のお部屋、フリースペースを配し、2階はお施主様ご夫婦とお子様のための空間となっています。 外観は、チャコールグレーと薄いベージュという落ち着きのある配色で仕上げ、斜線制限をかわすように掛けた切妻屋根の上には、集熱式の次世代ソーラーシステム「そよ風」を搭載しています。内部はスキップフロア構成により視線と動線をずらすことで空間に広がりを与えながら、大容量の床下収納を確保しています。 もっと写真を見たい方は下記URLにアクセスしてご覧下さい。 http://www.seiarchitect.com/yuunoie.htm

    清建築設計室
    • 564
    • 4
  11. かみてつのいえ

    かみてつのいえは、店舗併用住宅です。もっと厳密の言うと店舗併用2世帯同居住宅といったほうがいいのかもしれません。クライアントである子世帯のご家族が、理容室を経営しながらお父さんお母さんと同居して暮らすための58坪の住宅です。 外観は、店舗に必要な非日常感と住宅がまとう日常感とが混在するちょうど良いバランスとなるように配慮しています。間取りには、フルオープンできる木製サッシを開け放てばウッドデッキと室内が一体となる開放的なプランと、高齢者に配慮した行き止まりのない回遊動線を取り入れています。

    清建築設計室
    • 602
    • 2