マンションリノベ

「マンションリノベ」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「マンションリノベ」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 戸建てよりも低コストな「フルリノベーション」がおすすめ!リノベで叶える理想の都心ライフ

    今、大注目のリノベーション。新築一戸建てではなくリノベーションを選択した夫婦2人の、誰もが憧れる都心ライフはどのようにして生まれたの? リノベーションを決意した経緯や気になる平日・休日のライフスタイルに迫ります。

    フリーダムアーキテクツ
    • 10433
    • 94
  2. におの浜マンションリノベーション(猫と収納と植栽が共に暮らす家)

    本計画は、琵琶湖が望めるマンションの一室のリノベーションです。家具が好きなご主人・植物が好きな奥様と猫2匹が一緒に暮らすご家族。お子さんの誕生を機に新しい住まいへという思いから始まったプロジェクトです。今回プランを考えるに当たり“猫と家具と植栽”をコンセプトとしました。 私たちは猫と人が共に豊かに暮らす空間を家具を使いゆるやかに繋げる空間を考えました。 “猫の目線”からの空間を考え壁面に家具を配置し、その家具を縫うように猫の動線 を設けます。そこに人が使用する収納空間や植栽を配置することにより猫と人との目線 を繋げたり、人、猫のそれぞれの居場所を作り、人と猫の気配を感じあったりできる空間となるデザインとしました。 フロア上では人が生活し、人の手が届きにくい上部や床面付近の余白空間で猫が生活します。収納家具のデザインは、置き家具や家電がぴったり納まるような配置として計画しています。余白空間をうまく利用し設計を行い。収納家具とキャットウォークの2つの要素が合わさることで、人にとっても猫にとっても素敵な空間へと変化させました。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 2453
    • 22
  3. 守山のマンションリノベーション(広さを感じる間仕切り収納のあるマンションリノベ)

    広がりを感じる間仕切り 本計画は、滋賀県守山市駅前にある築30年のマンションである一室をリノベーションしたプロジェクトです。 一室は、約68㎡(20坪)ほどの空間です。 この限られた空間の中で、必要部屋数を確保すようとすると、リビング空間は満足な広さがなかなか設けることができず、狭くなってしまいます。 そこで今回は、各部屋を仕切る間仕切りかたに着目しました。 一般的な間仕切り壁は、空間を分けるためにもうけます。 完璧に空間を分けてしまうと、部屋は狭くなってしまうため、間仕切りをスリットの要領で一定方向に連続して配置させます。 そうすることで、壁という圧迫感を軽減させ、かつ、スリット状に間仕切り壁を配置させることで、スリットの間仕切りで仕切られた部屋と部屋がこの壁を介し、お互いの空間を共有することができ、空間を広く感じることができます。 またスリット状になっているので、見る角度によって目隠しの効果を生み出し、壁と壁の間に棚を付けることで、収納の役目を果たし、物を片付けることで部屋と部屋の視線を遮ることができます。 壁という概念を少し違う角度から見つめなおすことで、空間と空間を緩やかに繋ぐことを可能にし、広がりのある空間となるようにしました。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 465
    • 6
  4. パノラマビューのリビングを手に入れる

    一般的なマンションは縦長の空間です。そこに計画されるリビングも必然的に縦長のプロポーションになってしまいます。 しかし、そのプロポーションを変えるだけでこんなに素敵な住まいになるります。もちろん今お住まいのマンションが縦長だったら難しいですが、次のマンションを選ぶとときの参考にしてみてはいかがでしょう

    STUDIO KAZ
    • 1030
    • 16
  5. 中京区マンションのリノベーション(都市の中で外が感じられるマンションリノベ)

    都市の外部的空間  本計画は、京都市中京区にある築31年の都市型マンションの一室の リノベーションを行うプロジェクトです。 都市部で密閉されたマンションの居住スペースは、外部との接続を断ち切ったような空間となっています。 そこで、密閉されたマンションの中でリビング空間を外部的要素にデザインすることにより、テラスのような、坪庭のような、室内のような、室外のような空間をつくりました。 また、開放的で半屋外空間にいるような場とすることで、外部と内部を緩やかに繋いでいます。 プライベート空間は、最小限のスペースとしています。 建具にアンティークガラスを使用することで、プライバシーを確保しつつ、半屋外空間から光を取り込み、内部空間にあたかも、庭から光が入り込んでいるような状況をつくりだしています。 家の中に外が生まれ、そこに室内にあるべき要素が加わることで、中と外が日々の生活を通じ、混ざり合い、この家だけの、ここに住む人だけの中と外の豊かな関係性が出来上がるのではないかと考えています。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 863
    • 10
  6. 板橋マンションリノベーション

    奥行きが深く、中央の耐力壁により住空間が2つに分断された住戸ユニット。 耐力壁を含む住戸中央部をサービスゾーン(お風呂、洗面脱衣室、トイレなどの水廻りや家族用クローゼット、パントリーなどの収納)と位置づけ、 その両側、窓際の明るいスペースを居住ゾーンに充てた。 明るく快適なLDK、個室、子供スペースには、それぞれ異なるテーマカラーが施され、 場所ごとに変化のある楽しい住空間となった。 LDKからアクセスする子供スペースは、それぞれに机・ベッド・収納が設えられた独立した部屋ながら、 上部が連続した、風通しがよくお互いに気配の感じられるコージーな空間となっている。

    アトリエハコ建築設計事務所
    • 629
    • 4
  7. 南青山マンションリノベーション

    約76平米のマンション住戸リノベーション。 既存住戸の雁行形状を活かしたおおらかなワンルーム空間。 スペースが適度に分節された過ごしやすい住宅を目指しました。 各コーナーが互いに見通せたり、隠れたり、 見る方向や位置によって様々な奥行き感、『部屋』感が感じられる空間です。

    アトリエハコ建築設計事務所
    • 1193
    • 2
  8. オシアゲマンションリノベーション

    スカイツリーの見える中古マンションのリノベーション    光と風を満喫できる開放感いっぱいのハコ・立地を生かすべく 小割りに仕切ったいわゆるマンション間取りを一掃。 さっぱりとスケルトンに。 おおらかな空間に4Mのキッチンカウンターが鎮座する おうちパーティ仕様の家です。

    アトリエハコ建築設計事務所
    • 623
    • 2

おすすめ