ウレタン塗装

「ウレタン塗装」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ウレタン塗装」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 20年愛用のダイニングテーブルの天板を塗り直しで、ピカピカ&ツルツルに変身させました!!

    お客様より、20年ぐらい使用しているダイニングテーブルの(ウレタン)塗装が剥がれてるんだけど……とお直しのご依頼を受けました。 天板だけ数日お預かりして…ピカピカ&ツルツルに…♫♫ ウレタン塗装の塗り直し…是非ご覧ください。

    木材工房 PETIT CACHETTE
    • 22890
    • 118
  2. 「アカシア無垢フローリング」とわくわくがたくさん詰まったおうち

    アカシアフローリング(VA90-00)、オーク単板(MILANO-D)、ベルックス天窓をご採用いただきました。 いたるところに、遊びごころ満載でこの画像も撮影した中でも一部だけで全部載せられませんでした。。。 玄関の扉や框も大工さんにお願いしてひとつひとつ貼り合わせていただいたとのことです。

    e-建材ショップ
    • 883
    • 5
  3. キッチンのデザイン(その1)|家具としてつくるキャビネット|統一感をもたせたインテリアコーディネート|

    キッチン、ダイニング、リビングをワンルームでデザインする時に特に注意しているのが、キッチンが機器的にならないようにしています。 キャビネットの材質や色はもちろんですが、冷蔵庫に至るまですべてカラーコーディネイトしないと、機器に囲まれたリビングになってしまいます。 この住宅は、シンク、食洗機をアイランド型のキャビネットに収めて、調理器は壁面に配置しています。冷蔵庫や電子レンジもビルトインです。 アイランド型の場合は、キャビネットそのものを、家具のように見せる工夫が必要です。そうしないと野暮ったいデザインになってしまうので、特に注意が必要です。 足元の蹴込み部分(台輪)を深くすることで、床から少し浮いたように見せています。 カウンタートップはコーリアン、キャビネットはウレタン塗装です。

    長井義紀建築設計事務所
    • 2182
    • 16
  4. 愛着のある家具の修理 テーブルの塗装直し (突き板タイプ) ノックオンウッド 自由が丘 海老名店

    テーブルの塗り直しの実例です。 こちらは無垢の商品では無く突き板の物をご紹介致します。 突き板とはその名の通り板を薄く突いた物で厚みは約0.3ミリ、、 それを下地合板の上に貼り付けた物を使います。 デザインが選べる反面保護する塗膜がやられると劣化が進み易く 最悪の場合は交換することになりますので早めの塗り直しが必要な素材です。

    Knockonwood【一生使える木の家具屋】
    • 7524
    • 5
  5. 自然素材の良さを味わう 『無垢床と合板床の違い!』

    先日お越しになったお客様が仰った事。 「無垢の床と合板の床って、見た感じでは区別がつかないんです…。」 う~ん、これ実は私も前から感じていたことです。 ずっと何でかなあと考え、私自身が木を見る目がないのかと落胆したりもしていました。 それが、実際にこのようにお客様からご意見をお聞きしお話していたら自然とその答えが見つかったのです。 合板フロアーというものは、合板材に薄い無垢材を張り合わせたものなので、表面は無垢に見えないこともありません。 しかし、その質感は全然違うはずです。 それでは、何故同じように見えてしまうのか?? それは、表面に施す塗装の問題なのです。 今、床材に一般的に使用されている塗装方法は、ウレタン塗装というものです。 これは、床材に傷がつかないようにするための言わばコーティングです。 合板の場合は、傷がつくと表面の無垢部分がすぐにはげてしまうので、保護する必要があります。 これを無垢床にも使用しているケースが多いのです。 同じ塗装方法なので、見た目も同じようになってしまうのではないでしょうか。 しかし、せっかくの無垢床をこのように固めてしまっていいでしょうか? これは考え方にもよりますが、無垢の木は少々傷がついたところで価値がかわるものではなく、逆に味わい深くなります。 私たちは、その考えから柿渋自然塗料をお勧めしています。 その理由は、他にも ・自然塗料なので健康的 ・無垢の木の調湿性を阻害しない(ウレタン塗装は上から固めてしまうので遮断されてしまいます) ・自分自身でも塗ることができるのでメンテが楽(ウレタン塗装は自身では困難) ・塗装色を多種類から選べる ・ぬくもりがある(肌触りが優しい) このように、自然塗料は無垢の木の良さを最大限に引き立ててくれるのです。 せっかく無垢の木(床材)を使用しているのに、その使い方(塗装)が異なると、良さが半減してしまいます。 細部までこだわらないと本物とは言えません。 その大切さを改めて感じました!!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 878
    • 3

おすすめ

話題のキーワード