家具修理

「家具修理」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「家具修理」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. B品無垢フローリングでエイジング羽目板作り

    無垢材って結構高額ですよね。 当ショップviseも基本的に壁は塗装仕上げですが、一部工具を掛ける壁面は最初から羽目板で行きたいな、とイメージしてました。 でも正規で購入すると予算が合いません。 いろいろ調べた結果、B品無垢フローリングに辿り着きました。 なんと1ケース/¥6000程度で購入。 どこがB品かというと、接ぎ手のピッチが短く、端材で接いだ感はあります。 が、そこは最初からエイジング仕上げを目指していたので問題なし。 すぐさま購入し、加工に入るとやはり狙い通りの表情が出ました。 無垢の素材の持つチカラってすごいですね。

    フィズ リペアワークス
    • 3035
    • 36
  2. 愛着のある家具の修理 椅子編(椅子の張替え、塗装直し、緩み直し、家具修理)自由が丘店 海老名店

    主にダイニングルームで使われるなどの椅子の張り替え、緩み直し、塗り直しなどの実例をアップしていきます。特に塗装はウレタンで仕上っている物をラッカーにて変更することでヴィンテージ感を出す事をお勧めしています(^-^)/ 窓口は自由が丘店と海老名店のお客様です。家具修理はお気軽に。

    Knockonwood【一生使える木の家具屋】
    • 8739
    • 32
  3. 家具修理専門店「vise」について

    家具文化がまだまだ浅い我が国日本。 そんな日本の家具シーンでは家具を普及させていくのが今までの時代でした。 そして昨今は「モノが溢れている時代」 一口に家具と言ってもアンティークからドメスティックブランドの家具やインポートもの、量販店と多種多様です。 でも使い手は選んで毎日使い、使い込む家具が傷んで行ったらどこに持っていくのでしょうか? 「家具の修理ってどこに持っていけばいいの?」 購入したお店でしょうか? それとも街の椅子張り屋さん、、、 目黒区柿の木坂の環七沿いに2013年10月に家具修理専門店として「vise」は誕生しました。 運営するのは家具修理と建材リペアの業種で10年以上の実績をもつ「フィズ リペアワークス」 行くあてなき古びた家具を蘇らせるためだけでなく、直して使う喜び、家具は直して使い続けられるということへの認識、相談、ワークショップ、インテリアに関する情報などなど家具が好きな人だけではなく、生活する上で不便に思っている人たちに向け、「家具修理は身近なもの」にしてもらうコト、を発信しています。 そう、洋服のリフォームや時計や靴や車の修理やカスタムのように。 家具の工場や販売店が請け負う修理ではない、家具修復、リペアを専門に実践してきた修理のスペシャリストが提供する全国的にも希少な「家具修理」のサロンショップです。 是非お近くに足を運ばれた際はお立ち寄りください。

    フィズ リペアワークス
    • 1766
    • 9
  4. Yチェア笠木割れの修復

    シャープで美しい曲線のYチェア。世界中で愛されているロングセラーの名作ですね。 しかしその華奢なフォルム故、この笠木〜アームにかけての割れや折れなどで修理依頼を受けるケースも多いです。 家具修理は補修でありがちなビジュアル的な部分だけに重点を置いても無意味です。 しっかり直して使えるようにしないとね。

    フィズ リペアワークス
    • 684
    • 5
  5. 愛着のある家具の修理 テーブルの塗装直し (突き板タイプ) ノックオンウッド 自由が丘 海老名店

    テーブルの塗り直しの実例です。 こちらは無垢の商品では無く突き板の物をご紹介致します。 突き板とはその名の通り板を薄く突いた物で厚みは約0.3ミリ、、 それを下地合板の上に貼り付けた物を使います。 デザインが選べる反面保護する塗膜がやられると劣化が進み易く 最悪の場合は交換することになりますので早めの塗り直しが必要な素材です。

    Knockonwood【一生使える木の家具屋】
    • 7481
    • 5
  6. 素材×素材×技術

    家具修理を行うのに特別な道具や材料は特に必要としません。(大掛かりなものや効率性を求める場合は別ですが) 極端なことを言えば100均でも十分な材料が揃います。 が、やはりいい仕上げ目指したしたければ「ホンモノの素材」を使うべきです。 ディテールや細かい素材、作業工程に拘ることで最終的な装飾材のポテンシャルは活かされます。 逆を言えば素材を粗悪にすればするほど保たないし、如実に仕上がりに出ます。 またホンモノの素材は正直てもあります。 確かな技術の元でしか活きてきません。 クラフトマンがホンモノをわからず「ミソも〇〇も、一緒」という考えで仕上げていったものは何かが欠如しています。 それは作り手、直し手の「おもい」 が入ってないのです。 世の中には同じような商品が一杯溢れてますが、質の良い「素材」を知り 、触れることは、小さい拘りかもしれませんが大事なこと、なのです。

    フィズ リペアワークス
    • 780
    • 5

おすすめ

話題のキーワード