通り土間

「通り土間」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「通り土間」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 下戸山の家リノベーション(古民家カフェみたいな日本家屋リノベーション)

    「田の字の家」周囲には田園風景がひろがる築53 年80 坪の日本家屋。 若い夫婦と子が住居として日本家屋を購入しリノベーションをすることとなりました。 53 年前の日本家屋を新しい生活の場として次の世代へ住み継がれていくことをコンセプトとし、古く良き モノと新しいモノとを調和させ、そこに中間領域を織り交ぜたような住宅はできないかと考えました。 まず築53 年の中で増改築された部分を取り除き、本来の日本家屋の様式である田の字の空間に戻し ます。そこに必要な空間のボリュームを落とし込んでいきます。そうすることで、必要のない空間(余白の空 間)が生まれます。そこに私たちは、外的要素を挿入していくことを試みました。 元々和室だったところを坪庭にしたり、縁側を外部に⾒⽴てたりすることで様々な要素が織り交ざりあう空 間の心地よさを作り出しました。 昔からある素材を残しつつ空間を新しく作りなおし、そこに外部的要素を挿入することで 豊かな暮らしを生みだしています。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 2513
    • 25
  2. アプローチから南庭まで路地の貫通する住空間 : 一乗寺の住宅

    北側に接道面を持つ敷地に建つコンパクトな住宅の計画です。 ボリュームや屋根の形状は周辺環境となじむオーダーを持たせていますが、外部からの距離感の取り方としてのアプローチから庭まで抜ける路地空間が配されています。 南北を軸に持つこの路地を歩きながら西側に視線を向けると南庭と一体となった生活空間が大きく開かれていますが道路からは雁行しているのでうかがい知ることができません。 さらに吹抜けハイサイドライトから空への視線の抜けや吹抜に設置されたブリッジなどにより立体的な視軸と回遊性をもたらし多様な生活シーンを演出しています。

    in-ex design. インエクスデザイン
    • 1611
    • 12
  3. 「通り土間」のある家

    変形敷地+角地をどう活かすか、『古きよきものが好き』という お施主様のご要望にどう答えるか、というところから計画がスタートしました。 建物は敷地形状に合わせ変形した形としたため、この家には真四角の部屋が 1つもありません。1階部分には、敷地を通り抜けできる『通り土間』を設け、 2階には、LDK、子供室を配置しました。 構造体を見せたダイナミックな天井が、見せ場となっています。 全体的に骨太で、ガッチリとしたイメージ、空間に陰影を作るよう光の入り方を 検討し、シックで重厚感のある住宅が完成しました。

    傳寶慶子建築研究所
    • 1227
    • 9
  4. 片流れの2階建て・遠州おおやねの家

    建設地:静岡県浜松市 竣工:2013年5月 工法:木造在来工法(トップランナー基準適合) 2013年度 地域住宅計画賞 自立循環型住宅部門 奨励賞 受賞 施主ご自身が、薪ストーブのショップを商われている方の自邸。 勢いプライベートと商いの距離感がうすれがちになるところを、 うまく空間を切り離しながら、いざとなればショールーム的に使えるように各部を設えました。 大きく構えるコト無く常に等身大で、でも信ずる自身の考えを、 薪ストーブを求めるユーザーさんに伝え続ける。 そんな彼の自宅を、kameplanなりに解釈して作り上げました。

    kameplan architects
    • 788
    • 6
  5. 茶畑の家

    山の窪地の見渡す限りの広い茶畑の中に建つ住宅です。 緩やかな周囲の傾斜に合わせ、南側の庇を長く突き出した建物は広く広がる浅くて低い勾配のシルエットで構成しています。 プランは周辺地域の慣習を考慮し、農作業の途中でも気兼ねなく立ち寄れるように、中央を貫く土間を介して、客間と家族の空間を分離しています。 土間には広い敷板があり、座敷に上がらなくても気軽に座れるスペースとなっています。 リビングは全開放の木製サッシを設置し、外部デッキと共に広い庭や茶畑と、外へと広がりを持ってつながる開放的な造りとしています。

    原空間工作所
    • 703
    • 2
  6. 浜松の家

    最低建ぺい率の規制のある敷地で限られた予算の中、ローコストでもハイクオリティの住宅を計画したものです。建築面積から割り出された建坪を確保するため、小さな2階を設けることでの空間の貧弱性を回避して、1階の階高を下げ、外部になるところを内部とし、開放感のある吹き抜けを設けることで空間を充実させて、コストのかかる建物外表面積を削減しています。パッシブデザインを取り入れ東西方向はプライバシー確保とエネルギーロスを抑えるため、開口部は最小限にして南面に大きな開口部を集中しています。プランは玄関からキッチン裏口に至る南北を貫く土間を設置することで、サービススペースを確保し、パブリックとプライベート空間を分離しています。また、2階の各個室は吹き抜けを介してパブリックスペースと接続され、常につながった家族の安心感の確保しています。

    原空間工作所
    • 683
    • 4

おすすめ

話題のキーワード