建築士

「建築士」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「建築士」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. もし偶然素敵な佇まいの住宅に出逢った時には、趣のあるプロダクトが設えてるかも…と想いを巡らせてみてはいかがでしょう✨

    ただいま “📪ポスト+α”の製作に取り組んでいます。 これまで手掛けた住宅では出来る限りプロダクト(表札や手すり、ポストや門扉、家具etc…)もオリジナルでの製作を心掛けています。 住宅に組み込まれるひとつひとつのプロダクトはちいさなものでも、ささやかなこのデザインが住宅にじわじわ~と浸透して全体の佇まいに輝きを与えてくれることを知っています。だからデザイン&設計の手抜きなんて出来ません…どころか!形やデザイン、使用者の動きや心理、ミリ単位の寸法や収まり、材料やこれから使い続けていく時間についてetc…デザインの思考は止まりません😆💦 あらゆる種類の便りが届く昨今。 住人のニーズや設置する状況に寄り添うよう、サイズや動作からくるデザインのスタディを何度も繰り返し、使い勝手の良さ・性能にももちろんこだわります。そのうえで住宅の佇まいにしっくりと、そして訪れる人を静かにお迎えする玄関先に相応しい“ポスト”のカタチをめざします。 そしてつい先日、“ポスト”が完成し、木工家さんより納品いただきました。 しかし今回これで終わりではないんです😊 冒頭に書いたように普通の“ポスト”でなく、これから“+α”な製作が続きます。その+αは今後またお伝えしようと思っています😊 このあと引き継いでいただく職人さんにポスト📪をお渡しして現地説明。 プロダクトも住宅も一番輝く姿を求めてここまで来ました😂✨ 完成間近です✨ 住人の皆さんの笑顔とともに私たちも楽しみでなりません😊✨ #設計 #山道勉 #木工 #簀河原淳 #建築 #建築家 #設計事務所 #山道勉建築 #建築家とつくる家 #家づくり #プロダクトデザイン #オリジナル #経年美化 #物語のある家具 #心動くモノたちを生み出すひとこまをお届けします #大分 #architect #architecture #architectural #design #japanarchitect #japanesearchitecture #oita #japan #original #wooden #mailbox #product #productdesign #tsutomuyamamichiarchitect

    山道勉建築
    • 189
    • 0
  2. 拾石の家/職住一体の暮らし おおらかなコートハウス

    コの字型平屋の「母屋」と事務所仕事も出来る趣味の部屋の「離れ」で中庭を囲み、日々の生活を柔らかく包み込むコートハウス。中庭を介して程よい距離を保ちながら、子供たちの様子や働く家族の様子を感じられる。コーナー窓や程よく外に開いた中庭から、隣にあるご主人の仕事場の様子を感じる事が出来ます。北東側には、里山の風景を眺められる窓を設け、四季を取り込み豊かな生活を育む住まいです。白い塗り壁と木製の建具、庭木で住まいを彩ります。

    松原建築計画 / 一級建築士事務所
    • 411
    • 5
  3. 横地の家/趣味を楽しむ平屋の住み家

    昔ながらの風情が残るのどかな地に建つ、平屋片流れのコンパクトな住まい。好きなインテリアや音楽に囲まれてのんびりと丁寧に、暮らしを楽しむプランを心掛けました。玄関をくぐると天井の登り梁がリズミカルに壁や窓と調和した心地よい空間が広がります。アイランドキッチンを中心に家族が集うLDKには好みのインテリアや観葉植物が飾られ、住まいに色どりを添えています。片流れの高い天井によってコンパクトながら家族それぞれが自由に趣味を楽しめる場所が配置されています。

    松原建築計画 / 一級建築士事務所
    • 694
    • 5
  4. ワークスペースをクローゼットの中に作ってみました!「アフターコロナの住まい:06」

    クローゼットの中にワークスペースを? と、驚かれる方もいるかもしれませんが。。。。。 ウォークインクローゼットを、多目的に使えるスペースにする設えもあります。 ワークスペースとして一角を使い、その他を収納として使います。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 570
    • 2
  5. ワークスペースの配置は、家族との距離感、うるさくない・でも離れない距離感はここだ!「アフターコロナの住まい:07」

    台所の横に、書斎の様な本格的なワークスペースを配置しました。 この場所、絶妙な距離感の配置で、家族と完全に離れた場所では無く、かと言って、リビングそばの様な、家族の凄く近くでも無い。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 291
    • 1
  6. 小さな・小さなワークルーム「アフターコロナの住まい:02」

    働き方が変わり、リモートワーク、テレワークがアフターコロナでも広がるのは、確実。 自宅で働く時間が増えるであろう、アフターコロナの住まいでは、働く場所が家の中に必要になります。 そこで、小さなワークスペース、ワークルームをつくってみたい。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 517
    • 1
  7. 寺津の家/墨色の押縁板壁の家

    母屋の隣に建てた子世帯の住まいは、田畑の広がるのどかな場所にあります。母屋からの繋がりを考慮しつつ、一体感のあるのびやかな建物になりました。米杉に墨色の塗装を施した押縁の外壁は、地域に優しく馴染んでいます。地元産の幡豆石と雑木で造られたアプローチが訪れる人を和ませます。家族の集うLDKを中心に、庭に面した軒の深いテラスを設け内と外を結びつける要素となっています。畳コーナーや玄関土間にある障子など和の要素に現代的な要素を組み合わせています。

    松原建築計画 / 一級建築士事務所
    • 405
    • 4
  8. 【ホームページTOP】をリニューアル  スマートフォン向けにも対応可能

    ホームページのTOP頁をスマートフォン向けにも対応可能なようにリニューアルしました。 2月中をめどに、順次、各ページも更新する予定です。 PC上でも、プラウザの幅を狭くすると、スマートフォン向けのデザインをご覧いただくことができます。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 178
    • 2
  9. 「気持ちの良い吹き抜けのある家20軒」 【光を抱く家】掲載

    吹き抜けは複数の階を繋げる空間ですが、それは高い天井を生み出して、圧倒的な解放感を生み出します。また空間の繋がりを生み出すため、家族の繋がりを感じやすく、家族向きの家に最適な空間と言えるかもしれません。そんな吹き抜けのスタイルや外観は様々。そこで紹介したいのは20軒の吹き抜けのある家です。モダンな吹き抜けから、和の趣を感じられるもの、そして光を家に満たす吹き抜けなど様々な吹き抜けを紹介したいと思います。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 567
    • 6
  10. 「新鮮な空気を感じる部屋をつくるには?」 【スキップテラスの家】掲載

    家の中で過ごすことが長い人はもちろん,外で仕事をしていて帰ってくる人にとっても家の中が常に新鮮であると気持ちがいいですよね。逆に空気がどんよりとしていると気持ちもつられて重くなってしまうこともあります。「空気」という目に見えないところに気を配ることも心地のよい部屋を作るキーワードかもしれません。今回はそんな部屋の中を新鮮な空気でいっぱいにする6つのアイディアを紹介したいと思います。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 726
    • 5
  11. 「テラスで体感する自然の匂いと人のつながり」【スキップテラスの家】掲載

    海外でしばらく生活してみると実感することが、日本はとても四季がはっきりしているということだ。属する気候帯や地形がそうさせているのだが、実はこの様に春夏秋冬がバランスよく(ー主に約三ヶ月ごとに)移り変わる地域は地球上では少ない。桜に新緑、紅葉や雪景色、季節はそれぞれの自然の美しさを私達に見せてくれる。ただ景色を見るだけなら写真や映像でも事足りる。しかしなぜかそれでは物足りないのは、人はその季節の風や空気の匂いを自分の身体をもって体感したいという欲求があるからだ。多くの人が時間に追われ忙しい毎日を送る現代、もっと自然を体感する為の空間、テラスのある住宅を提案したい。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 979
    • 3
  12. 【高低差のある土地に建つスキップテラスの家】  段差を生かした家づくり

    フラットで四角い敷地よりも高低差のある土地や変形の土地などのほうが時として豊かな空間づくりが実現することもあります。今日は高低差のある土地に段差のある外部空間と室内を結びつけて多様な住空間を展開する家を紹介します。プライム一級建築士事務所が設計を担当した閑静な住宅地に建つ家です。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 763
    • 3
  13. 『シャープなフォルムのスタイリッシュな家』【トライアングルハウス】掲載

    間取りを考える際には動線や日当たり、室の用途など様々なポイントを比較しながら計画していくものです。どうしても動かせない室があったりすると空間が単調になったりしてしまうことも。少し空間に角度をつけてみると、新たな空間や自然エネルギーの流れが生まれたりするかもしれません。今回ご紹介するのは金属素材で仕上げるシャープな外観が印象的な住宅です。(株)プライム一級建築士事務所が手掛けたこちらの住まいは三角形と五角形の平面を組み合わせた新たな空間を生む多彩な住空間。シャープな印象のある鋭角な空間、新たに生まれた隙間に緑や光を呼び込むことで住空間に柔らかさをもたらすバランスのいい住まいです。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 716
    • 3
  14. 「リビングに階段がある家5軒!」【光を抱く家】が掲載されました

    階段は上下のフロアをつなぐ通路であり、設置する場所によっては生活の中で家族が上り下りする姿を見るなど視覚的に動きを感じさせるデザインとしての機能もあります。形状も様々で直線型もあれば螺旋になっているものもあり、インテリアとして取り入れるのに様々な選択肢があります。今回はリビングに階段がある素敵な家を5軒紹介致します。

    西島正樹/プライム一級建築士事務所
    • 844
    • 3

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    305件中 1 - 20 件を表示