車椅子

「車椅子」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「車椅子」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 車椅子を押してショッピング

    車椅子を押して初めてショッピングに行ったこと。 食料品等を買おうとショッピングかごを片手に掛け押していましたがあれもこれもとかごに入れていると片手では限界に。 椅子に乗っている人にかごを膝に載せる方法もありますが手足にマヒがある人にとっては苦痛以外にありません。 重い荷物やタマゴなど壊れてしまうものは落ちた時に大変なことになります。 ネットで探してみようにもそんな都合の良い物はほぼ皆無。 安全に快適なショッピングが出来るよう少し自分なりに車椅子をカスタマイズしてみました。 くれぐれも私自身の方法なので真似をされる方は要判断願います。

    美遊木みゆき
    • 5621
    • 2
  2. 車イスに配慮したバリアフリーの住宅 古木柱が印象的なキッチン

    全体の外観は、壁に白色系塗り壁材のランダム柄を採用し、ブラウン色のスレート柄のシングル葺、ホワイトの格子入りサッシにレンガトリムを配置し、輸入住宅風のかわいらしい雰囲気に仕上げました。 床は、銘木柄のフローリング、R型下がり壁、キッチン廻りに古木柱、モザイクタイルを採用し洋風テイストに設えました。 間取りは、車イス使用のご家族が生活しやすいように随所に工夫・配慮したバリアフリー住宅設計となっております。

    東仙ハウジング
    • 1127
    • 5
  3. バリアフリーフェスタかながわ2018~みんなで学ぶバリアフリー

    車椅子で乗り越えられないものはない体験コーナー「車いすで坂道をのぼってみよう&わが家のバリアフリーチェック」を出展します。 11月4日(日)11時30分~17時 横浜そごう(横浜新都市ビル)9階センタープラザ他 神奈川県知事や、ゆるキャラ かながわキンタロウやもくる予定です!

    M設計工房
    • 514
    • 4
  4. 玄関のたたきを綺麗にリフォーム!手法のバリエーションや注意点は?

    玄関のたたきのリフォームについての情報をまとめました。玄関の「たたき」とは、外から扉を開けて入ってすぐにある、靴を脱ぐための土間部分をいいます。ちなみに漢字で「三和土」と書いて「たたき」と読みます。たたきは、コンクリートやタイル敷きの場合が多く比較的劣化しにくい箇所ですが、日々ご家族やお客さんが立ち入るだけに、知らず知らずのうちに傷みが進んでいることもあるでしょう。今回は、玄関のたたきのリフォームについて、知りたい情報や事例などをご紹介しましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 17408
    • 11
  5. 玄関をバリアフリーにリフォームしたい!工事のポイントと注意点クォ、事例を交えてご紹介!

    玄関をバリアフリーに対応させるためのリフォームについてまとめました。室内のバリアフリー化は進んでいても、玄関はまだという家も少なくありません。高齢のご家族などが外出しやすい環境を整えるために、玄関のバリアフリー化が必要とお考えの人は多いはずです。今回は、玄関をバリアフリーにするリフォームの情報や事例などをまとめてご紹介します。ご家族みんなが元気にお出かけできる家をめざして、バリアフリー化を考えてみませんか?

    LIMIA 住まい部
    • 9310
    • 4
  6. バリアフリー・介護用トイレへのリフォーム!皆が使いやすい空間を作ろう

    トイレのリフォームの中でも、バリアフリー・介護トイレへのリフォームはよく行われています。自宅で介護をするのであれば、バリアフリーに対応した介護用トイレにリフォームすることは、ほぼ必須であると言えるでしょう。ここでは、バリアフリー・介護用トイレへのリフォームのコツについて解説します。

    LIMIA 住まい部
    • 6201
    • 4
  7. 成東の家

    漆黒の闇が広がる隠れ家『バリアフリーの家』です。車いすを利用される建て主にとって生活しやすいことはもちろん、一番の要望は『心が安らぎ落ち着ける空間であること』でした。安息の場に相応しい、黒のガルバリウム鋼板で覆われたスクエアな外観、黒い内装に白木の家具だけが林立する内観は、一切の装飾を捨て去り造形の単純化を突き詰めた最終形です。壁と天井はマットに、床は艶のある仕上げとすることで光を反射・吸収させ空間自体を照明装置化しています。太古の昔に人類が本能的に住居として選んだ洞窟、幼少時代なら秘密基地、大人ならこもり部屋、いつの時代も憧れの存在である隠れ家のようなバリアフリー住宅です。

    萩原健治建築研究所
    • 680
    • 3

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード