スケルトンリフォーム

スケルトンリフォームとは、住居をスケルトン(骨組み)の状態にし、設備や内装を全面的にリフォームすることです。大幅な工事となるためまとまった時間や費用がかかりますが、新築同然に生まれ変わらせることが可能です。ここでは、スケルトンリフォームについて事例を含めて紹介します。

  1. 【専門家監修】新築よりお得!?スケルトンリフォームを選ぶメリットとデメリット、費用についても紹介!

    スケルトンリフォームはリフォーム工事の中でも最大規模の工事です。ここまでくると「いっそのこと建て替えた方がいいかな?」と悩むラインに入ってきます。冷静に考えると建て替えた方がメリットの大きいケースも出てきますが、一般的にはスケルトンリフォームのほうがその工事金額も建て替え工事よりも大きく減額されます。また、古民家リフォームのような骨組みを意図的に残したいと考える場合にはスケルトンリフォームの出番となるのです。メリットやその費用などを詳しく説明していきます。

    LIMIA 住まい部
    • 12904
    • 9
  2. 住みながらのリフォームは可能?知っておくべき注意点を徹底解説

    実施するリフォームの規模や内容にもよりますが、仮住まいを用意せずに住みながらリフォームすることが可能な場合もあります。ここでは、どのようなリフォームなら住みながらできるのか、そして住みながらリフォームするメリットやデメリット、注意点についてまとめてみました。

    LIMIA 住まい部
    • 8990
    • 9
  3. 【注目】リフォームすると固定資産税が上がる?リフォーム後の固定資産税を徹底調査

    古くなった箇所を補修・改修して耐久性を高めたり、間取りや設備機器を変更して暮らしやすさをアップさせたり…リフォームは、老朽化した住宅を、機能的で見た目も良く、安全性の高い住宅に生まれ変わらせることができます。その一方で、気になるのがリフォーム後の固定資産税。リフォームによって住宅としての資産価値が上がったと見なされると、固定資産税も上がるのでしょうか?もし税金が高くなってしまうのなら、リフォームする前に知っておきたいところです。ここではリフォームと固定資産税との関係を詳しく解説します。リフォームによって固定資産税が上がるケースと上がらないケース、それぞれの特徴をしっかり把握しましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 112015
    • 29
  4. 2LDKから3LDK、3LDKから2LDKへのリフォーム費用はどれくらいかかる?

    家族が増えたり、あるいは減ったりして、既存の間取りに不便を感じるケースは多いでしょう。そんな時、住み替えや建て替えではなくリフォームによって間取り変更し、今のライフスタイルにマッチした住まいを追求する方が増えてきています。ここでは、間取り変更リフォームの中でも特に多いケースである2LDKから3LDK、そして3LDKから2LDKへのリフォームに注目し、かかる費用の目安についてまとめてみました。間取り変更リフォームを成功させるポイントも合わせて見ていきましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 37343
    • 5
  5. 700万円でできるリフォームにはどんなものがある?

    700万円という予算規模は、中古マンションなどの購入が十分想定内に入ってくる価格帯。新たに家を買うこともできる予算であえてご自宅をリフォームするのですから、現在の住居へのこだわりや愛着が強いというケースが想定できます。愛するわが家を後悔のないようリフォームするには、どんな方法を選び、どのような工夫や配慮が必要になるのでしょうか。

    LIMIA 住まい部
    • 13869
    • 2
  6. 500万円の予算でどこまでリフォームできる?

    500万円というと、多くのご家庭にとってかなり高額な出費になります。500万円の予算でご自宅のリフォームを考えた場合、「大金を使うのだから、できるだけ失敗や後悔はしたくない」という気持ちが強くなるでしょう。改修が必要な箇所の優先順位の付け方などに気を配り、予算オーバーを防ぎつつも、妥協や漏れのないプランを立てていくことが大切になります。

    LIMIA 住まい部
    • 27185
    • 5
  7. 300万円でできるリフォーム。おすすめの工事内容は?

    予算300万円でのリフォームを考えた場合、内装などではかなり大がかりな改修が可能となってきます。しかし、選択肢が広がれば広がったで、却って優先順位を付けにくくなるものです。迷ってしまったら、今一度ご自宅で改修すべき箇所や、好みなどの理由で優先的にリフォームしたい箇所について考えてみる必要があるかもしれません。

    LIMIA 住まい部
    • 34375
    • 7
  8. 築100年リフォームの費用・相場はどれくらい?実例別に徹底チェック!

    近年、旧家や古民家を再生させるリフォームに注目が集まっています。昔ながらの味わいを残しながら、古い家の弱点を克服させ快適に住める空間に生まれ変わらせることで、歴史ある住まいを代々受け継いでいくことができるのです。中には築100年を超えるほど築年数が古い物件も多く、大がかりな工事が予想されるだけに費用面が気になります。ここでは築100年リフォームにおける費用・相場に焦点を当て、目安としてどれくらいの費用が必要なのか、実例も含めてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 34026
    • 2
  9. 築70年住宅のリフォーム!費用・相場はどれくらい?事例もご紹介

    築70年を経た住宅は、もう立派に「古民家」と呼んでよいでしょう。実際、その時期に建てられた家が現在まで残っているとなると、当時のかなり良い材料を使ってしっかりと造られた優良物件である可能性も高いはずです。リフォームすることで価値を取り戻し、より長く暮らせる家にできることも期待できるでしょう。そこで今回は、築70年の住宅をリフォームするための費用・相場について、実際にリフォームを行った事例を交えてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 25322
    • 8
  10. スケルトンリフォームの費用・相場を徹底チェック!具体的にいくらで何ができるの?

    築年数が経つにつれて、内装や設備機器の至るところが劣化してきます。特に築20年以上の物件にもなると、全体的に古さと使い勝手の悪さが目立つようになり、部分的なリフォームではなくフルリフォームを考えるケースが多いでしょう。また、せっかく全体的にリフォームするなら…と、間取り変更を伴う大がかりな「スケルトンリフォーム」を行う方も多く、その人気は近年上昇しつつあります。そこで気になるのが、費用のことです。ここでは「スケルトンリフォーム」の費用に焦点を当て、費用の算出方法や相場についてまとめてみました。

    LIMIA 住まい部
    • 21934
    • 8
  11. マンションリフォームは住みながらできる?在宅リフォームのポイントをご紹介

    マンションのリフォームも大掛かりになれば、仮住まいを準備して一旦自宅を出る必要が出てきます。しかし、通勤・通学の都合や予算の問題などでできるだけ一時退去は避けたい、可能なら住みながらのリフォームを行いたいという方もいるでしょう。そこで今回は、住んだままできるマンションリフォームについてお話しましょう。どこまでの規模でリフォームが可能か、どんな対策が必要で我慢するポイントはどこかなど、詳しくご説明します。

    LIMIA 住まい部
    • 14855
    • 2

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード