蓄電池

蓄電池に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく蓄電池についてご紹介しています。

  1. 【ZEH+V2H(Vehicle to Home)対応】角地を活かしたマルチに停められる駐車場

    自宅の車の駐車スペースと駐車方法は検討の優先順位が低く、妥協や慣れに任せてしまいがちですが、今回は立地(周回道路の突き当りの角地で、近隣の数軒の住人様の通行がメインで不特定多数の車が行き来する立地ではない)を最大限に活用すべく、事前に徹底的に使い方を検討しました。立地を活かした、バック駐車が苦手な方でもストレスなく駐車できる駐車場です。基本的に2台駐車ですが、停め方次第(縦)では3台駐車も可能です。 外壁には(PH)EV用の200Vコンセントを設置しました。またEV用コンセントの横には将来的なV2Hへの拡張や蓄電池との連携を見据えたコンセントを設置。現在のハイブリッド車のように、EV化が進む数年先を見据えた設計としております。 また、V2Hにも対応できる分電盤(パナソニック製スマートコスモ)とHEMSによりスマートハウスを実現しております。 【ポイント】 ① 駐車スペースは普通車2台もしくは小型車・軽自動車を含めて3台。 ② 3方向に駐車可能。内2方向はバック駐車の必要が無い前向き駐車(前方道路へUターンせずに通り抜けメイン道路へ接続可能)。 ③ 植栽の縁石は車の車体より低く設定。タイヤの車止めにはなるが、ドアの開閉に影響はない。 ④ コンクリートには目印の溝を設置。どの方向にも停めやすい工夫。 ⑤ 駐車場の横に洗車にも利用できる立水栓を設置。 【V2H(Vehicle to Home)】について 太陽光で発電した電気は、自己消費以外は売電となりますが、今後の電気料金の値上りや、万一の災害等で停電となった際には、作った電気を貯めて使えることが理想です。そのためには蓄電池を設置する必要がありますが、現状ではまだまだ高額で費用対効果も良くありません。一方で急速に普及している電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)は大型蓄電池を搭載しており、これを蓄電池の代用として活用しようとする考え方がV2Hです。現時点ではまだハイブリッド車が主流ですが、これから先はEVやPHEVが更に一般的になると思いますので、この家は将来、EVやPHEVを購入された際にも対応できるように、あらかじめV2H用の配線を仕込んでおります。尚、V2Hとするためには(EVやPHEVとの連には)、電気を交換する「パワコン」を別途、設置する必要があります。

    共和木材工業株式会社
    • 837
    • 2
  2. 太陽光発電の売電って意外と知らない!!

    太陽光発電の記事2つをご紹介しました。ご覧いただけましたでしょうか。 太陽光の仕組みや技術についてご紹介しましたが、 今回は 太陽光発電を付けた後に役立つ! 太陽光発電について考えている方には知っていただきたい!「売電」についてご紹介します。

    「最高の普通」を実現する住まい(エースホーム㈱)
    • 963
    • 5
  3. 太陽光発電の導入時には蓄電池も一緒に!蓄電池の賢い選び方とは?

    太陽光発電システムの導入を考えるとき、蓄電池も一緒に設置することを検討している方は多いと思います。ただ、蓄電池にもいろいろなタイプがあり、メーカーが販売しているものはどれも良さそうで迷いますよね。そんな「蓄電池はどれを選べばいいのか分からない」という方のために、太陽光発電と一緒に導入するべき蓄電池の選び方をご紹介しましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 629
    • 1
  4. 蓄電池は太陽光発電と一緒に導入するべき?蓄電池の基本や種類をご紹介!

    太陽光発電システムを構成する機器には、太陽光パネルやパワーコンディショナーなどが有名ですね。これらはシステム上必要不可欠な機器ですが、任意で付け加える機器の中にも重要なものがあります。それが、電気を溜める役割を担う「蓄電池」です。今回は、この蓄電池の基本や種類について詳しく解説しましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3238
    • 4
  5. 太陽光発電と蓄電池って相性が良いの?蓄電池のあれこれ教えます!

    クリーンエネルギーと言えば太陽光発電システム。日本では普及率も高く、多くの家庭で導入されています。しかし、蓄電池となると一体どのような設備なのか、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか。何に使えるのか、太陽光発電とはどんな関わりがあるのか、蓄電池のいろはをお教えします。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3099
    • 5