お風呂上がりのお着替え:子どもが自分で出来る仕組み

毎日、子ども達に
「お母さ〜ん!タオル〜〜!パジャマ〜〜!」
と叫ばれてウンザリ…

そう思った時にふと気付いたのです。
子ども達が自分で取れる場所に置いていないのが悪いんだ。

そこで、我が家では子どもに合わせた
お風呂上がりのタオルやパジャマの収納を
このように工夫しています。

洗濯機上じゃ届かない!

ameblo.jp/

まず、タオルは洗濯機上に収納していました。
だけど、当たり前ながら子ども達には届かない。

そこで浴室を出てすぐの
洗面台下の引出しにタオルを収納することに変更しました。

ここなら出てすぐ。
何も準備せずに一目散にお風呂に入る我が子達が
タオルを準備し忘れても大丈夫です。

末っ子も1歳の頃には自分で出せるようになっていましたよ。

収納出来る場所がない時のひと工夫

ameblo.jp/

洗面台の引出しはタオルとバスタオルだけで満席状態。
とても子ども達3人分の
パジャマ類を収納することはできません。

そこで、洗濯機横の隙間に入る
スリムタイムの引出しを設置することに。

こちらに各自個別に下着とパジャマを収納しています。

子どもそれぞれの背の高さを考慮

ameblo.jp/

上から長男、長女、次男にしています。

特に次男はまだ小さいので
長男の位置だと引出し内が見えず取り出す事も苦労します。

ameblo.jp/

子どもの収納を考える際には
背の高さが出し入れしやすいかどうか?
を考える事もポイントです。

まとめ

ameblo.jp/

かなり省スペースでの収納なので
それぞれ、あまり多くの量は収納できません。

なので、
・最低限回せる量を決める
・オンシーズンの使っているモノしか入れない
というルールで乗り切っています。

この仕組みにしてからは「お母さ〜ん!」と
無駄に呼ばれる事もなく(笑)
子ども達が自分で出して使って、
着替える事が出来るようになりました。

洗面所でなくても近い場所で、
子どもが出し入れ出来るスペースなら使えると思うので
ぜひ、試してみてくださいね。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー