ひと工程で激変!ふわふわの「フレンチトースト」

わが家の休日の朝食は「フレンチトースト」が定番となっています♪近年ではレストランやカフェでもふわとろ食感だったり、話題にあがることの多い人気メニューですよね◎なんとなく手軽に自宅でも作れるイメージのフレンチトーストですが、実際に自宅で作ってみると、ふわふわにならなかったり、なんだかぱさぱさ!なんて経験はありませんか?一般的に知られている作り方は【卵液を作る→パンを浸す→焼く】といった手順だと思うのですが、ひと工程手間を加えることでじゅわっと卵液がよく染み込む、ふわふわなフレンチトーストの作り方をご紹介します。

  • 14
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

わが家の休日の朝食は「フレンチトースト」が定番となっています♪

近年ではレストランやカフェでもふわとろ食感だったり、話題にあがることの多い人気メニューですよね◎

なんとなく手軽に自宅でも作れるイメージのフレンチトーストですが、実際に自宅で作ってみると、ふわふわにならなかったり、なんだかぱさぱさ!なんて経験はありませんか?

一般的に知られている作り方は

卵液を作る→パンを浸す→焼く

といった手順だと思うのですが、ひと工程手間を加えることでじゅわっと卵液がよく染み込む、ふわふわなフレンチトーストの作り方をご紹介します!

出典:あんふぁんWeb

わが家のフレンチトースト定番材料

卵と牛乳はまぜない!?たったこれだけ◎

一番というか、たったひとつのポイントは、卵と牛乳、砂糖などを混ぜたいわゆる卵液は作らないことです!

手順としては牛乳、砂糖、お好みでバニラエッセンスなどを混ぜたものに、まずお好みのパンを浸します。

5分ほど置きパンに染み込んだらよくといた卵にくぐらせて、あとは焼くだけ!

簡単に言いますね?笑

・牛乳+砂糖(お好みでバニラエッセンス等)のみに浸す

・焼く前に溶き卵にくぐらせる

これだけです◎

卵を別にするだけで、パンへの染み込みやすさが全然違い、よく染み込み、しかも時間もぐっと短くなります!!

ちなみにどんなパンでもじゅわっとなりました♪

時短にはこだわらない時は、牛乳と砂糖を混ぜた液に浸したら、電子レンジで裏表1分ほど加熱するとぐっとじゅわっと感が増しますよ~!

また夜のうちに浸して一晩寝かして、翌朝焼くのもよいかなと思います。

わが家では食パンなら2枚、バゲットなら4切れにたいして、卵2つ、牛乳(オーツミルク)100㎖くらいで作ります(ざっくりです)。

砂糖は仕上げによって(きなこやはちみつ)入れたり入れなかったり…。

今まで卵液に浸して作っていた方は、ぜひ卵は別にして一度試してみてください!!

出典:あんふぁんWeb

まずオーツミルク×バニラエッセンス液に浸す

出典:あんふぁんWeb

焼く直前に卵にくぐらせる

出典:あんふぁんWeb

わが家はミックスナッツ入りきなこをかけて食べます◎

<あんふぁんメイト 武田夏希>

夫・長男4歳(年中)・長女2歳(保育園2歳児クラス)
男の子育児も!女の子育児も!そしてママ自身も楽しむmamalife に"いろどり"をプラス!ハンドメイドグッズ探し(買う専門)やカメラが趣味です ◎


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

「あんふぁんWeb」は、幼稚園児とママの情報誌「あんふぁん」(全国10エリア、約71万5000部発行)の公式サイトです。「心がふっと軽くなる!ママ発信の子育て共…

あんふぁんWebさんの他のアイデア

おすすめのアイデア

話題のキーワード