奥に深い階段下収納を使いやすくする方法!

  • 31116
  • 140
  • 4
  • いいね
  • クリップ

奥に深い階段下収納、使いづらいとご相談を受けることがよくあります。

季節外の家電や普段あまり使わないモノ等
色々なジャンルのモノが集まってきやすい場所。

奥行きがあるのでつい、奥へ奥へとモノを詰め込んでしまい
何を置いたのか分からなくなりがちな場所。

これでは一番手前のクーラーボックスを出さないと
奥のモノが取れませんね…。
一番奥にはもう何年も使っていないストーブや
古本、空き瓶などがありました。

片づけの基本「全部だし」をしてみるとこれだけのモノが…。

ポイントは「片側収納」

このように幅が狭く、奥に深い場所の鉄則!!
「片側収納にする」


奥行き30㎝の棚を使う事で
奥まで人が入れるようになっています。

また、突っ張り棒を利用すると掃除道具や
アイロンがけが必要なワイシャツをかけたりもできますね。

ちなみに、写真に写っている白いケースは
ニトリのインボックスです。
サイズも色々あり組み合わせて使えるのでとっても便利♪

センサー付き照明を使おう!

奥の方は照明が届かず暗くなってしまいがち、
そんな時は、張り付けて使用できるセンサー付き照明がオススメ!

IKEAやホームセンターで購入することが出来ます。

階段下収納を使いやすくするポイントは
①片側収納で人が奥まで入れるようにする
②収納ケースを使って、カテゴリー分けをする
③センサー付き照明や突っ張り棒など便利なアイテムを利用する

いかがでしたか?
ご参考にしてみてくださいね。

収納とインテリアで暮らしをもっと心地よく!
アンジェ・リュクスでご相談承ります

詳しくはホームページをご欄くださいませ。


  • 31116
  • 140
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

空間と思考の整理のプロ集団として、片づけのコンサルティングや作業サービス、インテリアコーディネートのご相談など承っております。片づけのプロの全国大会「片づけ大賞…

おすすめのアイデア

話題のキーワード